スキルシートとは。経験とスキルを具体的にまとめよう

フリーランスのエンジニアが仕事を探す際、スキルシートが大きな役割を果たします。スキルシートを通してエンジニアとしての経歴などを相手に伝えることで、新たな仕事の獲得につなげることができるのです。スキルシートの具体的な内容について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

スキルシートとは

一つのプロジェクトを実施するにあたり、採用側はプロジェクト達成のために必要な人員を確保する必要があります。

エンジニアを採用する場合には、スキルシートを見てその人がこれまでどのような業務経験があり、どのようなスキルを持っているのかを確認して、プロジェクトに適切な人材なのかどうかを判断します。

人材採用の場面において、スキルシートの果たす役割は非常に大きいのです。ここでは、スキルシートについて具体的に解説します。

スキルにフォーカスして記載する

スキルシートは、その名のとおり、エンジニアとしてのスキルにフォーカスして中身を記載します。一口にエンジニアのスキルと言っても種類が多く細分化されているため、具体的に伝える必要があるのです。

読み手が自分のスキルレベルをイメージできるように、OSスキルやHTMLスキル、各種プログラミング言語やネットワークスキルなど、自分が持っているスキルを明確に記載しましょう。

履歴書・職務経歴書との違い

履歴書や職務経歴書とスキルシートは、一見似たような形式ですが、その役割は異なります。

履歴書や職務経歴書は、その人がこれまで歩んできた道のりや人となりを表現するものであるのに対し、スキルシートはエンジニアとしてどのような仕事の経験があるのか、具体的なスキルは何を身につけているのかを見極めるものです。

したがって、スキルシートを書く際は、履歴書や職務経歴書との違いを意識しつつ、それらよりも詳細に自分のスキルを記載する必要があります。

スキルシートの重要性

スキルシートは、自分のエンジニアとしての市場価値を表現する大切なツールです。採用側もプロジェクトを進めるにあたって必要な人材を獲得するために、提出されたスキルシートの内容を重視します。

さらに、採用された後もスキルシートの内容をもとに配置を考え、適切な人材を適切な場所に置くように努めるでしょう。

スキルシートは、採用する側にとっても採用される側にとっても重要な役割を果たすのです。ここでは、スキルシートの重要性をさらに詳しく解説します。

給与や待遇に影響する

採用側の企業は、応募者から提出されたスキルシートをもとにその人の実力を見極めます。これまでの実務経験や身につけているスキルが自社に合致するのか、スキルシートに書かれている情報から判断するのです。

採用側が必要とするスキルを持っている人材であれば、当然待遇は良くなり、用意されるポストも高くなるでしょう。スキルシートに書かれている内容が、応募者の給与や待遇に大きく影響するのです。

ミスマッチを防ぐ

応募者側は自らのスキルや経験をスキルシートに記載し、採用側はたくさんのスキルシートの中から業務に必要な人材を探します。もし、記載内容が曖昧であったり不正確であったりすれば、互いの認識にズレが生じてしまうでしょう。

たとえ採用が決まったとしても、業務を円滑に進めることができなくなり、その結果、互いにとって不利益な結果になります。それだけスキルシートは重要な存在なのです。

互いのミスマッチを防ぐためにも、スキルシート作成の際は気を配り、正しい情報を記載する必要があります。

エンジニアがスキルシートに記載する内容

スキルシート作成の際には、採用側がスキルシートを見たときに、その人がプロジェクトにとって必要な人材かどうか正確に判断できるようにすることが大切です。

そのためには、何が記載されているのかが大切な判断材料になります。エンジニアがスキルシートを実際に作成する際、具体的にどのような内容を記載すればよいのでしょうか。

これまで経験してきた業務内容

多くの場合、採用側はスキルシートを通じて即戦力になり得る人材を探しています。そのためには、これまでのエンジニアとしての経験年数はもちろんのこと、実際に携わってきた業務の内容をできる限り具体的に記載しましょう。

プロジェクトの内容、期間、チーム体制や人数、自分の役割などを詳細に記載すると、相手に伝わりやすくなります。

システム環境

採用側は、応募者がこれまでどのようなシステム環境で仕事をしてきたのかにも注目します。

スキルシートには、これまで自分が取り組んだプロジェクトごとに、使用した言語やサーバーOS、ミドルウェアやネットワーク機器など、あらゆるシステム環境を具体的に記載しましょう。

得意スキルと自己PR

スキルシートには、自らを客観的に自己分析した上で、得意なスキルや自己PRを記載しましょう。

これまで経験してきた業務内容や身につけているスキルをただ並べるのではなく、『自分がアピールしたいスキル』を自己分析とともに記載すると、より相手に伝わりやすくなります。

プロジェクトはチームで進めることから、応募者の人間性も重視されます。人となりが伝わる自己PRを作成してスキルシートに盛り込むとよいでしょう。

効果的なスキルシート作成のコツ

スキルシートは、エンジニアがどのようなスキルを身につけているのかを相手に伝えるものす。したがって、スキルシートを作成する際は、伝えるべきポイントを絞ってできる限りわかりやすい形式で作成する必要があります。

ここでは効果的なスキルシート作成のコツを、いくつかみていきましょう。

わかりやすいフォーマットを使う

スキルシートを書く際は、相手がスキルシートの内容を見やすいように意識しながら作成することをおすすめします。なぜなら、採用側は一度に大量のスキルシートに目を通す必要があるからです。

どれだけ素晴らしい内容であっても、読みにくいフォーマットであれば、それだけで評価が下がる可能性も否定できません。また、アピールしたい点も適切に伝わらない可能性があります。

できるだけ分かりやすく、読みやすいフォーマットを使用して、スキルシートを作成しましょう。

ポイントをコンパクトにまとめる

実力があって経験豊富なエンジニアほど、自分の能力をアピールしたいがために、スキルシートにあれもこれもと詰め込む傾向があります。しかし、あまりに詰め込みすぎると、逆に内容が伝わりにくくなる場合があるので注意が必要です。

読み手の立場からすると、ポイントをいくつも書いたスキルシートよりも、ポイントを伝えたいものだけに絞ったスキルシートの方が読みやすく、スキルを具体的に把握できやすくなります。

スキルシートに記載する内容の中で、相手にアピールしたいポイントはできるだけコンパクトにまとめて書くことが大切です。エンジニアには、相手に自分の伝えたいことを効果的に表現できる一定の文章力が求められます。

具体的な数字を書く

スキルシートの内容は、できる限り具体的かつ明確に書くことが大切です。曖昧な表現は相手に伝わりにくく、応募者のスキルを判断することが難しくなる場合があるので避けましょう。

おすすめは、具体的な数字を使って書くことです。自分が関わったプロジェクトの開始年月や終了年月、参画期間などの数字をスキルシートに書くことで、読み手がイメージをつかみやすくなります。

スキルシートは求人に応じて最適化すべき

業種や職種を気にすることなく画一的なスキルシートを提出していては、なかなかアピールポイントが伝わらず、採用まで至らない可能性があるので注意が必要です。

スキルシートは、応募する求人の職種や業務内容に合わせて、臨機応変に最適化させる必要があります。ここでは、その具体的な方法について解説します。

求められるスキルや経験に合わせて修正する

スキルシートを作成するにあたっては、採用する側の企業がどのような業種で、どんなプロジェクトをこれから進めようとしているのかを考慮することが重要です。どのようなスキルを持つ人材を求めているのかを推察し、その内容に合わせてスキルシートを作成する必要があります。

一度作成したスキルシートであっても、できる限りポイントを絞り、相手が求めるスキルや経験に合わせて修正するよう心がけましょう。

アピールポイントを意識

応募する企業やプロジェクトの内容に合わせてアピールポイントを意識するなどして、スキルシートの内容に強弱をつけることが必要です。

特にエンジニアの場合は、即戦力としてプロジェクトに参画できるスキルを有しているのかどうかがポイントになります。

事前に相手の企業情報や開発業務の内容をできるだけ多く入手し、相手の求める人材をイメージしながらスキルシートを作成していきましょう。

求人ごとにマッチする人物像は異なる

スキルシートを作成する際は、応募する求人ごとに記載内容や表現の仕方を変えて複数作成することが大切です。

海外とのやりとりが多い求人であれば語学力をアピールし、人間性を重視する求人であれば自分のパーソナリティーに重点を置いて作成するなど、臨機応変に作成することを心がけましょう。

具体的なスキルや経験してきた業務内容はもちろん大切ですが、求人ごとにマッチする人物像は異なるのです。

まとめ

仕事を探すフリーランス側にとっても、人材を探す企業側にとっても、スキルシートの存在は非常に重要です。適切な内容を記載したスキルシートを作成することで、互いのミスマッチをなくすことができ、その後のプロジェクトを円滑に進行することが可能となります。

逆に、スキルシートの記載内容が曖昧だと、企業側もその人材を判断しかねることから、採用に至る可能性は低くなるでしょう。

スキルシートを作成する場合は、相手の立場に立って丁寧に作成することが大切です。この記事を参考にして、あなたのスキルを的確にアピールできる効果的なスキルシートを作成しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ