Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/10/27 00:38

平均時給

4,330.3

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(68h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(68h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

AfterEffectsで副業・フリーランス案件を探す

該当する案件は見つかりませんでした。

お探しの条件で案件が見つかりませんでした。他の条件を選択するか、最新の一覧から検索してください。

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

After Effectsの特徴

After Effectsは、Adobeが提供するモーショングラフィックスとVFX(ビジュアル・エフェクツ)を制作できるデザインツールです。

映像の加工・編集は、Premiere Proなどの他の動画編集ソフトでも可能ですが、After EffectsはJavaScriptを使用できるなどより細かい動きを表現するときに向くツールです。特に特殊効果などを付加する場合に選ばれます。

様々な映像表現を高品質な形で求められる映画、CM、テレビ番組、ゲーム、アニメなど、プロフェッショナルの映像制作現場で、After Effectsは幅広く使用されています。

公式HP:After Effects

After Effectsのメリット

After Effectsの優れている点は、特殊効果を付加できたり、JavaScriptを書けたりするなど、多機能な点です。

  • JavaScriptを使用できる
  • イラスト等に動きを加えるモーショングラフィックスや、映像に炎や雷などの効果を加えるビジュアルエフェクトの作成、動画編集後のエフェクト処理など、細かい表現・エフェクトを付けられる

After Effectsのデメリット

After Effectsのデメリットは、メリットの多機能である点の裏返しであり、学習コストの高さと、ツールの重さが挙げられます。

  • できることが多い分、使いこなせるようになるまで時間がかかる。他の動画作成ソフトに比べると学習コストが高くなりがちです。
  • 細かいことができる分、動画自体が重くなりがちで、プレビューが遅くなるなど、PCスペックに左右されやすい傾向があります。
  • 上記に関連して、After Effectsは動画を再生してプレビューする際に、タイムラインの動画を演算処理しながら再生するので時間がかかるため、動画編集には向いていません。

AfterEffectsを使用したお仕事のの平均年収

AfterEffectsを使用したお仕事の平均年収を見ていきましょう。

AfterEffectsを使用したお仕事の平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、AfterEffectsを使用したお仕事の平均年収は以下の通りです。

▼動画編集のお仕事

平均年収は432万円で、月給換算すると36万円、初任給の相場は24万円です。

  • 雇用形態別の平均年収
  •  正社員:平均年収432万円
  •  派遣社員:平均時給1,699円
  •  アルバイト・パート:平均時給1,010円

求人件数は年々増えており、今後も需要のある職業であると言えます。

出典:動画編集の仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

▼デザイナーのお仕事

平均年収は424万円で、月給換算すると35万円、初任給の相場は21万円です。

  • 雇用形態別の平均年収
  •  正社員:平均年収424万円
  •  派遣社員:平均時給1,750円
  •  アルバイト・パート:平均時給993円

人によって報酬に比較的差が開いており、経験やスキルによって給与に大きな差が出るようです。

出典:グラフィックデザイナーのお仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

▼イラストレーターのお仕事

平均年収は363万円で、月給換算すると30万円、初任給の相場は21万円です。

  • 雇用形態別の平均年収
  •  正社員:平均年収363万円
  •  派遣社員:平均時給1,594円
  •  アルバイト・パート:平均時給977円

技術やスキルの差によって給与に大きな差が出るようです。

出典:イラストレーターの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

AfterEffects案件・求人の市場・将来性

AfterEffectsは様々な用途で活躍できる編集ソフトです。

映像編集やグラフィックデザイナー、イラストレーターとして、幅広い職種で活用する事ができます。

特に動画編集のお仕事は求人数が年々増加傾向にあり、需要のある職業です。

また、過去5年間の検索数の推移では、AfterEffectsを使用する職種である「映像編集」や「モーショングラフィックス」が上り調子である事がわかります。

出典:GoogleTrends

グラフィックデザイナーも常に一定の求人数を保っており、廃れない職と言えるでしょう。

これまでテレビや雑誌などの媒体で活躍していたAfterEffects。

これからはWeb広告やYouTubeなどの動画コンテンツ作成などにシフトして、お仕事の幅が広がっていきます。

そのため、WEB関連の知識が豊富であればあるほど必要とされやすく、需要が高まるでしょう。

フリーランスや副業としての求人数も多く、雇用形態も柔軟に選ぶ事ができるでしょう。

出典:グラフィックデザイナーの将来性は?|digital hollywood

AffterEffectsを用いたお仕事の案件・求人に役立つ資格・勉強方法

アドビ認定エキスパート

アドビ認定エキスパートは試験マシーンにインストールされている実際のAdobe製品

を使用して、専門的な知識と技能を問われる試験です。

こちらの資格を所持する事によって、多岐にわたる職で必要とされるAdobe製品を扱える能力がある事を証明します。

【概要】

  • 費用:18,900円(但し、製品バージョンアップによる際認定試験は6,000円)
  • 出題数:60〜90問(選択式)
  • 所要時間:1〜2時間

▼アドビ認定エキスパート(ACE)の試験対象となる製品は以下の通りです。

  • Adobe Acrobat
  • Adobe After Effects
  • Adobe GoLive
  • Adobe Illustrator
  • Adobe InDesign
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Premiere
  • Adobe LiveCycle

その他。

公式HP:アドビ認定プロフェッショナル

ビデオスペシャリスト

また、アドビ認定エキスパートの他にもビデオスペシャリストという認定があります。

【概要】

▼ビデオスペシャリストを受験する為に必要資格

  • Adobe Photoshopを合格
  • Adobe Premiereを合格
  • Adobe After Effectsを合格

出典:アドビ認定エキスパート|資格総合情報局

AfterEffectsに関する資格を取得するには、AfterEffects以外の試験科目であるAdobe製品の知識を得る必要があります。

AfterEffects講座のある学校に通学したり、オンラインスクールを受講して自宅から学ぶ事もできます。

クリエイティブな作品制作に多く使用されるツールであるため、YouTubeなどの動画投稿サイトに使用方法を説明した解説動画を投稿しているYouTuberもいるため、独学で学ぶ事もできます。

閉じる

まずは簡単60秒で登録する