Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/09/23 05:25

平均時給

4,366.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(71h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(71h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Oracleで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Java、AWS】不正検知サービス開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      30時間 ~ 80時間(週7 ~ 20時間)

    • 給与・報酬

      時給 4,000円〜

    • 技術スタック

      Java, AWS, SQL, MySQL, Oracle, Python, Ruby, JavaScript, Vue.js, Node.js

    • リモートOK
    • サーバーサイド
  • 【フロントエンドエンジニア】経営管理クラウドシステム開発の求人・案件

    企業名非公開

    • フロントエンド

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Oracleとは

Oracleとは、アメリカのOracle社が提供する世界初の商用データベース「Oracle Database」の通称です。

1979年のリリースから現在に至るまで20回以上のバージョンアップを重ねており、現在では、プラットフォームとしてはメインフレームからパーソナルコンピュータまで、OSではWindows・Mac・Linuxなどの幅広い動作環境をサポートすることで、幅広いニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能です。

RDBには、Oracleの他にもMySQL、Microsoft SQLServer、PostgreSQLなどがありますが、Oracleはそれらを抑えて世界1位のシェアを誇っています。

出典:DB-Engines Ranking

Oracle案件・求人の平均単価・稼働時間

Offersでの単価・稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているOracle案件の単価については下記のようになっています。

  • 最高時給:0円
  • 時給上限の平均:円
  • 時給下限の平均:4000円
  • 最低時給:4000円

案件の報酬金額については、Offersの他案件と比べると時給上限がであり、時給の下限は高めとなっています。

業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 上限稼働時間の平均:80時間
  • 下限稼働時間の平均:30時間
  • 最小稼働時間:30時間

他言語と比べると、案件数は少なめです。また、案件の稼働時間については上限の稼働時間は短めであり、稼働時間の下限は短めとなっています。

Oracle案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているOracle案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の50%、週末稼働がOKな案件は全体の50%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は多めであり、週末稼働が可能な案件数は多めです。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は50%あり、全体平均(58%)と比べると平均程度の傾向があります。

Oracleの週1・週2・週3の稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中のOracleの週1案件は全体の50%、週2の案件は全体の0%、週3の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については多めの傾向にあることがわかります。

Oracleのメリット

幅広い選択肢

OracleはOracleのクラウドだけでなく、他社のクラウドでも使用可能で、Linux、Windows、UNIXなどほとんどのOSにも対応しています。C、C++、Java、.NET、COBOL、Node.js、Python、PHP、R、Rubyなど、多くの主要言語でのアクセスが可能であり、データ形式もJSON, XML, テキスト、バイナリ、Hadoopなどほぼ全ての形式に対応しています。どの環境でも同じ様にアクセスできるため、システムの安定性と拡張性に貢献しています。

機械学習やビッグデータ分析にも対応可能

Oracleのデータベースには、統計解析のためのR言語や、パターンマッチング、機械学習のような高度なアナリティクスの機能があらかじめ内包されています。分析環境に使い慣れたSQLでアクセスすることができます。

Oracleのデメリット

Oracleは他のDBサービスに機能面で劣っているところはあまりありませんが、コストを鑑みた時に、「脱Oracle」と呼ばれる他のデータベースに移行する事例も出てきています。

出典:Amazonが100以上の消費者サービスのデータベースをOracleからAWSに移行

Oracleの平均年収

Oracleエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

Oracleエンジニアの平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、データベースエンジニアの平均年収は約560万円で、平均時給は2,504円です。

月給換算すると47万円程度となり、初任給の相場は22万円程度です。

全体の給与幅を見ると、368〜973万円と差が広くあいている為、職場や経験・スキルによって年収にも大きく変化があると言えます。

出典:データベースエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

世代別の平均年収

Oracleエンジニアの年収は世代によっても大きく変わってきます。

以下の情報は、データベースエンジニアに関する2021年の年代別の年収調査の結果です。

  • 20〜24歳:339万円/月収25.4万円/ボーナス35.1万円
  • 25〜29歳:445万円/月収30.6万円/ボーナス77.2万円
  • 30〜34歳:533万円/月収35.8万円/ボーナス103.0万円
  • 35〜39歳:573万円/月収38.7万円/ボーナス108.0万円
  • 40〜44歳:621万円/月収42.1万円/ボーナス115.3万円
  • 45〜49歳:651万円/月収43.4万円/ボーナス130.3万円
  • 50〜54歳:666万円/月収44.5万円/ボーナス131.5万円
  • 55〜59歳:652万円/月収44.4万円/ボーナス119.4万円

出典:データベースエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

Oracle案件・求人の市場・将来性

Oracle(Oracle Database)とは、オラクル社が開発したリレーショナル・データベース管理システムの名称です。

出典:Oracle Direct Seminar|ORACLE DATABASE11g

近年、クラウド化によってデータベースも影響を受けています。

業界の変化によってデータベースの需要が更に高まっている中で、Oracleもクラウドと連携しながら利用していく戦略を進めています。

Oracle Cloudの提供を始めたOracleですが、その他Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのクラウドとの連携も行なっています。

また、過去5年間の検索数の推移では、一定水準を保っていることがわかります。

出典:GoogleTrends

クラウド化によって非常に需要のある業界ですが、オラクルは自社データベースのみならず、他社データベースとの連携も深めているため中でも需要が高く、将来性が高いと言えます。

Oracle案件・求人に役立つ資格・勉強方法

ORACLE MASTER(オラクルマスター)

ORACLE MASTER(オラクルマスター)とは、Oracle Databaseシリーズを扱う技術力を証明する資格です。

【概要】

ORACLE MASTER Bronze(オラクルマスター ブロンズ)

データベース管理者としての管理業務上最低限必要な知識を保有している事を証明する資格です。

未経験でも受験は可能ですが、未経験者にはかなり難しい内容になっています。

  • 出題形式:CBT方式(マウス選択問題)
  • 履歴書の記載:ORACLE MASTER Bronze 12c

対象となる試験は以下の3つです。

▼Bronze SQL基礎I

  • 試験時間:90分
  • 出題数:40問
  • 合格ライン:70%

▼12c SQL基礎

  • 試験時間:120分
  • 出題数:75問
  • 合格ライン:65%

▼Bronze DBA12g

  • 試験時間:120分
  • 出題数:70問
  • 合格ライン:77%

公式HP:Oracle Administration Certification Paths

ORACLE MASTER Silver(オラクルマスター シルバー)

バックアップやリカバリなどの大規模データベース管理者として必要な知識を保有している方を対象とした試験です。

  • 出題形式:CBT方式(マウス選択問題)
  • 履歴書の表記:ORACLE MASTER Silver 12c
  • 試験時間:150分
  • 出題数:95問
  • 合格ライン:67%
  • 前提条件:ORACLE MASTER Bronzeを取得している事

公式HP:Oracle Certification Paths

ORACLE MASTER Gold(オラクルマスター ゴールド)

包括的にデータベースの技術要素を理解し、状況に応じた適切な対応ができる方を対象にした試験です。

構築、リカバリ、チューニングの知識が問われます。

  • 出題形式:CBT方式(マウス選択問題)
  • 履歴書の表記:ORACLE MASTER Gold 12c
  • 試験時間:120分
  • 出題数:80問
  • 合格ライン:60%
  • 前提条件:ORACLE MASTER Silverを取得している事/オラクル認定コースを1つ以上受講している事

公式HP:Oracle Certification Paths

閉じる

まずは簡単60秒で登録する