Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/09/23 17:25

平均時給

4,366.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(71h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(71h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Unixで副業・フリーランス案件を探す

該当する案件は見つかりませんでした。

お探しの条件で案件が見つかりませんでした。他の条件を選択するか、最新の一覧から検索してください。

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Unixの特徴

Unixは、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチーらが開発を開始した、現代的なOSの始祖とも言える、オペレーティングシステムの一種です。

その独自性は大きく、シンプル・自由・オーブンという思想に分けることができます。

歴史は長いですが、現在も開発中であり、カーナビや携帯電話、企業内のシステムなど幅広く使われているOSです。

Unixのメリット

Unixには様々なメリットがあります。

  • 動作が軽い:Unixには余計な機能が少なく、操作もコマンドで行うため、処理速度が早いです。そのため、複数のプログラムやユーザーが同時に実行・操作を行いやすいです。
  • 低スペックのマシンでも動く:Unixは低スペックのマシンでも安定して動作させることができるため、導入のために高スペックなマシンを準備する必要がありません。
  • 自由度が高い:長い歴史を持つUnixには、ドキュメントや情報が多いため、カスタマイズが行いやすくシステムの構築の場面で大きな支持を得ています。
  • セキュリティ能力が高い:UnixはWindows系OSと比べてセキュリティホールが少なく、セキュリティ面の安全性が高いです。

Unixのデメリット

Windowsのように初心者でも操作しやすいGUIインターフェースではなく、キーボードでの文字入力をベースとしたCUI操作がメインであり、知識をもった技術者でないと操作しにくい点がデメリットとしてあげられます。そのため、技術者の確保も難しくなっております。またOSのライセンスは無償ですが、サポートについては有償での提供となります。

Unixの平均年収

システムエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

システムエンジニアの平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、システムエンジニアの平均年収は約506万円です。

月給平均は42万円となり、初任給の相場は21万円程度で、日本の平均年収では比較的高い値です。

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

世代別・雇用形態別の平均年収

システムエンジニアの年収は世代によっても大きく変わってきます。

以下の情報は、システムエンジニアに関する年代別の年収調査の結果です。

  • 20〜24歳:339万円
  • 25〜29歳:445万円
  • 30〜34歳:533万円
  • 35〜39歳:573万円
  • 40〜44歳:621万円
  • 45〜49歳:651万円
  • 50〜54歳:666万円
  • 55〜59歳:652万円

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

また、雇用形態による年収の分布は次の通りです。

  • フリーランス:630万円
  • 会社員:506万円
  • 副業(すきまワーカー):506〜630万円

出典:フリーランスSEの驚きの年収相場|エンジニア就活

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

Unixの市場・将来性

Unixは構成管理のソフトウェアツールです。

また、過去5年間の検索数の推移を見てみると、減少傾向にあることがわかります。

出典:GoogleTrends

Unixは元は学術分野で使用されており、現在では産業分野でも使用されるようになった構成管理ツールです。

現代的なOSの元祖で、ほとんどのOSはUnixを用いて発明された設定から作られています。

一方、悲観的な意見としては、仮想化技術が発展した事でAIサーバーに需要が流れているという現状があります。

これまで同様の分野ではなく、新たな分野を開拓できるかどうかがUnixの将来性を握る鍵になっているようです。

システムエンジニアの資格・勉強方法

基本情報技術者試験(FE)

基本情報技術者試験はIPAが運営するレベル2の試験で、IT人材としての基本的な知識と技能、実践的な活用能力を問われます。試験は午前と午後に分かれており、各150分。多肢選択式を解きます。

基本情報技術者試験ではC言語によるプログラミングの基礎問題も出題されます。そのため、システムエンジニアにとっての登竜門とも言える資格で、新たに入社したエンジニアに対して取得を推奨する企業も存在します。

【概要】

  • 対象者:高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者
  • 費用:7,500円(税込)

公式HP:IPA 情報処理推進機構

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験に次ぐレベル3の試験で、IT人材としての応用的な知識と技能を問われます。基本情報技術者試験では選択式の問題しか出題されませんが、この試験では午前の150分で四肢択一の選択式、午後の150分で記述式の試験を受けます。

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験に合格した後のステップアップとして受験する方もいれば、システムエンジニアとして1?2年程度の実務経験を積んだ後で受験する方も少なくありません。

【概要】

  • 対象者:高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者
  • 費用:7,500円(税込)

公式HP:IPA 情報処理推進機構

システムアーキテクト試験(AP)

以前は「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた国家資格です。アーキテクトとは設計を意味しており、「システムアーキテクト試験」は情報システムや組み込みシステムにおけるアーキテクチャーの設計をしたり、システム開発を主導したりするエンジニアを対象としています。

試験では情報システムと組み込みシステムに関する専門的な深い知識が求められます。平成26年度の合格率は15.0%と難易度の高い資格ですが、上級システムエンジニアを目指す方はチャレンジする価値があります。

【概要】

  • 対象者:高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて、情報システム又は組込みシステム・IoTを利用したシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、情報システムについては開発を主導する者
  • 費用:7,500円(税込)

公式HP:IPA 情報処理推進機構

閉じる

まずは簡単60秒で登録する