Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/09/23 17:25

平均時給

4,366.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(71h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(71h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Kubernetesで副業・フリーランス案件を探す

  • 【クラウド(インフラ)】Web広告運用の新たなスタンダードを目指す自社プロダクト

    株式会社PIGNUS

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      相談の上決定する

    • 稼働時間

      40時間 ~ 100時間(週10 ~ 25時間)

    • 給与・報酬

      時給 2,000円〜5,000円

    • 技術スタック

      AWS, GCP, Docker, Kubernetes

    • リモートOK
  • 【急成長SaaS企業の基盤構築をお任せ!】インフラエンジニア(AWS)募集

    株式会社カンリー

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      40時間 ~ 160時間(週10 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 3,500円〜

    • 技術スタック

      GCP, AWS, Terraform, Ansible, Docker, Datadog, Kubernetes

    • リモートOK
  • 副業・リモートOK|TypeScriptによるSaaSのフロントエンドエンジニア

    HiCustomer株式会社

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      30時間 ~ 160時間(週7 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 3,000円〜10,000円

    • 技術スタック

      TypeScript, Figma, React, GCP, Kubernetes, GraphQL

    • リモートOK
    • フロントエンド
  • Kubernetesを用いた最先端サービスの開発/運用にチャレンジしませんか?

    株式会社Jij

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      相談の上決定する

    • 稼働時間

      160時間 ~ 160時間(週40 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      年収 480万〜

    • 技術スタック

      Python, Azure, AWS, Docker, Git, Kubernetes

    • リモートOK
    • サーバーサイド
  • 【SaaS開発】trocco®️副業ソフトウェアエンジニア【フルリモート可】

    株式会社primeNumber

    • リモートOK
    • サーバーサイド
  • 【SaaS開発】trocco®️副業SREエンジニア【フルリモート可】

    株式会社primeNumber

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      48時間 ~ 100時間(週12 ~ 25時間)

    • 給与・報酬

      時給 2,500円〜5,000円

    • 技術スタック

      AWS, Kubernetes, Docker

    • リモートOK
  • 【SQL】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      SQL, Kubernetes, Python, BigQuery

  • 【SQL】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      SQL, BigQuery, Python, Kubernetes

  • 【SQL】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      SQL, Kubernetes, Python

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Kubernetes案件・求人の稼働時間

Offersでの稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているKubernetes業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 最大稼働時間:177時間
  • 稼働時間の下限の平均:76時間
  • 最小稼働時間:30時間

他言語と比べると、案件数は平均程度な傾向です。また、案件の稼働時間については比較的長めの案件が多いです。

Kubernetes案件・求人の在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • ソフトウェアエンジニア案件・求人
    • プロダクト:ヒューリスティック最適化ライブラリ開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 稼働時間/月:30時間以上
    • 技術スタック:React,GraphQL,TypeScript,Rust,Kubernetes,Azure,Docker,Vue.js,gRPC,JavaScript,C++,AWS,Python
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。
  • フルスタックエンジニアソフトウェアエンジニア案件・求人
    • プロダクト:シフト管理サービス開発
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 稼働時間/月:160時間以上

月の稼働時間としては、下限の平均値が63時間程度になっています。

Kubernetes案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているKubernetes案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の8%、週末稼働がOKな案件は全体の8%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあり、週末稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあります。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は23%あり、全体平均(58%)と比べると少なめな傾向があります。

Kubernetesの週1・週2・週3稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中の週1案件は全体の8%、週2以下の案件は全体の67%、週3以下の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については少なめな傾向にあることがわかります。

Kubernetesの週1案件の例

OffersのKubernetesの週1案件には次のような案件があります。

  • ソフトウェアエンジニア案件・求人
    • プロダクト:ヒューリスティック最適化ライブラリ開発
    • 稼働時間/月:30
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:React,GraphQL,TypeScript,JavaScript,C++,AWS,Python,Docker,Vue.js,gRPC,Rust,Kubernetes,Azure
    • 備考:平日夜稼働OK。土日稼働OK。
  • インフラエンジニア・SREエンジニア案件・求人
    • プロダクト:C向けプラットフォームサービス開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:Node.js,AWS,Kubernetes,Ruby,Docker
    • 備考:Node.js,AWS,Kubernetes,Ruby,Docker
  • インフラエンジニア・SREエンジニア案件・求人
    • プロダクト:プリペイドカードサービス開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)時間以上
    • 技術スタック:Ansible,Firebase,Python,NGINX,AWS,HTML,JavaScript,Vue.js,Ruby on Rails,React Native,Terraform,BigQuery,PostgreSQL,GCP,React,CSS,Redux,Scala,Go
    • 備考:

Kubernetes案件・求人に役立つ資格・勉強方法

Kubernetes管理者認定(CKA)

Kubernetes管理者認定は、基本的なインストールを実行できるだけでなく、本番環境レベルのKubernetesクラスタを構成および管理する機能が扱えることを評価します。出題内容は、Kubernetesのネットワーキング、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーションのライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクトプリミティブ、エンドユーザーの基本的なユースケースなどです。試験の準備には、オンラインで提供されているトレーニングを受講することが推奨されています。

概要

  • レベル:LinuCレベル2Version10.0
  • 受験形式:オンライン
  • 試験時間:120分
  • 費用:36,300円
  • ソフトウエアバージョン:Kubernetes V1.19
  • 公式サイト:Kubernetes管理者認定(CKA)

Kubernetesアプリケーション開発者認定(CKAD)

Kubernetesアプリケーション開発者認定は、Kubernetes用のクラウドネイティブ アプリケーションを設計、構築、公開できる技術力を評価するものです。出題内容は、アプリケーションリソースを定義し、コアプリミティブを使用して、Kubernetesのスケーラブルなアプリケーションやツールを構築、監視、トラブルシューティングなどです。試験の準備には、オンラインで提供されているトレーニングを受講することが推奨されています。

概要

  • レベル:LinuCレベル1Version10.0
  • 受験形式:オンライン
  • 試験時間:120分
  • 費用:36,300円
  • ソフトウエアバージョン:Kubernetes V1.19
  • 公式サイト:Kubernetesアプリケーション開発者認定(CKAD)

Kubernetesの市場・将来性

Kubernetesはコンテナ化されたアプリケーションを合理的に運用するために設計されたオープンソースのプラットフォームです。

そのため、システム開発において多くの仮装環境を必要とする技術・手法と相性が良く、コンテナも活用される機会がどんどん拡大しています。

過去5年間の検索数の推移を見てみると、2020年頃まで急激に上昇したのち、2020年後半以降はやや落ち着いてきていることがわかります。

出典:GoogleTrends

Kubernetes案件・求人の将来性についてのポジティブな意見には、拡張機能によって適用範囲は広まり続けているというものや、Kubernetesユーザーは増え続けているため、これからも発展が期待できるというものがあります。

一方、悲観的な意見としては、Kubernetesを使うと継続的な学習やバージョンアップが必要となり、最低でも数ヶ月単位での手入れが必要なので、あまり保守を気にしないシステムの場合は向いていないという点が挙げられています。

Kubernetesの特徴

Kubernetesは、宣言的な構成管理と自動化を促進し、コンテナ化されたワークロードやサービスを管理するための、ポータブルで拡張性のあるオープンソースのプラットフォームです。

複数のコンテナ(アプリを実行させることだけに特化した箱(Docker))を効率的に管理、連携することができます。巨大で急速に成長しているエコシステムを備えているため、ツールやサービスなどを用途によって幅広く利用することができるプラットフォームです。

公式HP:Kubernetes

Kubernetesのメリット

Kubernetesは、拡張性の高さゆえのメリットがあります。

  • コンテナ間のバランスの管理が可能
  • コンテナ数の管理を自動化
  • 特定のコンテナの故障時に自動修理が可能
  • コンテナに必要なデータを外側から注入できる
  • 高集積化:コンテナ密度をより小さく効率的に収納できる
  • 部分的な機能リリースが楽に行える。マイクロサービスが動的に展開、管理ができる
  • 開発、テスト、プロダクション環境が管理、連携レベルで一貫性を保てる。開発サイクルを高速に回すことができる
  • 多機能
  • クラウドサービスに依存しないシステム開発が出来る(可搬性)
    • 移植性が高い
    • クラウドプラットフォーム(AWS EKS、GCP GKE、Azure AKS)、オンプレミスなど。オンプレでもk8s動かすだけで可能

Kubernetesのデメリット・リスク

Kubernetesは、継続的な活用をしていく上でいくつかのデメリット・リスクがあります。

  • 学習コストが非常に高い
    • 多機能すぎる上に、更新も早いので機能・スキルの追従が大変
  • アップデート頻度とメンテナンス期間
    • 1versionが9ヶ月間しかメンテナンスされず、またかなりのサイクルで更新されるので自前運用はハードルが高い
    • マネージドk8sを活用すると比較的楽(AWS EKS、GCP GKE、Azure AKS)

閉じる

まずは簡単60秒で登録する