Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/10/16 17:26

平均時給

4,343.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(70h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(70h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Flutterで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Flutter】フリマアプリ開発の求人・案件

    株式会社SODA

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~ 90時間(週10 ~ 22時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Flutter, Android, iOS

  • 【Kotlin】Webメディア・アプリ「Strainer」の Android開発

    株式会社ストレイナー

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      40時間 ~ 160時間(週10 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      時給 4,000円〜6,000円

    • 技術スタック

      Kotlin

    • リモートOK
  • 【Flutter】フリマアプリ開発の求人・案件

    株式会社SODA

    • 雇用形態

      正社員

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      160時間 ~ 180時間(週40 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      時給 4,000円〜

    • 技術スタック

      Flutter

    • リモートOK
  • 【Android】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      20時間 ~(週5時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Android, iOS, Flutter

    • リモートOK
  • 【iOS】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      20時間 ~(週5時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      iOS, Flutter, Android

    • リモートOK
  • 【Flutter】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      20時間 ~(週5時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Flutter, iOS, Android

    • リモートOK
  • 【Flutter】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      20時間 ~(週5時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Flutter, Android, iOS

    • リモートOK
  • 【フロントエンドエンジニア】ECサイト延長保証APIサービス開発の求人・案件

    企業名非公開

    • リモートOK
    • フロントエンド
  • 【モバイルエンジニア】鑑定・査定アプリ開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Flutter

    • リモートOK

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Flutter案件・求人の稼働時間

Offersでの稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているFlutterの業務委託案件の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 最大稼働時間:93時間
  • 稼働時間の下限の平均:41時間
  • 最小稼働時間:20時間

他言語と比べると、案件数は少なめな傾向です。また、案件の稼働時間については上限・下限ともに短めです。

Flutterの在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • モバイルエンジニア案件・求人
    • プロダクト:医療業界向けアプリ開発
    • 雇用形態:業務委託
    • 稼働時間/月:64時間以上
    • 技術スタック:Firebase,Java,Swift,iOS,Flutter,TypeScript,Git,Kotlin,React Native,Android
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。
  • モバイルエンジニア案件・求人
    • プロダクト:スニーカーフリマアプリ開発
    • 雇用形態:正社員
    • 稼働時間/月:160時間以上
    • 技術スタック:Flutter,Swift,MySQL,AWS,Go,Kotlin,Firebase,ECS,Vue.js

月の稼働時間としては、下限の平均値が58時間程度になっています。

Flutter案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているFlutter案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の27%、週末稼働がOKな案件は全体の27%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数はやや多めな傾向にあり、週末稼働が可能な案件数はやや多めな傾向にあります。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は53%あり、全体平均(58%)と比べると少なめな傾向があります。

Flutterの週1・週2・週3稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中の週1案件は全体の0%、週2以下の案件は全体の40%、週3以下の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については少なめな傾向にあることがわかります。

Flutterの週1案件の例

OffersのFlutterの週1案件には次のような案件があります。

  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:海外展開支援コンサルティング開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Swift,Flutter
    • 備考:平日夜稼働OK。土日稼働OK。
  • モバイルエンジニア案件・求人
    • プロダクト:フリマアプリ開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Kotlin,Firebase,ECS,Vue.js,Flutter,Swift,MySQL,AWS,Go
    • 備考:Kotlin,Firebase,ECS,Vue.js,Flutter,Swift,MySQL,AWS,Go
  • UIデザイナー案件・求人
    • プロダクト:ネイル情報サービス開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)時間以上
    • 技術スタック:React,Django,AWS,Python,Redis,Elasticsearch,TypeScript
    • 備考:

Flutter案件・求人の市場・将来性

Flutterは、アプリケーション開発の分野で市場を広げています。開発元であるGoogleのインフラサービス群の市場拡大が背景にあり、Google検索やYouTubeなど、それぞれのサービスとの相性の良さもFlutterの採用に繋がっています。

また、過去5年間の検索数の推移を見てみると、上り調子であることがわかります。

出典:GoogleTrends

今後もFlutterのユーザー増加に比例して、多くのデータやノウハウも蓄積されると予想されているため、これから学習を始めるエンジニアや初心者のエンジニアでも取り入れやすい環境が築かれることが期待できます。

Flutterの将来性についてのポジティブな意見にはマルチプラットフォームだということや生産性の高さがあります。

一方、ネガティブな意見としては日本語ドキュメントが少ないことや、iOS/AndroidそれぞれのOS固有の機能については個別に実装しなくてはいけないことが挙げられています。

Flutterの特徴

Flutterは、Googleによって開発されたネイティブアプリケーション用のフレームワーク及びその環境を指します。DartというJavaに似た言語を使用して開発するFlutterは、プラットフォームごとの開発が不要になり、一度の開発でiOS、Android、Webサービスのプラットフォームに対応したアプリケーション開発(クロスプラットフォーム開発)が可能です。

React Nativeと類似した特徴を持ちますが、アップデートが頻繁にあるReact NativeよりもFlutterの方が注目を集めており、Google Trendsによると2019年頃から検索数はFlutterの方が多くなっています。

公式HP:Flutter

Flutterのメリット

Flutterにはいくつものメリットがあります。代表的なものをご紹介します。

  • クロスプラットフォームでSDK、UIを考慮せず、1つのコードで実装できる
  • Googleが提供しているので、OSSに比べてUI周りのコンポーネントが充実・ドキュメントも充実
  • ステートフルホットリロードを使うことで開発中のアプリを数秒で更新でき、表示を確認しやすく開発速度が早い
  • Dart言語がJavaに似た仕様なのでAndroidエンジニアがコンバートしやすい

Flutterのデメリット・リスク

一方でFluitterにもいくつかのデメリット・リスクがあります。

  • Dartの細かい知識を習得する必要がある
  • ネイティブコードが必要な箇所が出てくる場合(グラフィック、カメラデバイスの場合はネイティブコードが必要)がある。そのため、要件によってはエンジニア採用が難航する可能性がある
  • フレームワークは移り変わりがあるため、何かしらの新しい枠組みが人気になった場合サポートが停止してしまうリスクがある

閉じる

まずは簡単60秒で登録する