副業・複業はもう常識。
クライアント直案件のみ!

Offersなら、あなたのスキルをもとに案件のオファーが届きます。
「相性の合う」上場企業やメガベンチャー、スタートアップで
まずは副業を始めましょう!

まずは簡単60秒で登録する

Offers 複業転職/フリーランス求人・案件 相場Updated : 2022/09/29 23:56

平均時給

4,954.5

中央値時給

4,750.0

最高時給

15,000.0

週間平均稼働日数

3.1

(100h)

複業転職/フリーランス求人・案件の週間平均稼働日数は、3.1日(100h)です。

複業転職/フリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Sassの特徴

Sassは、ハンプトン・キャトリンが設計しネイサン・バイゼンバウムによって開発された、CSSの一つです。

Webページのレイアウトや装飾で使用します。一般的に「サス」と呼ばれ、マークアップにおけるコーディング量を減らし、可読性も上がるため、生産性向上のため多くの開発現場で使われています。

記法は2種類あり、インデントのみで書く「SASS」記法と、CSS同様に括弧でくくる「SCSS」記法があります。よく使われるのはSCSS記法です。

Sassはプログラミング言語処理も取り入れており、変数や算術演算、外部ファイルの読み込みなど、従来のCSSにはない拡張機能を備えていることが特徴です。

公式HP:Sass

Sassのメリット

Sassには作業効率を上げるためのいくつものメリットがあります。

  • 変数:メインカラーなどよく使う値を変数として置くことで、変更が容易になり、メンテナンス性が高まります
  • ネスト構造:セレクタやプロパティネストをネストすることで、記述量が減り、かつ、可読性を高く保つことができます
  • プログラミング的な処理:Sassは関数を使用できます。条件分岐や繰り返し処理の関数を使うことで、コード量を減らすことができます。
  • 複数のファイルを1つにまとめる:容量削減と実行速度の高速化に繋げられます

Sassのデメリット

Sassは使い方によってコード量が増えてしまうこと=設計力が求められます。よく理解せずにextendを多用して複雑になってしまうことがあります。

ネストのしすぎで可読性が落ちたり、全ての人がHTML/CSSに関しての設計を行うのが難しいので気軽に使えるが中長期破綻しないSassがかけるわけではない、という点に注意しておく必要があります。

閉じる

登録して案件を探す Githubで登録する