• インフラエンジニア・SREエンジニア

【フルリモート】物流ラストワンマイル領域の変革を目指すSREエンジニアを募集!

  • 給与・報酬 : 時給 3,500円〜5,000円
  • 勤務地 : リモート
  • 想定稼働時間 : 40時間 ~ 160時間(週10 ~ 40時間)
  • 雇用形態 : 正社員(業務委託からスタートもOK)

新しい環境/開発スタイルを経験するなら!

まずは簡単60秒で登録する

サービス内容

サービス概要

アナログで非効率な配送業務を解決するアプリ「TODOCU(トドク)サポーター」の開発を行っています。

リリースから1年で8千人程の配送員に利用されています。
https://todocu-supporter.com/

さらに、TODOCUサポーターから取得される配送効率化データを利用することで、配送初心者でも高い配送効率を実現するという特徴を生かした、ギグワーカー活用形配達サービス「スキマ便」を展開しております。
https://sukimabin.com/

まずは、国内20万人の配送員が使わない理由がないサービスを最速で社会実装し、次に目指すは、荷物の受け取り主、いわゆる消費者側の受け取り体験のDXです。
再配達依頼の煩雑さや、配送員さんとのすれ違いで面倒な思いをした方もいらっしゃると思います。
その煩わしさを、僕たちがテクノロジーで解決します。

そんな社会のインフラになるようなサービスを僕たちと一緒に創ってみませんか?

サービスの現状、課題

■なぜやるのか
207は、世界のどこにいても瞬時にモノがトドクというような、ちょっぴりSF的な世界観をビジョンとして掲げています。

その理由は、代表自身がバックパッカーで旅をした際の原体験に基づいています。
詳細は弊社代表高柳のnoteでチェックできます。
https://note.com/sinya0207/n/nb77410c46fe0

いつでもモノがトドクというビジョンを達成するために、一番重要なことは「物流」と考えており、その中でも最終的なトドク部分にまずはフォーカスし、物流のラストワンマイルに特化した事業を中心に事業展開を行っています。

物流のラストワンマイルは、ニッチすぎると思ったあなた。
実は物流のラストワンマイルは、国内だけでも市場規模が2.5兆円という巨大なマーケットなんです。
更に、多くの配達業務というのは未だにアナログで非効率な部分が多く、その非効率なオペレーションによって「再配達」が発生し、受け取り手にも「再配達依頼」や「時間指定で待機する」のような不便を課す現状になっています。

207は、その非効率を解消しつつ、近い将来に必ず来るであろう「自動運転」「ドローン」「ロボット」などの技術と組み合わせるための物流のラストワンマイルに特化した「データ」と「オペレーション」を整備する事業を展開しています。

まずはこの物流のラストワンマイル領域から、壮大なビジョンの実現に向け一緒に働いてみませんか?

■どうやっているのか
207では、オープンでフラットなコミュニケーションを前提として組織づくりを行っています。
基本的な業務上のやり取りにはSlackを利用しています。

珍しい取り組みは、すべての従業員に対して報酬が公開されていたり、各メンバーの位置情報を公開する等、基本的な情報をオープンにすることでコミュニケーションコストを徹底して下げております。

また、働き方は場所や時間を選ばない「フルフレックス制」を導入しており、各メンバーが個人の裁量で働く場所や時間を選択することができるような環境を整えております。

週に1回、皆で鍋を囲んで仕事に関する話題を議論する会、その名も「鍋会」を毎週行っており、常に熱い議論が飛び交っています。

詳しいカルチャーについては、こちらを御覧ください。
https://www.notion.so/207inc/207-de9df6aecd7648848aa78717bce55ce2

業務内容

・「TODOCU」事業の急速なユーザーグロースに耐えうる、AWSを使ったサービスの設計および運用。
・開発、運用両面の生産性向上
 デプロイやログ監視基盤の整備、開発フローや環境の整備など
・信頼性・可用性の担保
 障害検知やキャパシティプランニングのためのモニタリング環境の構築、運用など
・セキュリティの担保

国内25兆円の物流市場において、受け取りや再配達などの課題の多いラストワンマイル領域。急成長中の自社プロダクトを牽引するSREエンジニアを募集します。

【直近の具体例】
・既存インフラ環境のコード化
・本番環境で発生したバグの検知・修正を効率化するための仕組みづくり

【進捗管理・ミーティング】
・主にリモートワークにてビデオ通話
・Zenhubベースのスクラム開発
・毎週木曜に、定例MTGで進捗及びタスクの優先度を確認
・GitHub Flow & PR base な開発フロー
・Discordを使って出社し、フルリモートながら雑談なども気軽に可能

【開発体制・メンバー】
エンジニアチームはフルスタックが多く、チーム規模は業務委託メンバーを含めて4~5人です。
大規模開発経験者から複数のスタートアップを経験した方まで、いろいろな経歴の方が働いています。

【社内環境】
完全フルリモートながら、様々なツールや仕組みによって助け合える自由なカルチャーと、有機的にはたらくメンバーが魅力です。

【技術スタック・使用ツール】
・Backend
 Ruby on Rails / GraphQL Ruby / Firebase / Docker / AWS / Terraform / ECS / RDS (PostgreSQL)/ Redis / Swagger
・Frontend
 React / Apollo / React Native / Expo / TypeScript
・プロジェクト管理
 Zenhub / Github

・情報共有、コミュニケーション
esa / Slack / Discord / PluralSight / G Suite

・その他開発者向けツール
NewRelic / Sentry / Codecov / CircleCI / Redash

一緒に働くメンバー

  •  

    福富 崇博

    CTO

    1984年生まれ。207社でCTOとして開発を統括。
    筑波大学大学院在学中よりAI技術を用いたパズルゲームの自動生成や統計的機械翻訳の研究に勤しむ。
    2009年より株式会社ミクシィにSoftware Engineerとして入社。広告配信部門とR&D部門にそれぞれ約2年ずつ在籍。
    2012年以降はシンガポールに移住し、Nubee Singapore、DeNA Asia Pacific Holdingsと2社に渡ってソーシャルゲームの分析を経験。
    その後、約1年間アジア〜オセアニア地域を転々とし、2016年8月に帰国後は、過去所属していたNubee Singaporeの親会社であるベガコーポレーションにて、新規事業のProduct Managerを担当。
    続いてDMM GAMESにて基盤開発部にてゲーム開発基盤の企画・開発、Tokyo Otaku Mode では主力ECサイトのバックエンド開発などを担当したのち、207社にジョイン。

採用条件

必須条件

・Webサービスの構築・運用経験
・パブリッククラウド(AWS、GCP、Azure等)上のインフラ設計・構築・運用経験

歓迎条件

・大規模サービスの開発、運用経験
・ログ解析、モニタリング自動化経験
・Docker、Kubernetesなどのコンテナに関する知識
・システム監視の構築・運用経験

選考フロー

選考フローの手順

  1. カジュアル面談

※オンライン面談OK
※ポジションによってフローは異なる場合がございます。

採用情報

  • 企業名

    207株式会社

  • URL

    https://207-inc.com/

  • 募集職種

    インフラエンジニア・SREエンジニア

  • 勤務地

    東京都目黒区目黒3-16-9 (リモートワーク可)

  • 郵便番号

    〒153-0063

  • 事業内容

    207では、物流のラストワンマイル「配送」部分にフォーカスした事業を展開しております。
    【TODOCUサポーター】
    物流のラストワンマイルである「宅配」ですが、まだまだアナログで非効率な業務が残っています。そこで207は、配達員向けのアプリ「TODOCUサポーター」を提供し、宅配業務の効率化をサポートします。
    【TODOCU】
    日本国内では「再配達」という問題が社会問題になっています。そこで207は、テクノロジーの活用による問題解決に向け「TODOCU」というサービスを提供しております。
    【TODOCUクラウド】
    宅配領域には、未だにアナログかつ属人的で非効率な管理業務が一般的です。そこで207は、物流会社向けの「TODOCUクラウド」を提供し、荷物ステータスのリアルタイム確認や配送員の動態管理などを安価でスムーズに提供することで物流会社の管理業務効率化に貢献します。
    【スキマ便】
    Eコマース化の発展により個人宅向けの宅配荷物の増加が進んでいます。そこで207は、テクノロジーとギグエコノミーを活用した「スキマ便」で荷物を運びきれないという問題を解決していきます。

  • 企業概要

    「いつでもどこでもモノがトドク」というビジョンを掲げ、将来どんなところにいても瞬時にモノがトドクような世界を創ることで、「モノの所有」という概念をアップデートし、人々が行動しやすい社会を実現することをミッションとしています。
    「TODOCU」と「スキマ便」により、配送効率化データとリアルオペレーションを整備し、物流のラストワンマイルを再定義し、近い将来、自動運転/ドローン/ロボット等により、変革が進む物流のラストワンマイル領域において、リーディングカンパニーを目指します。

※記載のない労働条件の詳細については企業にご確認ください

この募集をシェアする

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する