Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/08/01 18:48

平均時給

3,987.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.4

(77h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.4日(77h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

データ分析で副業・フリーランス案件を探す

  • 【データ分析】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      データ分析, 統計学, 機械学習, Python

  • 【データ分析、SQL】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      データ分析, SQL, Python

  • 【データ分析、SQL】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      SQL, データ分析, Python

  • 【QAエンジニア】シェアサイクル開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      32時間 ~ 64時間(週8 ~ 16時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      IoT, データ分析

    • リモートOK

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

データ分析とは

データ分析はデータを元に事業に貢献する人を指しますが、具体的な業務は多岐に渡ります。

現在、ビッグデータを専門的に扱える人材が少ないだけでなく、医療機関やメーカー、不動産業界などでもビックデータの活用が積極的に進んでいるため、データサイエンティストの需要は上昇傾向にあります。

DWH(データウェアハウス)の設計構築、ビックデータの知識、統計学、データプログラミングなどの専門的な知識に併せて、ビジネススキルも求められるポジションです。

データ分析案件・求人の平均単価・稼働時間

Offersでの単価・稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているデータ分析案件の単価については下記のようになっています。

  • 最高時給:7000円
  • 時給上限の平均:7000円
  • 時給下限の平均:3500円
  • 最低時給:3500円

案件の報酬金額については、Offersの他案件と比べると時給上限が高めであり、時給の下限はやや高めとなっています。

業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 上限稼働時間の平均:122時間
  • 下限稼働時間の平均:96時間
  • 最小稼働時間:32時間

他言語と比べると、案件数は少なめです。また、案件の稼働時間については上限の稼働時間は短めであり、稼働時間の下限は長めとなっています。

データ分析の在宅案件・求人

Offersのデータ分析の在宅案件には次のようなものがあります。

  • QAエンジニア案件・求人
    • プロダクト:シェアサイクル開発
    • 稼働時間/月:32時間以上
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:UX,Firebase,Go,Kotlin,iOS,BigQuery,UI,IoT,GCP,Android,Swift
    • 備考:平日夜稼働OK。土日稼働OK。

データ分析案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているデータ分析案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の100%、週末稼働がOKな案件は全体の100%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は多めであり、週末稼働が可能な案件数は多めです。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は50%あり、全体平均(58%)と比べると平均程度の傾向があります。

データ分析の週1・週2・週3の稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中のデータ分析の週1案件は全体の50%、週2の案件は全体の0%、週3の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については多めの傾向にあることがわかります。

データ分析の案件・求人の業務内容

データ分析は、金融機関、メーカー、不動産業界など、多くの分野で活用が広がっているため、案件数も少なくありません。

具体的な業務としては、実際に分析に特化した専門家が、SQL、R、Apache Hive、HBaseなどを用いて、レポート、プロダクトの開発や自社サービスの改善などのためにデータ分析を行います。また、分析基盤環境を用いてレポーティングを行い、事業の課題解決やサービス改善を目指します。

案件としては、自社サービスの詳細として、あるいは業務改善のプロセスとして分析者を探していることがあります。中でも副業では、これからデータ分析を始めるケース、データを集積しているが、まだ活かせていないケース、充分なデータ集積があり、スポットでの分析を依頼するケースの3パターンが主要な案件です。

データ分析の案件・求人で求められるスキル

データ分析では次のようなスキルが求められます。

  • DWH(データウェアハウス)についての知識
  • 数学・統計についての基礎知識
  • 分析に使用する言語(PythonやRなど)についての習熟
  • データ構造についての理解
  • データプログラミング
  • ビッグデータを扱う際に必要になる、Hadoop、HBase、Hive、pigなどのオープンソース群の知識
  • BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの設計・構築経験
  • データ処理の実務経験

閉じる

まずは簡単60秒で登録する