フリーランスエンジニアには未経験者もなれる?必要なステップを紹介

フリーランスという働きかたが、そのワークライフバランスの良さから注目を集めていますが、中でもエンジニアの人気は高いようです。専門性が高い仕事ですが、実は未経験者でも、フリーエンジニアへの道は開かれています。必要なステップを解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

どんなITエンジニアを目指すのか

ITエンジニアという言葉自体は、IT産業に携わる技術者の総称で、企業に属する場合もフリーランスも存在します。ひとくちにITエンジニアといっても、役割や属性でいくつかに分かれます。代表的なエンジニアの種類と、仕事の内容を紹介します。

システムエンジニア

システムエンジニア、『SE』の仕事は、クライアントが望むシステムの構築に必要な工程の設計図を作ることです。基礎となる部分の設計と、そこから派生する細部に至るまでの全機能の設計が主な仕事です。

また、システムが始動してからのアフターフォロー、メンテナンスも重要です。規模が大きい案件であれば、何人かのシステムエンジニアがプロジェクトリーダーの指揮により、膨大な作業を分担して進めることもあります。

システムは機械という物理的なもののみならず、人や仕事という数値に表しがたいものも含めてサポートをしなければなりません。よってシステムエンジニアには技術だけではなく、コニュニケーション能力やプロデュース能力も求められます。

プログラマー

システムエンジニアが作成した設計書をもとにして、実際にプログラミングをする役目のエンジニアがプログラマーです。

プログラミング言語は100を超えると言われるほどほどたくさんありますが、その時代背景や社会環境に見合う言語のトレンドもまた存在します。だからこそ、プログラマーは時代と社会の流れを覚知する感性が必要となります。

また、システムエンジニアがプログラミングもする場合があります。双方のスキルを持つに越したことはありません。

Webエンジニア

Webエンジニアは、IT企業がネット通販のサイトやWebコンテンツなどのサービスを展開するにあたって、そのWeb上のシステムを構築する役割を担います。

システムエンジニアとしての知識とノウハウも必要なうえに、WebやOSに関する高度な専門知識とスキルが求められます。

セキュリティ対策も重要な項目で、それに関する知識も必要です。重要度の高いプログラミング言語を使いこなす力量と、他の部門のエンジニアとの協業も多いので、幅広い知識とコミュニケーション能力も問われるのです。

フリーエンジニアになるメリットと収入

フリーランスとしてのエンジニアには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。そして気になるその収入は?ここではメリットと収入について見ていくことにします。

フリーランスになるメリット

フリーランスの形態からくる大きいメリットは『時間と場所に拘束されない』ことでしょう。パソコンとネット環境さえあれば仕事が可能になります。

自宅、外出先、移動中の電車内、カフェの中…ありとあらゆる場所がオフィス同然です。子育て中の主婦でも、在宅で子どもの世話をしながらスキマ時間に仕事を進められます。

また、会社勤めであれば気が進まない仕事も、文句を言わずにこなさなければなりません。フリーランスであれば、自分が取り組みたい案件を選択できます。

さらには会社勤めにつきものの通勤時間が不要なので、その分も仕事や他のことに充てられます。また、組織内の人間関係のしがらみやストレスもなければ、望まない付き合いもありません。

フリーエンジニアの気になる収入は

フリーエンジニアの収入が気になるところです。まず、ざっくりいうとフリーエンジニアの年収は600〜1000万円ぐらいです。具体的に知るためには、ワーカーに企業からの業務委託案件を紹介・斡旋するエージェントが紹介する案件の単価から考えましょう。

募集案件の単価は、現場最前線のものでリアルな類推が可能です。これは扱うプログラミング言語によっても、少し差があります。

PHPの案件はほとんどが月額60万円前後かそれ以上です。コンスタントに長期で仕事をしていると仮定したら、年収に置き換えて700~800万円程度だと考えられます。

Javaの場合は7割がた月額70万円前後の単価です。規模が大きい大手企業の案件が多いこともその理由でしょう。年収換算して800万円〜900万円程度になります。

案件が比較的少ないCOBOLの単価は月額50万円前後となっており、年収換算で600~700万円程度でしょう。

未経験者がエンジニアになる方法

未経験者がエンジニアを目指すにはどのような方法があるのでしょうか?想定できるいつくかの方法を紹介します。

自分でスキルを学ぶ

エンジニアとして必要なスキルは、非常に多岐にわたります。未経験者がエンジニアになりたい場合、独学するという考えもあるにはありますが、挫折してしまう人が多いです。

関連書籍や動画といった情報だけでは、なかなか難しいのが現実です。ある程度基礎ができてこそ、そういう情報が生きてくると考えたほうがよいでしょう。以下に、独学よりも有効と考えられる方法を挙げてみます。

スクールに通う

まず、スクールに通うか、オンラインスクールを受講するという選択肢です。経験もあるプロフェッショナルな講師からダイレクトに教えてもらえるので、未経験者でも身につきやすいとともにモチベ―ションも上がりそうです。

スクールで練られたカリキュラムは学習効率を考えてあり、またサポートも受けられるのですので学びやすいでしょう。自分のレベルに合わせて、ステップアップしていけるというのも見逃せません。

会社の研修でスキルを得る

大胆なアイデアとしては、求人で経験不問の会社に応募するという方法もあります。そういう企業は新人に研修をするケースが多く、考えようによってはサラリーをもらいながらスキルを習得できます。もちろん、研修後に実践できて、経験も積めるのです。

大学生であれば、IT関連会社のプログラミング系のアルバイト求人に、進んで応募してみるのも経験のとっかかりになります。アルバイトならさほど高いスキルを求められるわけではないし、プログラミングの実務経験のよい機会です。

未経験でも案件獲得できるのか?

フリーランスエンジニアとして未経験の段階でも、できる案件はあるのでしょうか。実はあるのです。具体的に見ていきましょう。

未経験OKの求人もある

エンジニアは専門性が高い仕事なので経験が求められそうですが、未経験であっても案外求人はあります。

もちろん、初期は経験者に比べれば報酬は少なく、また受けられる案件が少ないのは否めません。HTML/CSSなどのフロントエンドの案件では「コーダー」としての案件も結構あります。地道に経験を積んでいくと、報酬も案件もグレードアップしていきます。

転職希望者にプログラミングを一から学べて、就職の斡旋もしてくれるような養成スクールも最近はあるようです。そういったプログラミングスクールという選択肢も意欲的な未経験者には有効かも知れません。

クラウドソーシングに登録しよう

クラウドソーシングに登録して最大限に活用するのも、確実に仕事を見つける方法のひとつです。未熟であっても、その自分のレベルに見合った案件を探し単価が安くてもきちっと仕事をこなして、信頼を得ることを目指しましょう。

真摯に取り組んでクライアントに信頼されていけば、コンスタントに案件も回ってきます。またクラウドソーシングサイト上の自身のプロフィールに、実績や評価が積み重なると、スカウトの声がかかる日もやって来るでしょう。

フリーランスエンジニア専門業者を利用

フリーランスエンジニア専門のエージェントを利用するのも手堅い方法です。営業をかけたことがない場合や苦手な場合、営業代行のエージェントを活用して、案件を受注することができます。

手数料はかかりますが、自分で営業しなくてもよく、紹介案件に気が進まなければ断っても問題ないのもよい点です。登録しておき、多方面の案件情報にもアンテナを張るのもよい方法です。

多くは月単位でいくらという契約になります。詳細はスキルのレベルや仕事の内容で変わりますが、月に40万円を超える案件が多く、中には70~80万円クラスもあります。キャリアがありスキルが高いエンジニアになると100万円仕事もありえます。

まとめ

人気が集まるフリーランスのエンジニアには、未経験からでも目指していく色々な方法があります。経験がなくてもフリーエンジニアに憧れる人は、基本情報を押さえた上で、ぜひチャレンジをしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ