Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/06/24 08:25

平均時給

4,102.7

中央値時給

3,750.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.5

(81h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.5日(81h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Azureで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Python、AWS、Kubernetes】ヒューリスティック最適化ライブラリ開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      30時間 ~(週7時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kubernetes, AWS, Azure, Python

    • リモートOK

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Azureとは

Azureは、Microsoftによって開発されたクラウドサービスです。

発売当初はWindowsとの互換性を強調したWindows Azureという名称でしたが、MacやLinuxなどといった多様なOS環境に対応するため、2014年にMicrosoft Azureに変更されています。

世界的に展開する主力製品の開発を通してMicrosoftが培ってきたテクノロジーが搭載された、このクラウドサービスは、既存システムとの連携、セキュリティ、課金体系、請求方法などといった領域で利用されています。今後も世界規模でシェア率が伸びていく見込みです。

主要なサービスとして、開発プログラマ向け機能、コンピューティング環境、ストレージなどのホスティングサービスや、ソフトウェアの修正プログラムの自動適用、ネットワーク負荷分散などが挙げられます。

公式HP:Azure

Azure案件・求人の平均単価・稼働時間

Offersでの単価・稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているAzure

業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 上限稼働時間の平均:時間
  • 下限稼働時間の平均:25時間
  • 最小稼働時間:20時間

他言語と比べると、案件数は少なめです。また、案件の稼働時間については上限の稼働時間は短めであり、稼働時間の下限は短めとなっています。

Azureの在宅案件・求人

OffersのAzureの在宅案件には次のようなものがあります。

  • CTO案件・求人
    • プロダクト:小売サービス開発
    • 稼働時間/月:20時間以上
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Laravel,GCP,CakePHP,Azure,AWS
    • 備考:平日夜稼働OK。土日稼働OK。

Azure案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているAzure案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の100%、週末稼働がOKな案件は全体の100%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は多めであり、週末稼働が可能な案件数は多めです。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は100%あり、全体平均(58%)と比べると多めの傾向があります。

Azureの週1・週2・週3の稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中のAzureの週1案件は全体の100%、週2の案件は全体の0%、週3の案件は全体の0%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については多めの傾向にあることがわかります。

Azureのメリット

強大なネットワーク

世界注にMicrosoftの主力サービス・製品を展開している実績もあり、Microsoftが所有しているAzureデータセンターの数は55か所、140か国にも上ります。世界でトップスリーの長さを持つバックボーンネットワークを保有しています。また、このバックボーンネットワークには、Microsoft 365アクセス時に利用可能です。

オンプレミスとの連携が可能

製品によっては、ネイティブでクラウドへのバックアップ機能が搭載されているため、追加設備なしにAzureへバックアップが可能です。また、Azureで提供されているファイル共有サービスを利用することで、インターネット上のどこからでもアクセスすることができます。

強力なセキュリティ

コンプライアンスやネットワークセキュリティの対策が整備されています。具体的な施策として、多層のセキュリティゲート、自動化による人為的作業の削減などが挙げられます。想定される危険性に対する施策の持続的アップデートがAzureでは行われています。

Azureのデメリット

Azureに他のクラウドサービスと比べた時の機能的なデメリットは殆どありません。 しかし、日本での利用実績に乏しいことや、AWSほどのコミュニティがなく、知見が探しづらいことが懸念点としてあります。

閉じる

まずは簡単60秒で登録する