フリーランスエンジニアの限界年齢は?いつフリーランスに転向する?

エンジニアがフリーランスへの転向考える際には、転向するタイミングや限界年齢について気になるのではないでしょうか? 今回は各年代からの転向におけるメリットや注意点、そして果たして限界年齢は存在するのか? について解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

20代でフリーランスに転向は早すぎるの?

フリーランスIT系エンジニアのエージェントを行っているレバテック登録者の年齢別の割合によると、20〜24歳の割合は2018年で約8%2019年では約13%となっており、フリーランスエンジニアの若年化が垣間見れます。

出典:【2019年12月発表】ITエンジニア動向総まとめ-データで見るレバテック-

また、「新卒 フリーランス」で検索するとこれだけ記事が出てきます。

例1:新卒フリーランス!? 数ヶ月前まで公務員志望、エンジニア未経験の21歳の女の子が選んだ道 | SEROKUジャーナル

例2:新卒未経験で普通のSIerに入ってから爆速でフルリモートフリーランスになるまでにしたこと | 25歳で独立したフリーランスエンジニア -じゃけぇ- のあれこれ

キャリアの初期からフリーランスをやることにはどんなメリットが有るのでしょうか。

年収や経験の側面から考えてメリットが多い

まず、20代に限らずフリーランスエンジニア一般に言えることですが、フリーランスの方が正社員よりも年収が高くなりやすいです。生涯年収を考えても早めにフリーランスに転向することはお得と言えるでしょう。

フリーランスにはエンジニアとしてのITスキルだけではなく、案件を獲得するためのマーケティング力や営業力、そしてクライアントと仕事をしていく上でのコミュニケーション力なども必要になってきます。

20代という比較的早い段階でフリーランスに転向し案件数を重ねることで、ITスキル以外の部分を鍛えることができるという点も、20代でのフリーランス転向の一つの大きな魅力です。

未経験者がフリーランスエンジニアになるには

20代では、まだエンジニアは未経験でフリーランスエンジニアになるために何をすればいいのかわからない、という方もいるでしょう。

「エンジニア」と一括りに言っても、職種は様々です。まずは自分の目指す職種を決めるところから始めましょう。その上で自分が決めた職種に応じた基礎IT知識、プログラミング言語を学習すると言った流れになります。

学習の方法には本や動画、ネット以外にもセミナーや勉強会というものもあるのでそちらを活用してみるのも効果的です。

ですが、フリーランスエンジニアとして働くには最低限のスキルは必ず必要になってくるので、注意しましょう。

30代でフリーランス転向の実情

10年前後正社員エンジニアとして働いたことで、エンジニアとしてスキルだけでなく社会経験を積んでいるということは、フリーランスになる上でも大きなアドバンテージになります。

フリーランスの中で一番大きな割合を占める

これはフリーランス白書(IT業界に限らない)の2018年における調査によると、フリーランスの年代別の占める割合は、20代が9.9%、30代が40.3%、40代が33.0%、50代が14.3%となっています。

出典:フリーランス白書 2019

これはエンジニア以外の職種のフリーランスの方も含まれていることには注意が必要ですが、このデータが示すようにフリーランス全体に占める30代の割合は一番大きくなっています。

IT以外のスキルを武器に

20代で正社員として働いて身につけたマーケティング力や営業力、交渉力、コミュニケーション能力などを存分に生かすことで、自分の市場価値を高めることができます。

フリーランスということは、自分で案件を探していかなければなりません。自分の持っているスキルや経験を求めているクライアントを見つけてマッチングさせるというマーケティング力、自分を売り込む営業力というのは売り上げに直結します。

また、実際に仕事をもらった後ギャラの交渉をする力、仕事をする上でのクライアントさんとの意思疎通を図るコミュニケーション能力と言ったものも欠かせません。

ITスキル以外のスキルでも、フリーランスエンジニアとして生かせるスキルはたくさんあるのです。

30代フリーランスのメリット

30代は結婚する方も多くなる年代でもあります。自分のパートナーとの時間を作りたい、お子さんがいる場合は子育てを頑張りたい、などという方には、時間の自由が利きやすいフリーランスという勤務形態はとても魅力的です。

また、先にも述べたように、フリーランスエンジニアは正社員よりも年収が高くなりやすいです。お子さんの教育費、家族の生活費など出費が増える30代の方々にとっては特に、大きなメリットなのではないでしょうか。

40代以上でフリーランス転向はリスク大?

40代を超えると、エンジニアとしての経験や社会経験が豊富ですが、体力などの健康面やスキルのアップデートに問題が生じやすくなる年代でもあります。

では実際に40代でフリーランスエンジニアとして活躍するにはどうすればいいのでしょうか。

注意すべき三つのこと

  • スキルアップデート
  • 健康管理
  • 案件数の確保

IT業界は変化するスピードが特に早い業界ですので、その変化に応じて自分のスキルをアップデートし続けなければなりません。体力が持たない、好奇心が薄れるなどでこの点を怠ると仕事が減ってしまいます。

さらに、健康面には特に気をつける必要があります。福利厚生によって支援を受けられる正社員とは異なり、フリーランスは自分が仕事を受けられなくなると、収入が一気に減ってしまうということも十分起こり得ます。

三つ目は、プロジェクトに年齢制限を設けているところがあり、必然的に受けられる案件数が減るという点です。

日頃から食事に気をつけたり適度な運動で体力をつけるなどの徹底した健康管理や、セミナーや勉強会で若者に混じって刺激を受けるなどのスキルアップデートが必須です。また若いうちに人脈を広げて仕事の受け口を広く持っておくということも対策の一つになるでしょう。

40代以上で活躍する人はたくさんいる

上記で述べたように注意すべき点があることは確かですが、40代以上でフリーランスエンジニアとして活躍している人がたくさんいることもまた事実です。

先でも述べたように、フリーランス全体(IT業界に限らない)の中で40代の占める割合は33.0%、50代の占める割合は14.3%と、およそ半数近くが40〜50代で占められています。40〜50代でフリーランスをやるというのは決して無理な話ではないのです。

実際に50代になってもフリーランスエンジニアとして働いている人の声も紹介しておきます

出典:40代からのフリーランスエンジニアのキャリアについて50代のフリーランスに話を聞いてみた | ARMA SEARCH 

この記事からも分かる通り、プログラミンの仕事だけではなく、今までの経験を活かした設計やコンサル系の依頼などを引き受けルことによって案件数を確保することができます。

フリーランスエンジニアの需要

いくらエンジニアのスキルの供給があっても、需要つまりクライアントがいなければ案件を獲得できず稼げなくなってしまいます。

実際フリーランスエンジニアの需要と供給はどうなっているのでしょうか。

エンジニアの人手不足の実態

現在、IT業界では技術者の人材不足が起きており、これからは人材不足が悪化するという予測までされています。

経済産業省が平成 28 年 6 月に公表した「IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査1」 によれば、IT 需要が今後拡大する一方で、我が国の労働人口(特に若年人口)は減少が 見込まれ、IT 人材の需要と供給の差(需給ギャップ)2は、需要が供給を上回り、2030 年には、最大で約 79 万人に拡大する可能性があると試算されている。

出典:ーIT人材供給に関する調査ー

これは経済産業省が2018年に発表した資料の一部ですが、ここからも分かるようにIT人材の需要はすでに供給を上回っており、今後さらに需要と供給の差が広がっていきます。

人材不足がゆえの売り手市場

IT業界にとって、この人材不足というのは全くもっていいことではなく、差し迫った問題であることは確かです。

しかし、現在IT業界でエンジニアとして働いている方々にとってみれば、需要の増加で必然的にエンジニアの市場価値が高まる可能性が高く、今後より案件数を確保しやすくなると予測できます。

まとめ

今回はフリーランスエンジニアと年代の関係性を解説していきました。人手不足が叫ばれる現在のIT業界では、年代の垣根を超えて活躍できる人が増えることが必要なのでは無いでしょうか。

ぜひ、今後のフリーランスへの転向について検討するきっかけとなれば幸いです。

 

 

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ