1. Offers Magazineトップ
  2. プログラミングのバイトは在宅ワークも可能。仕事の特徴を紹介

プログラミングのバイトは在宅ワークも可能。仕事の特徴を紹介

2019-07-31

IT業界では次々に新しいサービスが誕生しており、それらのサービスを制作するプログラマーの存在は非常に重要です。それを受けて、プログラミングを始める人の数も増えているようです。ここでは、特にプログラミングのバイトについて紹介します。

この記事の目次

在宅のプログラミングのバイトとは

プログラミングの仕事は在宅ではできないものと、最初から思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、プログラミングの仕事は在宅ワークでも可能であり、実際に隙間時間を使って在宅のプログラミングのバイトをしている人はたくさんいます。

ここでは、在宅のプログラミングのバイトの仕事内容や特徴について詳しく解説します。

仕事内容

一口にプログラミングのバイトといっても、その内容は多岐に渡ります。システム開発からアプリ開発、ホームページ制作など、企業側から求められるプログラミングの内容はさまざまです。

プログラマーとしてのスキルや経験、さらにプログラマーを募集している企業の業種、自分がやりたい内容によっても、仕事の中身は変わってくることでしょう。

常駐に比べて案件数は少なめ

確かに、プログラミングの在宅バイトの案件は存在しますが、案件数自体は常駐でのプログラミングの仕事に比べると少なめです。

プログラミングという専門的なスキルを必要とする仕事に対し、仕事ぶりを直接確認することができない在宅形式で仕事を発注する企業の数は、それほど多くはありません。

在宅の仕事をするのであれば、これまでのプログラミングの実績を示すなどして、企業側に信頼してもらえるようにアピールする必要があるのです。

未経験の場合、難易度は高い

案件にもよりますが、プログラミングの仕事は高度なスキルが要求されることから、いきなり未経験の人をバイトで雇うことに抵抗を感じる企業は多いでしょう。企業側からすれば、これまで何度か取引がある人や実際に常駐で働いた経験がある人であれば、仕事をお願いしやすいと言えます。

したがって、まったくの未経験の場合、プログラミングのバイトを在宅で行うことは難易度が高いのです。

プログラミングのバイトのメリット

他のアルバイトと比較して、やや参入ハードルが高い在宅でのプログラミングの仕事ですが、メリットも存在します。プログラミングは、開発言語などの専門的な知識や特殊なスキルが必要とされる仕事だからこそ、他のバイトにはない長所があるのです。

ここでは、プログラミングのバイトの具体的なメリットを紹介します。

単価が高め

プログラマーは常に不足しており、今後も不足の流れは続くことが予想されます。誰もがすぐに就ける仕事ではなく、プログラミングといった特別なスキルや知識を身につけた人でないと務まらないからです。

したがって、他のバイトと比べると単価は高めに設定されており、時給2000円以上を提示している企業は数多くあります。

短時間業務も可能

プログラマーに対し、常に仕事に追われて深夜までパソコンに向き合って仕事をしているイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、バイトのプログラマーであれば短時間業務も可能です。

多くの企業では、一つのプロジェクトに対して複数のプログラマーが分業制で仕事を行っており、サポート体制が整っています。学生や主婦、副業で行っている人など、普段忙しい人でも他のことと両立しやすいというメリットがあるのです。

開発経験を積むことができる

プログラミングのバイトをすることで、実際の開発現場でさまざまなシステムの開発経験を積むことができます。

スクールに通って勉強するだけでは決して分からない、ビジネスの現場におけるプログラミングを体験することができるので、プログラマーとしてのスキルアップに繋げることができるでしょう。

バイト探しの方法

自社のサービスを開発できるプログラマーを必要としている企業はたくさんあり、プログラマーのバイトの案件も存在します。その一方で、プログラミングのバイトをしたくても、どうやって見つければいいのか分からずに困っている人もいるかもしれません。

ここでは、プログラミングのバイト探しの方法について紹介します。

求人に応募する

ネットの求人サイトには、プログラミングのバイトの案件が存在します。長期の仕事や短期の仕事、土日のみの勤務など、働き方も自分で選択することが可能です。

仕事の内容によっては高単価の案件もたくさんあり、自分のスキルや経験と照らし合わせながらじっくり探すとよいでしょう。

これからプログラミングのバイトを探すのであれば、できるだけ多くの求人サイトに登録して、自分の希望に合う条件を提示している企業を見つけることをおすすめします。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングにもプログラミングのバイトの案件は登録されていることから、複数のクラウドソーシングサイトを利用して仕事を探すと、希望のバイトを見つけることができるでしょう。

クラウドソーシングの報酬は基本的に安く設定されている傾向がありますが、これからプログラミングのバイトを始める初心者であれば、多くの実務経験を積めるチャンスです。クラウドソーシングを上手に活用して、仕事を探していてはいかがでしょうか。

紹介や営業により獲得する

求人サイトやクラウドソーシングには掲載していなくても、プログラマーを必要としている開発現場はたくさんあります。友人や知り合いでプログラマーの仕事をしている人がいれば、仕事を紹介してもらえるようお願いしてみてもよいでしょう。

また、働いてみたい企業に自ら営業をかけることもおすすめです。さまざまな企業や業種でプログラマーは必要とされているので、気になるところがあれば積極的にアプローチして、良い仕事を獲得しましょう。

プログラミングのバイトに向いているタイプ

専門的なスキルや知識を求められるプログラミングのバイトは、誰でもできる仕事ではありません。適性がなければ仕事自体も長く続かない可能性があります。自身がプログラミングのバイトに向いているのか、正しく見極めるようにしましょう。

ここでは、プログラミングの仕事に向いているタイプを紹介します。

1人での作業が苦にならない

プログラミングの仕事をする時間のほとんどは、1人でパソコンに向かって作業を行います。在宅で行うのであれば、人と直接関わることなくメールや電話でのやりとりのみになるので、より1人での作業時間が多くなるでしょう。

人によっては、1人で仕事をすることに対して精神的なストレスを感じることもあるので、注意が必要です。1人で作業することが苦にならない人であれば、プログラミングに向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション力がある

プログラマーは、仕事の発注者側である企業とメールや電話でやり取りをしながら、プログラミングの仕事を進めていく場面が多いです。迅速かつ正確に仕事を進めるためにも、プログラマーには一定のコミュニケーションスキルが必要になります。

また、チームで仕事を進める場面もあることから、プログラマーは同じ業務に関わっている人とスムーズな連携をとる必要もあります。企業側は、一緒に仕事を進める仲間ときちんと意思疎通ができる人材を求めているのです。

まとめ

今後、人工知能やディープラーニング、IoT機器などのITテクノロジーは、進化の一途を辿ることが予想されます。プログラマーの需要も高まることから、スキルを持った人材はどの業界でも必要とされるでしょう。

プログラマーは、経験や実力次第で仕事の場所を選ばずに高収入を得ることもできる、魅力的な仕事だと言えます。在宅でプログラミングのバイトを探しているのであれば、この記事を参考にして、求人サイトやクラウドソーシングサイトに登録したり、興味のある企業に営業をかけたりすることをおすすめします。

ハイクラスエンジニア・デザイナーの副業・転職マッチングサービス
副業からはじめる新しい転職へ

「freee」の1ヶ月利用無料特典付き!
週1、土日・夜のみなどの条件も!

今すぐはじめる