フリーランスエンジニアの平均年収。1000万に到達するための秘訣

フリーランスを目指すエンジニアが増えていますが、気になるのはやはり、年収や将来性ではないでしょうか。フリーランスのエンジニアの年収や将来性について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスエンジニア年収の実情

フリーランスエンジニアのリアルな年収は、どの程度なのでしょうか。年齢によっての差はあります。単なる年齢で決まるのではなく、経験と実績が反映されるからです。くわしく見ていきましょう。

フリーランスになると年収は増える?

フリーランスを目指す人の動機はいろいろあるようですが、収入のアップという要素は見逃せません。実際のところはどうなっているのでしょうか。

会社勤めも含めてすべてのエンジニアの平均賃金が、厚生労働省の『平成26年度賃金構造基本統計調査』で公表されています。それによれば平均年齢36歳における平均年収は542万円です。

エンジニアは現状では人材が不足しており、エンジニアとしての就業経験があればフリーランスの需要は潤沢にあるようです。

出典:厚生労働省|平成26年賃金構造基本統計調査 結果の概況

年収がアップする人の特徴

フリーランスになって年収がアップする人は、端的に言えば専門領域の知識量が豊富で作業スピードも速い人です。結局のところ専門知識と技術のクオリティは、スキルの高さに比例します。

作業スピードが速いということは、余裕を生み出すので、同時進行で他の案件もこなせます。この生産性の違いは長い目で見ると、大きく収入に反映するのです。また、人脈が広い人も、収入アップ組に多いようです。

会社員時代に比べて収入がダウンする人は

フリーランスとしてせっかく独立したのに、会社員時代に比べて収入がダウンする人もいます。これはたとえば、残業代ありきの給料をもらっていた場合です。その場合、フリーなら仕事を積極的に受けないと前職の収入に追いつきません。

また、人脈が築けていない場合もあります。フリーランスになったからといって、すぐに仕事が入るわけではありません。エージェント等の利用も有効ですが、フリーランスの多くは会社在籍時の顧客から受注している現状もあるので、人脈は重要です。

フリーランスで年収1000万は可能?

フリーランスのひとつの夢である年収1000万円というのは、本当に可能なのでしょうか?もちろん、そのレベルに至っている人たちが少なからず存在します。そのような人たちはどうやって達成したのでしょう。

年収1000万は努力次第で達成可能

年収1000万円を超えることは、フリーランスとしてのひとつステータスであり、多くのエンジニアが目標とする数字でもあります。着実にエンジニアとしてのスキルを高めていけば、受注量を増やしたり、受注の分野を広くすることも可能です。

もちろん年収1000万円超えという高い目標を達成するためには、身につけるスキルも誰でもできるものではない、難易度の高いものが求められます。

またフリーランスには、就業規則もなければ36(サブロク)協定なども関係ありません。望むだけの時間、働くことができます。収入を安定させるためにも、高度な技術をマスターし、寸暇を惜しんで仕事に向き合えば、年収1000万円超えも夢ではありません。

もちろん多くの実績を積んで、仕事の依頼が先方から来るようにまでなれば、充分に休養をとりながらも1000万円を超える収入を得られるようになります。

年収をアップし1000万超を目指すコツ

年収をアップさせて1000万円を狙うためには、それ相応の量と質の受注をしなければいけません。しかし多くの仕事を受注するには、スキルが絶対に必要です。

スキルさえあれば仕事を受注できる幅が広がり、難しいスキルを求められる仕事であれば報酬も高額になります。スキルアップによって、時間あたりにこなせる作業量が増えていくと、それがそのまま収入アップにつながります。

また、業務効率アップのツールなどを駆使することでも、収入を積み上げることができます。技術革新が目まぐるしい分野でもあるので、最新技術をたゆまず学ぶなどの努力も欠かせないのは言うまでもありません。

営業力がポイント

フリーランスは自力で受注を獲得する必要があります。自分のスキルについてアピールできるかどうかは、高報酬の仕事がとれるかどうかに関わってきます。

しっかりとアピールするためには過去の実績の具体像、つまり案件の規模と自分の果たした役割、使用した言語バージョンやツールなどを可能な限り伝えることも有効でする。

スキルUPをしクライアントから信頼される

常に意欲的に勉強会やセミナーなどに参加して、技術のトレンドを押さえましょう。向上のための勉強を欠かさない姿勢が、スキルをアップさせることにつながります。情報収集への熱意に溢れていて、それを裏づける確かなスキルを持ったエンジニアを、クライアントは間違いなく信頼します。

年収1000万超えフリーエンジニアの特徴

年収1000万円超えレベルのフリーランスエンジニアには、個性的な人が多いと同時に、成功者に共通した特徴が見え隠れします。どのような特徴でしょうか。具体的に見ていきましょう。

能力が高く経験豊富なのに謙虚な人物

この項目は他のジャンルの成功者にも共通するかも知れませんが、皆が認める実力者であるのに、とにかく『謙虚』さを感じさせてくれます。非常に高いスキルを持ち、さまざまな開発に携わった経験がありながら、傲慢さのカケラも感じさせないのです。

ただ謙虚なだけではなく、人の意見に聞く耳を持ち、尊重する態度が一貫しています。そういう人は御多分に漏れず、いつも貪欲に新しい知識を吸収することに労を惜しみません。

自分の考えや方法論を絶対とはしないで、価値あると感じたものに真摯に向き合います。こういう人が現場の人望を集めるのです。だからこそ、良い結果を出し続ける好循環になり、収入は右肩上がりになります。

常に市場動向を把握し有利に交渉ができる

年収1000万超えフリーエンジニアは、ただの技術者ではありません。ビジネス感覚を充分に兼ね備えています。需要と供給という市場原理をよくわかっているのです。

自分が関係するフィールドでの需要と供給のバランスが判るので、需要サイドと供給サイドの、どちらが立場が強いかを理解しています。つまり交渉の運び方も前もって工夫ができるので、結果的に交渉を有利に進めることが可能になるのです。

稼げるフリーエンジニアが持つ共通スキル

年収1000万円超えの稼げるフリーエンジニアたちには、実は共通するスキルが存在します。それは一体どういうものでしょうか。

時間を短縮し効率的に仕事をこなす

稼げるフリーエンジニアは、無駄に長時間労働をしません。早く帰宅して英気を養い、また休日もしっかりとります。要するに長時間労働は、生産性を下げることにつながるからです。

ホースの先を絞って水勢を強めるように、彼らは労働時間を凝縮して、自身の最高のパフォーマンスをおこなうことに徹しています。

フリーエンジニアの仕事の形態は『業務委託』です。それはさらに『委任契約』と『請負契約』に分かれます。『請負契約』は決められた期限までに成果物を作ります。

このタイプの仕事が受けられるようになれば、それに費やす時間を減らせば減らすほど効率が上がります。『時給』が上がり、ひいては年収のアップに結びつくのです。

例えば、作業上で他の業務と共通する色々な機能が、流用して使えるようにするなどのテクニックを駆使して時間短縮を徹底するなどの工夫はしている人が多いのではないでしょうか。

明確なビジョンを持ちそれを実現させる能力

稼げるフリーエンジニアは自分の仕事の将来像、つまりビジョンを明確に持ち、その実現のために必要なスキル獲得を目指します。そして目指す目標のために時間やお金を投資します。

その将来のゴールから逆算して、今日は何をすべきかを考え、行動するのです。その行動がズレないよう、そしてブレないようにするためにも、ビジョンの明確化が彼らにとって必要なのです。

彼らは目指すビジョンの実現には、業務の効率化がキーポイントと考えます。そのためには目先にとらわれない広い視野に立ち、社会情勢や世界のトレンド、IT業界の最新情報や動向に、常に敏感でいるのです。

フリーランスエンジニアの将来への可能性

フリーランスエンジニアは伸びゆく業界の花形的存在です。彼らの将来的な可能性を考えて見ましょう。

経験と実績のある高年齢層が収入が高い傾向

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による『IT人材白書2016』で、フリーランスエンジニアが対象の調査の結果を閲覧できます。それによると年齢に関しては40代が4割弱で50代がほぼ過半数を占めるという意外な結果となっています。

つまり若い間は会社に勤めてノウハウを身につけ、スキルを磨き、40~50代に退職してフリーランスになるケースが多いことが判ります。

年収700万円までは、年齢による違いが特に見られません。スキルがあればベテランでも若くても、同じように高い報酬が望めるということです。

ところが、年収700万円を超えて1000万円までの割合はどうかというと、30代は約9%であり、40代は約14%、50代がもっとも多くて実に約17%なのです。このレベルでは年齢と年収が比例する傾向にあるようです。

出典:IT人材白書(バックナンバー):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

年齢を重ねても活躍の場はなくならない

ITの技術革新は目まぐるしいので、IT技術動向の将来は予測しがたいほどです。今トレンドといわれる内容でも、数年後にはその技術を使いこなすことで重宝されるかも知れません。

実際のシステム開発現場では、40~50代のエンジニアが活躍しています。エンジニアは会社勤めでもフリーランスでも、業務経験と実績の内容、持っているスキルが重視されるようです。40~50代の中高年のエンジニアにとっては、年齢を重ねて初めて生きてくる、さまざまな業務経験・知識・人脈・人望などのその人の持つ無形の資源が、武器になります。

まとめ

一般的に年を重ねた時の仕事の不安が募りやすいフリーランスですが、スキルを評価しやすいエンジニアの場合、経験を積んでいくことでむしろ年収が増していくようです。自分のスキルを最大限伸ばせる環境を選択して仕事をこなしていけば、安定したエンジニアとしてのキャリアを歩めそうですね。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ