Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/04/12 13:44

平均時給

4,134.0

中央値時給

3,875.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

4.7

(117h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、4.7日(117h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Adobe Photoshopで副業・フリーランス案件を探す

  • 【HTML、CSS、Sketch】フリマアプリのデザインの求人・案件/株式会社SODA

    株式会社SODA

  • 【UI、UX、Adobe Photoshop】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      週15時間〜

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      UX, UI, Adobe Photoshop, Adobe Illustrator

  • 【HTML、CSS、Adobe Photoshop】ECサイトのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート可

    • 稼働時間

      週40〜45時間

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      CSS, HTML, Adobe Illustrator, Adobe Photoshop

    • リモートOK
  • 【Adobe Photoshop、Adobe Illustrator】情報サービスのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート可

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      Adobe Photoshop, Adobe Illustrator

    • リモートOK
  • 【UI、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator】音楽投稿プラットフォームのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート可

    • 稼働時間

      週15時間〜

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      Adobe Illustrator, Adobe Photoshop, UI

    • リモートOK
  • 【UI、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator】音楽投稿プラットフォームのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート可

    • 稼働時間

      週15時間〜

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      UI, Adobe Photoshop, Adobe Illustrator

    • リモートOK
  • 【Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe Xd】アプリケーションデザインプロダクトのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • リモートOK
  • 【Adobe Photoshop、Adobe Illustrator】ライフスタイルサポートのデザインの求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート可

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 時給

      相談して決める

    • 技術スタック

      Adobe Illustrator, Adobe Photoshop

    • リモートOK
  • 【UI、UX、Adobe Photoshop】新規金融サービスのデザインの求人・案件

    企業名非公開

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Adobe Photoshopの特徴

Adobe Photoshopは、画像の加工・合成やイラスト、グラフィックスなどの作成ができる画像編集ツールです。

ツールそのものは、プロ仕様の本格的な性能であるにも関わらず、操作がシンプルなことからプロ以外のユーザーからも支持が厚いという特徴があります。しばしばIllustratorと比較されることがありますが、イラストや図形に特化したのがIllustratorであるのに対し、Webサイトや写真素材のデザインが得意なのがAdobe Photoshopと言えるでしょう。

公式HP:Adobe Photoshop

Offersのユーザーから実際にAdobe Photoshopの特徴をアンケートで聞いてみましたので以下も参考にしてみてください。

  • シンプルに写真の加工から広告、アート作品、アニメーションなど作れるものが無限大で、10年間使っても全てを使いこなせないくらいどんどんバージョンアップされている。印刷データからWeb広告、サイトバナーなど全てPhotoshopで作成している。

    最近では無料や低価格で使えるデザインツールなどで溢れているが、使い勝手の良さはやはりAdobeには勝てないので、現在も使い続けている。年間契約ができるようになったこともあり、比較的始めやすくなったので、色んな人におすすめしたい。(30代 / デザイナー歴10年以上)

  • 主に画像の編集、加工の際に使用するソフト。Illustratorと共に使用することが多いが、画像を扱わない場合は使用頻度はそれほど高くない。

    機能としては画像の解像度や、余分な箇所の削除など部分的な修正処理はもちろん、Illustratorで作成したデータの加工も可能です。最近はIllustrator内でも使用できるようになっていますが、開いている画像データにフィルターをつけて、見え方を変えることも出来る。

    また、コマを複数用意してアニメーションの作成も可能。中には操作がIllustratorと共通している部分も少々あるが、画像データを扱うには必要不可欠なソフトかと思う。(20代 / デザイナー歴1年以上)

  • 主に広告バナーやWebデザインのラフデザインからカンプデータまで、全てをPhotoshopを使用して作成している。レイヤーで描画できるのが特徴で、デザインの各パーツを階層分けすることで、例えば複数のデザイナーがデザインに関わっても容易に追加や修正ができるし、実際に画像データとして切り出す際にも、パーツごとの利便性が大きくあると思う。

    また、デザインだけでなく、写真などの画像の加工も容易で、明るさや色、コントラストの調整もできるので、これらの加工ソフトとしても有用性が大きいソフトウェアだと思っている。(40代 / デザイナー歴10年以上)

  • Adobe Photoshopは写真の編集やWebサイトのバナーの制作に適したソフトで2Dデザインを制作する上でなくてはならないものである。写真の細かな編集はもちろん、合成写真や縁付きの華やかなテキストの作成も可能。Photoshopの最大の特徴はピクセルごとに情報を持たせられることである。また、加工技術にも長けており、写真を白黒にしたりセピアにしたりすることも容易にできる。合わせてIllustratorや細かい写真の色合い・明るさ等を調整するLightroomと併用して使われる事が多い。(30代 / デザイナー歴3年以上)

Adobe Photoshopのメリット

画像の加工や修正ができるAdobe Photoshopにはいくつもの優れた点があります。

よく挙げられるのは、汎用性の高さ、利便性です。

汎用性が高い

ホームページ作成からイラスト、UI作りまで幅広く対応できます。

管理機能が充実している

レイヤー階層などに用途名を付加できるため、誰が見てもわかりやすく、レイヤーカンプ機能によって、修正のバージョン管理も容易です。

細部にまでこだわった画像の加工ができる

ピクセル単位で明度・彩度・色相を調節することが可能で、幅広い種類の加工を実現できます。それぞれの加工は数値を入力することで変えられるため、細部までこだわったデザインが可能です。

Webデザインにも向いている

Photoshopはピクセル表示が基本のラスターデータとなるため、Webブラウザと相性が良く、jpgやpngへの書き出しも容易なため、Webデザインにも向いています。

スライスをレイヤー構造で重ねることができ、重なったスライスから必要な部分をアクティブにしてWeb用画像として書き出せます。

互換性が高い

Photoshopで使われるデータ形式のPSDは、上位互換性と下位互換性が高く、複数のメンバーで作業する際にバージョンが異なっていたとしても問題が起こりにくい特長があります。また、共同作業者のPCフォント環境が違っていても、強制的なフォント変換が行われないため、見た目のスタイルを保持しながら作業が進められます。

Adobe Photoshopのデメリット

ただ、Adobe Photoshopにもいくつかの不得意なことやデメリットがあります。

よく挙げられるのは、スキルの習熟が必要なことや扱いにくさなどが挙げられます。

習熟に時間がかかる

Adobe Photoshopの機能は多岐にわたり、細かい画像加工ができる反面、様々な機能を把握し、使いこなせるようになるまでに習熟するための時間とコストは大きくなりやすい。

コストがかかる

永久ライセンスではないため、Adobe Photoshopを使い続けるためには継続して費用が発生する。

拡大縮小に弱い

ラスター画像のデメリットとして拡大縮小によってボヤけた画像になってしまうことがあげられる。そのため、画像が完成してから、高解像度PCやRetinaディスプレイに対応する高解像度Webページを求められた場合には、改めて拡大したサイズの画像を作り直す必要がある。

Adobe Photoshopでできること/案件内容

Adobe Photoshopは多くのWebサービスの立ち上げで使われます。

Offersのユーザーから実際にAdobe Photoshopを用いた案件や今までで作成したサービス等をアンケートで聞いてみました。

Webサイト

  • 他メディアサービスへのSNS誘引サイト
  • ECサイト
  • コーポレートサイト
  • 自社サイトリニューアル
  • サービスサイトのデザイン(新規作成時やリニューアル作成時にも対応)
  • ランディングページ(広告効果を見ながら、最適なデザインの模索や、複数パターンを用いたテスト用にそのパターン分を作成、など)

画像・バナー

  • クライアント様よりご提供いただいた素材でデザインをする上での色変更
  • オリジナルで書き起こしたイラストのアニメーション化
  • ECサイト掲載用画像の色調整
  • 写真画像ファイルの加工調整(古い写真を今のクオリティーに合わせるための調整や、社内での名簿から全員分の顔写真を一括で処理するなどの経験もありました)
  • YouTubeのサムネイル画像
  • 企業のインスタグラムで使用する画像
  • 広告バナー
  • ボタンやアイコンなどの小さいもの
  • Photoshopで制作した写真やテキストをAdobe Premiere proの動画作成の素材として使用する

紙媒体

  • ポスター作成時のフィルター加工
  • チラシ
  • パンフレット
  • 印刷データ

閉じる

まずは簡単60秒で登録する