Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/08/03 16:57

平均時給

3,987.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.4

(76h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.4日(76h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Rustで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Ruby】の求人・案件

    株式会社Catallaxy

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~(週15時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Ruby, TypeScript, Rust, React

    • リモートOK
  • 【フロントエンドエンジニア】経営管理クラウドシステム開発の求人・案件

    企業名非公開

    • フロントエンド

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Rustの特徴

Rustは「安全性、速度、並行性」の3つに焦点を合わせた開発が進められているプログラミング言語です。

公式HP:Rust

2006年の開発初期はグレイドン・ホアレの個人プロジェクトでしたが、2009年にMoFoが開発に関わり始めてから、Mozilla Researchの公式プロジェクトになっています。2015年に1.0版がリリースされるまで破壊的な仕様変更を繰り返しましたが、1.0版以降は後方互換を保って6週間間隔で定期的に新しいバージョンがリリースされています。

まだまだ国内での導入件数は多くはないですが、ブラウザのFirefoxに採用されていることや、Linuxの次期Kernelでも採用が予定されているなど、有名サービスの開発事例も出てきており、今後のトレンドの言語として挙げられることもあります。

GoogleTrendsを見てみると、2020年以降特に検索数が増えており、注目度が高まっていることが伺えます。

出典:GoogleTrends

Rust案件・求人の平均単価・稼働時間

Offersでの単価・稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているRust

業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 上限稼働時間の平均:時間
  • 下限稼働時間の平均:60時間
  • 最小稼働時間:60時間

他言語と比べると、案件数は少なめです。また、案件の稼働時間については上限の稼働時間は短めであり、稼働時間の下限は短めとなっています。

Rustの在宅案件・求人

OffersのRustの在宅案件には次のようなものがあります。

  • フルスタックエンジニア案件・求人
    • プロダクト:B向け自社サービス開発
    • 稼働時間/月:60時間以上
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Next.js,PostgreSQL,Rust,TypeScript,Ruby,React,AWS,Clojure,Ruby on Rails
    • 備考:

Rust案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているRust案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の0%、週末稼働がOKな案件は全体の0%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数はやや少なめであり、週末稼働が可能な案件数はやや少なめです。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は67%あり、全体平均(58%)と比べると多めの傾向があります。

Rustの週1・週2・週3の稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中のRustの週1案件は全体の0%、週2の案件は全体の80%、週3の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件についてはやや少なめの傾向にあることがわかります。

Rustのメリット

Rustにはいくつものメリットがあります。

安全なメモリ管理が可能

RustではC++が不得手としていたメモリ管理の機能を言語仕様の段階で解決されています。

高速に動作するアプリケーション開発が可能

RustはC言語と互換性が高く、C言語のようにスレッドやOSの機能を直接細かいところまで操作可能です。開発するアプリケーションにおいて最適な調整をすることで、より高速なアプリケーションを作り上げることができます。

マルチスレッドを安全に実行可能

マルチスレッドでの処理は値の競合などが発生しやすく難しい処理です。Rustは値の処理に厳密な制約を課すことで、実行時にエラーが出にくいようにしています。

Rustのデメリット

Rustは高い機能性の反面、言語の仕様の複雑さや日本でまだ普及していないことが弱みとして挙げられます。

学習コストが高い

言語仕様が複雑な分、理解するのに時間がかかります。

日本の利用人口が多くない

日本で利用人口が多くないため、検索しても日本語の情報などは多くありません。また、Rustの案件自体も他言語と比べると多くはないのが現状です。

閉じる

まずは簡単60秒で登録する