Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/10/24 01:34

平均時給

4,350.6

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(69h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(69h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

React Nativeで副業・フリーランス案件を探す

  • 【リモート/自社サービス】上流から一気通貫で携わりたいデザイナーを募集

    株式会社トドケール

    • リモートOK
  • 【Kotlin】Webメディア・アプリ「Strainer」の Android開発

    株式会社ストレイナー

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      40時間 ~ 160時間(週10 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 4,000円〜6,000円

    • 技術スタック

      Kotlin

    • リモートOK
  • 【React Native、React】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      React Native, React, Ruby on Rails, Ruby

    • フロントエンド
  • 【React Native、React】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      React, React Native, Ruby, Ruby on Rails

    • フロントエンド
  • 【Ruby】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, GCP, PostgreSQL, React Native, React

  • 【Ruby】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, React, React Native, PostgreSQL, GCP

  • 【Ruby】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, GCP, PostgreSQL, React Native, React

  • 【Ruby】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, React, React Native, PostgreSQL, GCP

  • 【Ruby】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, GCP, PostgreSQL, React Native, React

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

React Native案件・求人の稼働時間

Offersでの稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているReact Nativeの業務委託案件の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 最大稼働時間:180時間
  • 稼働時間の下限の平均:96時間
  • 最小稼働時間:10時間

他言語と比べると、案件数は少なめな傾向です。また、案件の稼働時間については比較的長いの案件が多いです。

React Nativeの在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • ソフトウェアエンジニアフルスタックエンジニア案件・求人
    • プロダクト:注文管理プラットフォーム開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 稼働時間/月:96時間以上
    • 技術スタック:React Native,Go
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。
  • フロントエンドエンジニア案件・求人
    • プロダクト:B向け自社サービス開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。

月の稼働時間としては、下限の平均値が52時間程度になっています。

React Native案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているReact Native案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の30%、週末稼働がOKな案件は全体の30%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数はやや多めな傾向にあり、週末稼働が可能な案件数はやや多めな傾向にあります。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は40%あり、全体平均(58%)と比べると少なめな傾向があります。

React Nativeの週1・週2・週3稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中の週1案件は全体の13%、週2以下の案件は全体の12%、週3以下の案件は全体の13%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については少なめな傾向にあることがわかります。

React Nativeの週1案件の例

OffersのReact Nativeの週1案件には次のような案件があります。

  • フロントエンドエンジニア案件・求人
    • プロダクト:プリペイドカードサービス開発
    • 稼働時間/月:10
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:Ansible,Firebase,Python,NGINX,AWS,HTML,JavaScript,Vue.js,Ruby on Rails,React Native,Terraform,BigQuery,PostgreSQL,GCP,React,CSS,Redux,Scala,Go
    • 備考:

React Nativeの特徴

React Nativeは、Facebookが作ったクロスプラットフォーム用の開発環境です。UIを構築するためのJavaScriptライブラリであるReactで書き、iOS、Androidの両方のプラットフォームにアプリを提供できるよう設計されています。

公式HP:React Native

React Nativeのメリット

React Nativeにはいくつものメリットがあります。

  • クロスプラットフォームで開発できる
  • JavaScriptベースであり、フロントエンド側でできたフレームワークなどを使い回せるため、開発効率が良い
  • ホットリロード機能により、瞬時にJavaScriptコードを反映することができ、UIの構築などが容易にできる
  • Reactが使われているため、JavaScriptに慣れ親しんでいるWebエンジニアがアプリ開発にも関われるようになる
  • WebエンジニアにとってはFlutterよりも移行しやすい
  • Webエンジニアがデスクトップアプリなどを作る場面にも適している(※ 別途ライブラリを使用する必要あり)

React Nativeのデメリット

React Nativeにもいくつかのデメリット・リスクがあります。

  • 比較的新しいライブラリなので、不具合を引く可能性がある
  • アップデートの影響が大きく、エラー解決に時間かかる
  • プラットフォームごとの特別な対応が必要なアプリ(カメラを使用するアプリ、ゲーム系アプリなど)で不具合が発生する場合、Web上に情報が無く解決に苦戦しやすい
  • パフォーマンスを求められるときに解決策が少ない
  • たくさんのコンポーネントが用意されているが、細かい挙動が求められるような場合はコンポーネントを自作しなければならず、Swift(iOS), Java/Kotlin(Android)の知識が必要になる
  • 日本語の記事が少なく、学習は英語のドキュメントを読む必要がある

閉じる

まずは簡単60秒で登録する