Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/10/22 19:32

平均時給

4,350.6

中央値時給

4,000.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

2.2

(69h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.2日(69h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

IoTで副業・フリーランス案件を探す

  • 【ソフトウェア】電動マイクロモビリティシェアアプリのIoTエンジニア募集!

    株式会社Luup

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      50時間 ~ 160時間(週12 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      IoT, GCP, MQTT, TCP/IP

    • リモートOK
    • サーバーサイド
  • 電動マイクロモビリティシェアアプリ「LUUP」のインフラエンジニア募集!

    株式会社Luup

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      50時間 ~ 160時間(週12 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kubernetes, Docker, AWS, GCP, MQTT, TCP/IP, IoT, Firebase

    • リモートOK
  • 【ソフトウェア】電動マイクロモビリティシェアアプリ「LUUP」のSRE募集!

    株式会社Luup

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      50時間 ~ 160時間(週12 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      GCP, AWS, Firebase, Node.js, Go, Ruby, Docker, IoT, TCP/IP, MQTT

    • リモートOK
  • 【QAエンジニア】シェアサイクル開発の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      32時間 ~ 64時間(週8 ~ 16時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      IoT, データ分析

    • リモートOK

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

IoTエンジニアの特徴

IoTエンジニアの「IoT」とは、「Internet of Things」の略で、「モノ」であるデバイスや装置とインターネットを接続することによって、デバイス同士の連携、遠隔操作やモニタリングを行う技術のことです。

IoT技術は実際に、遠隔操作できるスマートスピーカー技術やドアの施錠などのように、利便性の向上やセキュリティ面で日常生活にも活用されている例は少なくありません。

このような技術開発を担うIoTエンジニアは、工程や専門領域も多岐に渡るため、技術領域を細分化し、複数のエンジニアで開発を遂行していきます。

IoTエンジニアの案件・求人の業務内容

業務内容

IoTエンジニアの業務は、アプリケーション、セキュリティ、ネットワークなど多様な背景を持つエンジニアが強力して技術開発を進めることが前提です。

  • 企画・設計
  • デバイスや装置、端末のハードウェア・ソフトウェア開発
  • セキュリティ対策
  • データ分析・データの応用

案件

IoT技術の急速な需要増加により、IoTエンジニアの供給が不十分であるのが現状です。発展途上の分野であることに加え、専門的なスキルも必要になります。デバイスに関連する案件、データを扱う案件など具体的な案件も多岐に渡ります。

  • ファクトリーオートメーション
  • ホームオートメーション
  • ヘルスケア
  • 交通・流通
  • マルチメディア
  • エデュケーション
  • スマートメーター
  • セキュリティ
  • ウェアラブルデバイス

IoTエンジニアの案件・求人で求められるスキル

多様なハードウェアやデバイスの活用が必須のIoTエンジニアは、デバイスの知識やスキルは不可欠です。

  • クラウドコンピューティングのスキル
  • セキュリティの知識
  • データ分析のスキル
  • ハードウェアの知識・スキル
  • データベースの知識
  • AI・機械学習のスキル
  • アプリケーション開発の知識
  • プログラミング言語・OSの知識

IoTの平均年収

システムエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

システムエンジニアの平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、システムエンジニアの平均年収は約506万円です。

月給平均は42万円となり、初任給の相場は21万円程度で、日本の平均年収では比較的高い値となりました。

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

世代別・雇用形態別の平均年収

システムエンジニアの年収は世代によっても大きく変わってきます。

以下の情報は、データサイエンスに関する年代別の年収調査の結果です。

  • 20〜24歳:339万円
  • 25〜29歳:445万円
  • 30〜34歳:533万円
  • 35〜39歳:573万円
  • 40〜44歳:621万円
  • 45〜49歳:651万円
  • 50〜54歳:666万円
  • 55〜59歳:652万円

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

また、雇用形態による年収の分布は次の通りです。

  • ・フリーランス:630万円
  • ・会社員:506万円
  • ・副業(すきまワーカー):506〜630万円

出典:フリーランスSEの驚きの年収相場!自由な働き方も魅力|エンジニア就活

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

IoTの市場・将来性

IoTはすでに大きく成長しています。

ですが、人工知能の需要がこれからどんどん上がっていく事を考えると、IoTもまだまだ飛躍していく事が大いに考えられます。

しかし、過去5年間の検索数の推移を見てみると、停滞気味であることがわかります。

出典:GoogleTrends

IoTはへの需要や興味関心は高まっています。

しかしながら、より普及していくにはエンジニアが不足している現状や、導入コストなどの課題があります。

IoT技術を販売する事業が増え、エンジニアが増えれば、将来的にももっと飛躍していくと言えます。

出典:IoTの将来性と課題|DIGITAL SHIFT TIMES

IoTの平均年収

システムエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

システムエンジニアの平均年収

求人サイトの求人ボックスによると、システムエンジニアの平均年収は約506万円です。

月給平均は42万円となり、初任給の相場は21万円程度で、日本の平均年収では比較的高い値となりました。

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

世代別・雇用形態別の平均年収

システムエンジニアの年収は世代によっても大きく変わってきます。

以下の情報は、データサイエンスに関する年代別の年収調査の結果です。

  • 20〜24歳:339万円
  • 25〜29歳:445万円
  • 30〜34歳:533万円
  • 35〜39歳:573万円
  • 40〜44歳:621万円
  • 45〜49歳:651万円
  • 50〜54歳:666万円
  • 55〜59歳:652万円

出典:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

また、雇用形態による年収の分布は次の通りです。

  • フリーランス:630万円
  • 会社員:506万円
  • 副業(すきまワーカー):506〜630万円

出典:フリーランスSEの驚きの年収相場!自由な働き方も魅力|エンジニア就活

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

IoTの市場・将来性

IoTはすでに大きく成長しています。

ですが、人工知能の需要がこれからどんどん上がっていく事を考えると、IoTもまだまだ飛躍していく事が大いに考えられます。

しかし、過去5年間の検索数の推移を見てみると、停滞気味であることがわかります。

出典:GoogleTrends

IoTはへの需要や興味関心は高まっています。

しかしながら、より普及していくにはエンジニアが不足している現状や、導入コストなどの課題があります。

IoT技術を販売する事業が増え、エンジニアが増えれば、将来的にももっと飛躍していくと言えます。

出典:IoTの将来性と課題|DIGITAL SHIFT TIMES

IoTの資格・勉強方法

IoT検定

IoT検定は、技術者に限定せずにIoTに関する全ての方を対象とした検定試験の事です。

マーケティング知識やサービス提供など、それぞれの立場からIoTを企画、開発、利用する際に必要となる知識を保有している事を証明する資格です。

【概要】

▼検定制度の体系

  • IoT検定ユーザー試験(パワー・ユーザー)
  • IoT検定レベル1試験(プロフェッショナル・コーディネータ)
  • IoT検定レベル2試験(プロフェッショナル・エンジニア)
  • IoT検定レベル3試験(プロフェッショナル・アーキテクト)
  • 受験時期:通年受験可能
  • 費用:税込8,800円

公式HP:IoT検定

IoTシステム技術検定

IoTシステム技術検定は、IoTシステムの企画や構築、活用や運用改善をより効果的・効率的に行う為に必要となる基本知識を得ている事を証明する資格です。

【概要】

  • レベル:基礎、中級、上級
  • 費用:税込10,800円

公式HP:IoTシステム技術検定

エンデベットシステムスペシャリスト試験(ES)

エンデベットシステムスペシャリスト試験(ES)とは、IoTのハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせる組み込みシステムを構築し、求められる機能や性能、品質やセキュリティを実現する能力を持つ事を証明する資格です。

【概要】

  • レベル:基礎、中級、上級
  • 費用:税込10,800円

公式HP:エンデベットシステムスペシャリスト試験(ES)

閉じる

まずは簡単60秒で登録する