Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2021/08/02 22:05

平均時給

3,987.4

中央値時給

4,000.0

最高時給

10,000.0

週間平均稼働日数

2.4

(76h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、2.4日(76h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Swiftで副業・フリーランス案件を探す

  • 【Kotlin】ビジネスパーソン向け情報収集サービス「Strainer」の Androidアプリ開発の求人・案件

    株式会社ストレイナー

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin

    • リモートOK
  • 【Swift】ビジネスパーソン向け情報収集サービス「Strainer」の iOSアプリ開発の求人・案件

    株式会社ストレイナー

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      40時間 ~ 160時間(週10 ~ 40時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift

    • リモートOK
  • 【Swift、iOS】音楽投稿プラットフォーム開発の求人・案件

    株式会社nana music

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      iOS, Swift

    • リモートOK
  • 【Swift、iOS、UI】【STORES 決済】TVCMで話題・流通額 4.5 倍に成長中! お店のキャッシュレスをかんたんに。使いやすさでレビュー ★4.5 。UXと堅牢性を実現する iOS開発の求人・案件

    ヘイ株式会社

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      160時間 ~ 180時間(週40 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift, UI, iOS, Android, C++

  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      相談の上決定する

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Swift

    • リモートOK
  • 【Android、iOS、UI】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      40時間 ~(週10時間 ~ )

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      iOS, Android, UI, UX, Swift, Kotlin

  • 【Swift、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      業務委託

    • 勤務場所

      リモート

    • 稼働時間

      60時間 ~ 180時間(週15 ~ 45時間)

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Swift, Kotlin, iOS, Android

    • リモートOK
  • 【Swift、iOS】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      iOS, Swift, Android, Kotlin

  • 【Android、Kotlin】の求人・案件

    企業名非公開

    • 雇用形態

      正社員(業務委託からスタートもOK)

    • 勤務場所

      オフィス

    • 稼働時間

      相談して決める

    • 給与・報酬

      相談して決める

    • 技術スタック

      Kotlin, Android, Swift, iOS

副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Swift案件・求人の平均単価・稼働時間

Offersでの単価・稼働時間の傾向をご紹介します。

2021年4月現在、Offersで募集しているSwift案件の単価については下記のようになっています。

  • 最高時給:5000円
  • 上限時給の平均:4500円
  • 下限時給の平均:2500円
  • 最低時給:2000円

業務委託の場合の稼働時間については次のようになっています。

  • 上限稼働時間の平均:96時間
  • 下限稼働時間の平均:66時間
  • 最小稼働時間:10時間

他言語と比べると、案件数はやや少なめの傾向である一方、案件の報酬金額については、上限報酬金額は平均と比べて平均程度である一方、下限はやや低めとなっています。また、案件の稼働時間については上限稼働時間は平均と比べて短めである一方、下限は平均程度です。

Swiftの在宅の案件・求人

Offersの在宅案件には次のようなものがあります。

  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:英単語学習アプリ運営開発
    • 稼働時間/月:10
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:SQL,Vue.js,AWS,Ruby,Go,iOS,Swift,Java,React,GCP,TypeScript,Python,Android,UI,Kotlin
  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:海外展開支援コンサルティング開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Flutter,Swift
    • 備考:平日夜稼働可、土日稼働可。
  • モバイルエンジニア案件・求人
    • プロダクト:ネットショップ開設サービス開発
    • 稼働時間/月:160
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:C++,React Native,Firebase,iOS,Kotlin,Ansible,Git,TypeScript,AWS,Python,Go,Ruby on Rails,UI,Flutter,Serverless,Android,Java,Swift,Terraform,Next.js,Redux,GCP,React,PHP

月の稼働時間としては、下限の平均値が60時間程度になっています。

Swift案件・求人の平日夜・週末稼働案件

Offersでの案件の傾向

2021年4月現在、Offersで募集しているSwift案件の平日夜稼働がOKな案件は全体の15%、週末稼働がOKな案件は全体の15%になっています。

全体平均(平日夜稼働可:26%、週末稼働可:25%)と比べると、平日夜稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあり、週末稼働が可能な案件数は少なめな傾向にあります。

また在宅(フルリモート)が可能な案件は85%あり、全体平均(58%)と比べると多い傾向があります。

Swiftの週1・週2・週3稼働の案件・求人

Offersでの案件の傾向

Offersで募集中の週1案件は全体の12%、週2以下の案件は全体の28%、週3以下の案件は全体の12%になっています。

全体平均は週1案件で19%、週2案件で33%、週3案件8%なので、短時間稼働案件については少なめな傾向にあることがわかります。

Swiftの週1案件の例

OffersのSwiftの週1案件には次のような案件があります。

  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:英単語学習アプリ運営開発
    • 稼働時間/月:10
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)
    • 技術スタック:React,GCP,TypeScript,Python,Android,Swift,Java,SQL,Vue.js,AWS,Ruby,Go,iOS,UI,Kotlin
    • 備考:
  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:デジタル身分証アプリ開発
    • 稼働時間/月:40
    • 雇用形態:業務委託
    • 技術スタック:Objective-C,UX,Perl,Ruby,Swift,Vue.js,Java,UI,Figma,Ruby on Rails,Kotlin,AWS
    • 備考:Objective-C,UX,Perl,Ruby,Swift,Vue.js,Java,UI,Figma,Ruby on Rails,Kotlin,AWS
  • iOSエンジニア案件・求人
    • プロダクト:シェアサイクル開発
    • 稼働時間/月:32
    • 雇用形態:正社員(業務委託からスタートOK)時間以上
    • 技術スタック:UX,Firebase,Go,Kotlin,iOS,BigQuery,UI,IoT,GCP,Android,Swift
    • 備考:平日夜稼働OK。土日稼働OK。

Swift案件の平均年収

Swiftの平均年収を見ていきましょう

Swiftエンジニアの平均年収

2018年の株式会社ビズリーチの調査によると、Swiftの平均年収は550万円でした。

Androidの開発言語であるKotlinは575万円となっており、若干低い傾向となっています。

しかし、同調査での案件数では、Kotlinが961件なのに対し、Swiftは3353件と大きくリードしており、案件の豊富さという面では大きくリードしています。

出典:株式会社ビズリーチ|スタンバイ

世代別や雇用形態別の平均年収

Swiftの年収は世代によっても大きく変わってきます。

2020年の年代別の年収調査の結果は次のようになっています。

・20代:398万円(8位)

・30代:479万円(20位)

・40代:599万円(10位)

・50代:447万円(19位)

Swiftは新しい言語のため、単純に年代と経験年数が比例しません。そのため、順位の変動も大きくなっています。

出典:パーソルキャリア株式会社|TECH Street

また、雇用形態による年収の分布は次の通りです。

・フリーランス:ボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

・会社員:ボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

・副業(すきまワーカー):フリーランスのボリュームゾーンは200万円未満。会社員のボリュームゾーンは200万円~400万円未満。

出典:フリーランス協会|フリーランス白書

会社員は勤務時間の違いに関わらず過半数が年収 200~600万円と答え、決められた勤務時間を働くことで一定の収入が得られるものの、長時間働いても収入が上がりにくい事が分かります。

フリーランスも本来、成果に対して対価をもらうワークスタイルであり、自分の裁量で受ける業務量や報酬、業務の所要時間をコントロールできる自由度がある反面、多くの案件を受ければ収入が増えることから、過重労働に陥りやすい側面もあります。

フリーランスの約半数はフルタイムワーカーでなく、月平均勤務時間が同程度の会社員より収入が低い結果が出ました。しかし、勤務時間と年収のトレードオフを自己決定しやすく、副業系フリーランスであれば自身の会社員としての収入にプラスアルファで稼げるということにもなり、フリーランスは会社員に比べて満足度が高い傾向があります。

最近では企業の副業解禁によって、会社員であっても副業をすることが比較的容易になってきました。

収入を増やしたい人は、ぜひ副業を検討してください。

Swift案件・求人の市場・将来性

SwiftはアップルのiOSおよびmacOS、Linuxで利用出来るAppleが作ったプログラミング言語です。

メインはiOSアプリの開発ですが、フレームワークなども充実してきて、Web開発などでも少しずつ用いられるようになってきています。

GitHubのプルリクエスト数の推移のランキングでは0.620%となっており、Kotlinに次いで16位にランクインしています。

出典:Github Language Stats

また、過去5年間の検索数の推移を見てみると、下がり調子であることがわかります。

出典:GoogleTrends

現在世界中で、MacやiPhoneなどのApple製品が広く普及しています。それに比例してSwiftの市場も拡大を続けます。

Swift案件・求人の将来性についてののポジティブな意見には、Swiftに変わる言語がないため今後も継続して使い続けられるというものがあります。 オープンソース化などを見ても非常に将来性のある言語で、将来的にAndroidのアプリの開発などもできるようになれば、市場が倍以上に広がる可能性もあります。

一方、ネガティブな意見としては、アップル製品の動向などによって需要が変動してしまう、iPhoneのシェア数が少ないことから、案件の数が減ってしまうなどが挙げられています。

Swift案件・求人に役立つ資格・勉強方法

App Development with Swift

App Development with Swiftは、Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識を証明するために、主に学生をターゲットとした資格として、Appleから2018年に発表されました。世界中のCertiport認定試験センターを通じて実施されていましたが、日本では対応しておらず、ようやく2019 年に、App Development with Swift Level 1の受験がCertiport の代理店である オデッセイ コミュニケーションズから可能となりました。試験は全て英語で行われるため、語学力も必要となります。

概要

  • 対象:Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識(App Development with Swift の内容)を有する者
  • 試験時間:50分
  • 費用:一般¥10,780(税込)/学割¥8,580(税込)
  • 公式HP:株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ App Development with

Swiftの特徴

SwiftはiOSやMacなどAppleのプラットフォーム向けに、Apple社が作ったオープンソースのプログラミング言語です。Swiftが登場する以前にApple系プラットフォームの開発で主流であったObjective-Cに比べると、モダン・高速・インタラクティブな開発が可能です。

他言語の良い仕様を積極的に取り入れた開発スタンスであり、最新の言語仕様を取り入れていることが特徴です。また、RubyやPHPなど軽量な動的言語に比べ、静的型に位置づけられ、記述ミスやバグの発生を抑えられるという安全面でも人気を集めています。

公式HP:Swift

Swiftのメリット

Swiftには、モダン、安全、高速、インタラクティブなどのメリットがあります。

【モダン】

  • 流行の言語が持つ機能はほぼ取り入れられている
  • 関数型言語の志向や型安全(タイプセーフ)の機能を取り入れている
  • クロージャ、ジェネリクス、タイプインターフェースを採用している

【安全】

  • 記述ミスの低減が言語仕様に組み込まれている
  • 静的型チェックが可能
  • コンパイルの段階でnull安全であるかどうか判定可能

【高速】

  • ライトウェイト言語やObjective-C(最大2.4倍)に比べて高速

【インタラクティブ】

  • コンパイル型言語は記述した内容を瞬時に確認できないが、Swiftは対話型の実行確認が容易におこなえる
  • アプリ開発者がサーバーサイドを書く場合にも利用可能

Swiftのデメリット・リスク

Swiftにも、下記のようなデメリットやリスクがあります。

  • アップデートが頻繁におこなわれるため、知識の追従が必要となる
  • アップデートによってはソースコードの面で互換性が失われる場合がある
  • コンパイルに時間がかかる
  • iOS7以上に対応(iOS6以下に対応するのはObjective-cのみ)

閉じる

まずは簡単60秒で登録する