フリーランスエンジニアへの道。知るべき情報をすべて紹介します

フリーランスエンジニアとして活動したいけれど何からすればよいか分からないという方は多いのではないでしょうか。フリーランスとして活躍するために知っておくべき情報をまとめました。ライフスタイルに応じた働き方の1つとして参考にしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとは、会社の正社員としてではなく個人事業主として働くエンジニアのことです。

会社員とは違い「案件の受注」「タスク管理」「トラブルシューティング」などをすべて自己管理で行う必要があります。

その代わり、オフィスや時間に縛られなかったり、稼げる金額に上限がなかったりと様々な魅力があります。

副業として認める会社もあり

これまでは多くの会社が副業を禁止していたため、サラリーマンが副収入を得るのは難しい状況でした。

しかし、近年では大手IT企業を中心に、副業OKとする会社が増えてきています。これにより一部の会社では、サラリーマンとして働きながらフリーランスエンジニアとして活動することも可能です。

公務員は法律で副業禁止が定められているので、副業は難しいのが現状ですが、規制の緩和により今後できるようになる可能性も十分あります。

フリーランスエンジニアの在宅案件は少なめ

副業の中には、在宅で仕事が完結する『在宅ワーク』や『リモートワーク』と呼ばれる働き方があります。しかしフリーランスエンジニアの場合、在宅での案件は少ないのが現状です。

高収入を目指すのであればエージェントやクライアントを通して業務委託契約を結び、常駐案件をこなすのが一般的でしょう。クラウドソーシングなどを利用すれば、在宅でもある程度稼げますが、本業とするには厳しい収入です。

フリーランスのエンジニアに向いている人の特徴は?

フリーランスのエンジニアが向いている人の特徴は何なのでしょうか。ご自身の性格と当てはめてみてください。

自己管理がしっかりできる

フリーランスという働き方は、良く言えば『自由』ですが、言い換えれば『全て自己責任』ということです。仕事をサボっても叱られませんし、やるべきことを指示してくれる上司もいません。

全て自分自身でタスク管理やスケジュール管理を行い、受注する案件を探し、納期までに間に合わせなければなりません。

「今日は眠いから」「友人と遊びたいから」といった理由で仕事を放棄してはならないのです。こういった数々の誘惑に打ち克ち、コツコツと作業できる人は向いているでしょう。

スキルアップを目指したい人

エンジニアに求められるのは、高い技術力とクライアントのニーズに応えるスキルです。常に向上心を持ってスキルアップすることで仕事の幅も広がり、何年経っても求められる人材になります。

フリーランスの場合は複数の案件を請け負うこともあるので、短期間で多くの技術に触れることができます。

このようにエンジニアとしてのスキルアップを楽しめる人には向いています。楽しみながら仕事と向き合うことで、自然と優秀なプログラマーに成長するでしょう。

フリーランスエンジニアの平均年収は?

フリーランスエンジニアは個人の実績やスキル、案件の受注数にも大きく左右されますが、中には年収1000万円を超える人もいます。

会社勤めより多く稼げる可能性あり

フリーランスエンジニアの方が正社員として働いていた時よりも、2倍以上の年収になるのは珍しいケースではありません。

個人差はありますが、実務経験1年で月収50万円、実務経験3年で月収70万円の収入を得ている人もいます。

会社に勤めていると自由に習得したいスキルを学べなかったり、自身の長所を活かしきれなかったりしますが、フリーランスになることでこれらの悩みが解消され、高収入につながることもあります。

年収を上げるにはスキルアップが必須

高い年収を得るには、貪欲にスキルアップし続ける姿勢が大切です。現代におけるテクノロジーの成長はすさまじく、IT関連で高い知識を保有する人材は重宝されます。

そのような急激な変化に対応するには、常に新しい言語やスキルを身につける努力が必要になってきます。特に、新しい言語やスキルに関しては習得している人が少ないので、より好条件で契約できる場合もあります。

現在はプログラミング言語などを学べるスクールもあるので、いざという時様々な案件に対応できるように、あいた時間を有効利用しましょう。

こういった『新しいスキルを真っ先に取り入れて実践できる』というフリーランスならではの身軽さを活かせれば、正社員以上の高収入を得ることは十分可能です。

フリーランスエンジニアのメリット、デメリット

フリーランスエンジニアのメリットとデメリットをご紹介します。サラリーマンの副業として考えている人はもちろん、フリーランスとして独立したい人も知っておくべき情報をまとめました。

メリット

フリーランスエンジニアには、正社員にはない数々のメリットがあります。この項目を読んでフリーランスエンジニアに大きな魅力を感じた人は、この働き方が向いているのかもしれません。

収入増加を期待できる

エンジニアにかかわらず、フリーランスとして活動するようになってから収入が増加するケースはよくあります。

会社員として働いていると、どれだけ頑張っても稼げる収入に限度があります。社会的地位は安定するかもしれませんが、収入に満足できなければ不満は募ることでしょう。

しかし、保険料や年金などの税金面でフリーランスは不利になるので、きちんと必要経費を計上するなど節税対策に努めることが収入増加には重要です。

自分で仕事を選ぶことができる

企業に属している限り、経営者の意向に沿った仕事をしなくてはなりません。そのため企業のノウハウなどは学べますが、やりたい案件はできないかもしれません。

その点、フリーランスは自由度が高く自らの意思で案件を選んでキャリアを積み重ねることができます。

フリーランスは会社員とは違い、所属している企業のブランド力は借りられません。そのため、実績を作って自身をブランディングする必要があります。

セルフブランディングが上手くいけば、より自分の選びたい仕事を受注できるようになるでしょう。

仕事をする場所や時間が自由になる

会社員として働くと、出勤時間や働く場所は定められたルールに従わなければなりません。自己管理ができない人にとってはメリットになるかもしれませんが、人によっては窮屈に感じることもあるでしょう。

フリーランスであれば、基本的に働く時間や場所に縛られません。家事や育児などの事情でなるべく自宅にいたい人や、一人で黙々と作業する方が集中できる人にとっては大きなメリットになります。

また、煩わしい上下関係もなく、通勤する時間もカットできるので時短にもなります。

デメリット

フリーランスエンジニアとして働くメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。特にフリーランスとして独立を考えている人は、あらかじめこの項目で解説するようなデメリットを把握しておくと良いでしょう。

収入が安定しない

会社員として働く以上、一定の給与が約束されます。しかしフリーランスとして働く場合、案件の受注数や単価などに左右されるため、安定性に欠けます。

会社員よりも稼げる可能性があるという点ではメリットですが、決まった給与が必ず毎月振り込まれるという安心感はありません。

会社員に求められるのは主に労働力ですが、フリーランスに求められるのは結果を出す力です。独立を考えている方は、ある程度の収入の目途をつけてからにしましょう。

すべての業務を1人でこなさないといけない

フリーランスの作業は、主にすべて1人でこなす必要があります。仕事をサボっていても叱られませんし、働く時間が定められていないため、早起きする必要もありません。

そのため、自分を律することができない方は惰性に流されてダラダラとした生活を送ってしまいます。

また、フリーランスはうつ病になりやすいともいわれています。ストレスの発散や人と関わる機会などを積極的に設けていかなければ、精神的な疾患にもつながりかねません。

モチベーションの維持

フリーランスの場合は励ましあえる仲間がいないので、モチベーションを維持することが困難です。また、時間管理やタスク管理もすべて自分で行う必要があり、これらを自分の意志だけでこなすには相当な精神力が必要になります。

とりあえず生活費をなんとかするために案件を受注する、という生活が続くと惰性で仕事をこなすだけの下請け業者のようになってしまいます。

フリーランスエンジニアとしてのモチベーションを維持するためには、セルフマネジメント能力を高める必要があります。目先の案件だけではなく、中長期的なキャリアを計画しながら仕事をすることが求められます。

フリーランスエンジニアになるための手順

フリーランスエンジニアになるためには、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。開業届や名刺作りなど、あらかじめ知っておくべき点を解説します。

開業に必要な手続きや届出をする

フリーランスとして活動する場合、開業届を済ませるまでは『無職』という肩書きになってしまいます。所得税法第229条では個人事業主として開業する際は1カ月以内に税務署へ提出する必要があるとされています。

開業手続きをしなかったからといって罰則があるわけではありませんが開業届は節税対策などの面でメリットがあるので開業に必要な手続きや届出をしておくべきでしょう。具体的には、個人事業主になった場合、確定申告の際に青色申告ができるようになります。

また、会社勤めの場合は勤め先の社会保険に加入していますが、フリーランスとして独立する場合は、各々で役所へ保険や年金の変更を届け出る必要があります。

フリーランスとして活動するための準備

フリーランスとして活動する際いきなり案件を受注する人もいますが、事前に準備をしっかりすることで、より好調なスタートをきれるようになります。活動にあたって準備しておくべきことは、以下のとおりです。

  • 名刺
  • ホームページ(案件の受注や実績の公開などに活用)
  • フリーランス用のSNS
  • スキルシートの作成

名刺には屋号やメールアドレス、SNSなどを記載しておくとよいでしょう。メールアドレスはフリーアドレスでも構いませんが、独自ドメインを取得しておくと信頼されやすいです。

クライアントとしても、どこの何者かもわからないような人物に案件を頼みたいとは思わないはずです。SNSやホームページを通じて実績や理念を公開し、信頼を勝ち取りましょう。

案件を探す

フリーランスが案件を探す方法としては、以下の選択肢があります。

  • フリーランス向けのエージェントを利用する
  • クラウドソーシングを利用する
  • 求人情報サイトで見つける

副業として活動する場合は、クラウドソーシングでも十分ですが低単価の案件が多い傾向にあります。そのため高収入を得たい、もしくは専業フリーランスを考えている場合は、エージェントなどを活用する人が多いようです。

経験が乏しいうちは受注したい案件が見つからないかもしれませんが、実績を積むことで受注できる仕事が増加します。

未経験でフリーランスエンジニアになれる?

エンジニアは技術職なので、最初から実務経験を求められるイメージがある方も多いのではないでしょうか。実際は未経験でも受注できる案件もあり、あとから知識を身につけることもできます。

未経験可、経験不問の案件も多い

そのため「未経験可」「経験不問」という案件もあり、仕事をこなしながら専門知識を身につけられます。ある程度のスマートフォンの普及やテクノロジーの成長によって、IT業界は常に優秀な人材を求めています。しかし現状としてはエンジニアの人材不足が続いているのです。

知識やスキルは必要ですが、IT業界で働いたことがなくても受け入れられる場合もあるようです。

収入面への待遇に大きな期待はできませんが、フリーランスにおいて大事な実績を積むことができます。実績を積みながらスキルを習得すれば、より好待遇の案件を受注できるようになるでしょう。

スクールなどに通い知識を身に付ける

IT業界では人材不足が進んでいるため、優秀な人材を確保するために様々なプログラミングスクールが開講されています。

独学では不明点があっても自力で解決する必要がありますし、どこでつまずいているのかすら気づけない場合もあります。スクールでは、指導者が基礎から教えてくれるので初心者からでも順調にスキルを習得できるでしょう。

スクールに通うのが面倒だと感じる人は、オンラインスクールを活用する手段もあります。自宅にいながらRubyやJavaなどのプログラミング言語が学べるのです。

フリーランスエンジニアの仕事の探し方

フリーランスエンジニアとして活動するうえで必要になるのが、案件を受注するという作業です。闇雲に探すよりも、いくつかの手段を知ったうえで探した方が、効率よく好ましい案件を見つけられます。

クラウドソーシングや求人サイトを利用

クラウドソーシングは未経験OKの案件もたくさんあるので活用するとよいでしょう。しかし低単価の案件が多い傾向にあるので、すでに実務経験がある人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

また、フリーランス向けの求人サイトで探すという方法もあります。サービスによっては専門の担当者が最適な案件を紹介してくれたり、リモートワークの案件も多く掲載されていたりと自分のニーズにあった案件を探しやすいのが特徴です。

1つのサイトに絞るのではなく、いくつかのサイトを並行して活用しながら探すとよいでしょう。

SNSやホームページで自ら営業する

フリーランスとして活動を始めたのであれば、SNSやホームページで自らを売り込みましょう。これまでの実績を公開したり、仕事に対する理念などを掲げることで、ブランデイングにつながります。

SNSを通して知り合ったクライアントに自ら案件を持ちかけたり、クライアントを募集することで、依頼される場合もあります。フリーランスにおいては、実績を積み重ねるほど好条件の案件をつかみやすくなるのです。

また、システム開発などの現場へ赴く案件は見つけにくいのですが、自ら営業し、条件を提示することで、ネットに公開されていない案件も受注できる可能性もあります。

まとめ

フリーランスエンジニアという働き方は「高収入が見込める」「時間を自由に使える」「場所に縛られない」といった数々のメリットがあり、これからもこの働き方は広がっていくでしょう。

これから先フリーランスとして安定して稼ぎ続けるためには、事前の準備と実績づくりが必要不可欠です。会社員とは違い、すべて自己管理の世界なので数々の誘惑を断ち切りクライアントに対して真摯に向き合い続けましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ