フリーランスに30代からなるには。メリット・デメリットを解説

フリーランスとして独立するのに30代は遅すぎるのでしょうか?30代がフリーランス転向に最適な理由や、フリーランスのメリット・デメリット、未経験からフリーランスを目指す方法を解説します。参考にしながら、今後の働き方を検討してみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

30代からのフリーランスがおすすめ

独立しフリーランスになるタイミングとして、30代はよい時期といえるでしょう。なぜ30代からフリーランスになるのがおすすめなのか、解説します。

20代に比べて経験が豊富

30代というと、業界で10年ほど経験を積んだ頃です。仕事も一通りの流れを経験し、身についているでしょう。

また、さまざまなタイプの案件に参画してきた場合には、知らず知らずのうちに順応性も身につけているはずです。同じ業種でも、開発環境・仕事の進め方・ルールは案件ごとに違います。

20代に経験した場数の豊富さによって、フリーランスになってからも、いろいろな案件にスムーズに参画しやすくなるのです。

経験を積んだからこそ、30代はフリーランスとしても活躍できるタイミングといえます。

フリーランスになるメリット

会社員とフリーランスではどのような違いがあるのでしょうか?フリーランスのメリットに着目して、違いを解説します。独立を検討するときの参考にしましょう。

働いた分だけ収入アップに

フリーランスの1番のメリットは、収入アップの可能性があることです。働けばその分報酬が受け取れます。たくさん稼ぎたければ、その分、案件を受ければよいのです。

加えて、スキルや経験がダイレクトに報酬に反映するので、会社員として働いていたときよりも年収が高くなるケースが多いでしょう。

所得税が安くなることで、手取り収入が高くなる可能性もあります。フリーランスの場合、仕事の経費を収入から引いて所得税を計算するので、かかった経費によっては所得税が安くなるのです。

子育て中の女性も活躍できる

会社員と違って自分の時間を自由に作れるフリーランスは、子育て中の女性にもおすすめの働き方です。

子育て中には、子どもに合わせて行動しなければいけないことが増えます。園の行事や突然の体調不良など、時には頻繁に休まなければいけないこともあるのです。

会社員の場合、仕事を調整して周囲に気を使いながら休むことになります。しかしフリーランスなら、自分の采配で時間を作れるのです。

仕事をする時間も自由なので、子どもの昼寝中や夜眠った後・朝起きる前などに集中的に働くこともできます。

子育てや家事に忙しい女性にとって、活躍の幅が広がる働き方といえるでしょう。

フリーランスになるデメリット

フリーランスにはメリットだけでなく、デメリットもあります。始める前にデメリットについて知り、自分に向いている働き方かどうか判断しましょう。

収入に安定性がない

会社員と比べて収入が上がりやすいフリーランスですが、その反面、安定性は下がります。契約解除されるとすぐに収入が0円になってしまうからです。

病気やケガで働けなくなってしまったときも、収入が途絶えてしまいます。会社員のように傷病手当を受けることもできません。

万一のことがあっても対応できるよう、保険や貯金で備えておきましょう。

すべてを自分で行わなければならない

また、営業・経理・庶務など、専門の仕事以外にもすべて自分でしなければいけないのがフリーランスです。そのため、勉強しなければいけないことが多岐に渡ります。

代表的なのは確定申告です。会社員であれば、会社で源泉徴収して自動的に納めてくれる所得税ですが、フリーランスは自分で計算して納税額を申告しなければいけません。

税理士へ委託することもできますが、その場合にも、領収書の整理など基本的なことは日々行わなければいけないのです。

このように、専門の仕事以外のことに専念する時間を、ある程度確保しなければいけない、ということを知っておきましょう。

未経験からフリーランスになる道のりは?

未経験の分野でフリーランスを目指したいと考える30代もいるでしょう。これまでのキャリアと無関係の分野でフリーランスを目指すには、どうすればよいのでしょうか?

まずはスキルや人脈を増やす

まずはスキルを身につけましょう。基礎的な知識や技術を学んだら、クラウドソーシングで難易度の低い案件に応募してみるのもおすすめです。数をこなすことで、実践的なスキルが身につきます。

スキルと同じくらい重要なのが人脈作りです。人脈は仕事につながります。独立して最初のうちは、紹介で仕事をつないでいくことがよくあるのです。

フリーランスは1人で仕事をするもの、という印象が強いですが、横のつながりを持てるようなセミナーやイベントへ積極的に参加するようにしましょう。

異業種交流会や勉強会・同業者の集まる飲み会など、さまざまな場所へ参加することで、人脈が広がっていきます。

フリーエンジニアを目指すならスクールから

未経験からフリーエンジニアを目指すなら、スクールで体系的に学ぶのがおすすめです。独学もできますが、どうしても偏りやクセが出る傾向にあります。長く続けることを考えるなら、スクールがよいでしょう。

スクールで学ぶと、卒業後の就職先を斡旋してくれることがあります。学んだスキルを就職して実践的に使うことで、フリーランスでも仕事ができる実力を養えるのです。

まとめ

30代はフリーランスに挑戦するのによいタイミングでしょう。10年ほど経験し、業界についての知識や、仕事の進め方についても、さまざまな案件に対応できる実力が身についているはずです。

管理職ではなく現場で働きたい・子育てや家事と両立したい、と考えているなら、フリーランスを検討してみるのがおすすめです。メリット・デメリットを考慮しつつ、挑戦してみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ