Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/07/24 05:12

平均時給

3,978.7

中央値時給

3,875.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.5

(79h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.5日(79h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

  • HOME
  • ブロックチェーン

ブロックチェーンで副業・フリーランス案件を探す

該当する案件は見つかりませんでした。

お探しの条件で案件が見つかりませんでした。他の条件を選択するか、最新の一覧から検索してください。

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

ブロックチェーンエンジニアの特徴

ブロックチェーンエンジニアとは、明確な定義はありませんが、分散型のデータベース技術を使用し、DAppを開発するエンジニアを指します。ビットコインの流行が1つのきっかけとなり、技術成長が拡大した分野となりました。データ管理権限が特定の機関に集中せず、ブロックという単位でデータを保存し、ユーザー同士で共有や管理をするのが特徴です。

不正取引や改ざんなどを防げる仕組みになっていることから、昨今は金融分野以外でも積極的に導入されている技術です。とりわけ大企業において、ブロックチェーンのビジネス化が進められていることからも、ブロックチェーンエンジニアの需要は今後も高まっていくことが考えられます。

ブロックチェーンエンジニアの案件・求人の業務内容

ブロックチェーンエンジニアは、依然として発展途上の分野です。サービスも新しいものが多いことから、積極的な研究・開発が進んでいます。

  • Bitcoinに関連するサービスの開発
  • Ethereumスマートコントラクト、バイナンススマートチェーン上のサービス開発
  • Hyperledgerを使用したサービスの開発
  • 新しいブロックチェーンの開発・研究

ブロックチェーンエンジニアの案件・求人で求められるスキル

ブロックチェーンエンジニアは、プログラミング言語に関する知識だけでなく、暗号理論などの専門的知識も必須スキルです。

  • ブロックチェーンに関する知識
  • プログラミング言語のスキル(JavaScript、C++、Go、Solidity)
  • 暗号理論に関する知識(ハッシュ関数、公開鍵暗号、電子署名、擬似乱数生成器)
  • ソフトウェア開発スキル(データ構造に関する知識や開発経験、分散型データベースに関する知識・開発経験など)
  • 対象のブロックチェーンエコシステムの理解が必要
  • ERC20, BEP2, BEP20などの対象のブロックチェーン規格の理解

ブロックチェーン案件・求人に役立つ資格・勉強方法

ブロックチェーン技能検定

ブロックチェーン技能検定は、ブロックチェーン推進協会(BCCC)によって実施されているものであり、暗号通貨を支えている技術「ブロックチェーン」の正しい理解と普及を目指したものです。

難易度は、ブロックチェーン大学校のエンジニア向けコース受講完了レベルであるため、資格習得を目指した学習には講座の受講が推奨されています。

概要

  • 試験範囲:ブロックチェーン大学校エンジニア向けブロンズコースの講義内容に準じており、ECDSA / データ書式 / Script / BIPS/P2Pの5カテゴリーからそれぞれ10問出題
  • 出題数:50問
  • 受験料:未公開
  • 試験時間:60分
  • 合格点:60%以上の正答

暗号通貨技能検定

暗号通貨技能検定は、日本クリプトコイン協会によって開催されており、暗号通貨の理解力向上と使用促進・決済導入の普及を目指したものです。難易度別に初級検定と上級検定に分かれています。初級検定は、初級講座からの受講が用意されており、基本的な暗号通貨の知識に関する出題です。

暗号通過初心者にも適した難易度になっているため、これから学習を始めるもしくは検討している人にもおすすめです。上級検定は、初級検定に80点以上の合格者のみが受験できるという条件が設けられており、暗号解読法に関する高度な技術を身につけることができます。

協会が提示している条件を満たすと「公認アドバイザー」として協会が運営しているサービスに従事することができるというメリットがあります。

概要

  • レベル:初級検定 / 上級検定
  • 試験時間:初級検定 25分 / 上級検定
  • 費用:初級検定 35,000円 / 上級検定 80,000円
  • 受験条件:16歳以上 / 上級検定においては初級検定に80点以上の合格者のみ

ブロックチェーン案件・求人の市場・将来性

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれる新しいデータベースです。ビットコインを始めとする仮想通貨で活用されていますが、近年では金融とテクノロジーを掛け合わせたフィンテックのみならず、あらゆる産業での応用、ビジネス活用が進んでいます。

過去5年間の検索数の推移を見てみると、一時急激に情報したあと下降し、その後はほぼ横ばいであることがわかります。

出典:GoogleTrends

ブロックチェーン案件・求人の将来性についてのポジティブな意見としては、その信頼性や改ざんへの耐性、システム運用コストの安さといった特長からなどから、「第二のインターネット」とも呼ばれており、将来性を期待されていることが挙げられます。

既存技術では解決できなかった課題を乗り越える新しい手段としても広く注目を集めている技術です。

閉じる

まずは簡単60秒で登録する