Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/06/19 11:52

平均時給

4,108.2

中央値時給

3,675.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.6

(82h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.6日(82h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Haskellで副業・フリーランス案件を探す

該当する案件は見つかりませんでした。

お探しの条件で案件が見つかりませんでした。他の条件を選択するか、最新の一覧から検索してください。

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Haskellの特徴

Haskellは、オープンソースで開発されている、純粋関数型プログラミング言語です。

1990年でのHaskell 1.0の発表以降、Haskell 98を経て、Haskell 2010などのバージョンアップを経て現在も開発中です。なお、Haskellのフレームワークとしては、YesodやTonatonaがあります。

日本では、多くのシェアを占めているわけではありませんが、強い制約を持っているHaskellは広告配信基盤サービスや金融系のサービスに使われることが多いです。他にもHR系のSaas企業などがあります。

公式HP:Haskell

Haskellのメリット

開発スピードが速い

Haskellは正しい書き方を強制的に実現するため、Haskellに習熟したエンジニアをチームに組むことで早くプロダクトを開発することができます。また、充実した関数やライブラリを適切に組み合わせることで短時間での開発を実現します。

Haskellのデメリット

学習コストが高い

純粋関数型のため、他のメジャーなプログラミング言語とは異なる仕様も多いため、習熟するまでに時間がかかります。また、日本での利用者数は他言語と比べると多くないため、日本語のドキュメントや知見が少ないことも、学習難易度を上げる一因になっています。

利用者数が多くないため、エンジニアにとっては案件数が少なく、開発を進める側にとっても採用すべきエンジニアの母集団が少なくなっています。

とはいえ、日本Haskellユーザーグループ(愛称: Haskell-jp)の主催で、週に一度のペースでオンラインもくもく会が開かれるなど、ユーザーコミュニティは継続的に活動を続けています。

出典:Haskell-jp - connpass

閉じる

まずは簡単60秒で登録する