副業希望のAWSエンジニア必見。働き方や案件獲得方法を紹介

AWSは様々なパブリッククラウドサービスの中で最もシェアの高いサービスです。副業でAWSエンジニアを始めるのであれば、どのような働き方ができるのか、どのようにAWSの案件を獲得すれば良いのかを中心にここでは解説します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】【医療介護DX】テクノロジーの力で現場改革を目指す、DevOps
    時給 4,000円〜5,000円!医療現場の業務効率化を推進
  • 【2位】自社開発PaaS副業ソフトウェア・SREエンジニア
    月間数百億impのログを安定的に処理する独自のプラットフォーム、フルリモート可
  • 【3位】【急成長SaaS企業の基盤構築をお任せ!】インフラエンジニア(AWS)
    大手チェーン店など店舗ビジネスを複数展開されている企業様向けの業務効率化SaaS
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    AWSの現在と今後の展望について

    AWSとはAmazon Web Services の略称です。このAWSが提供しているサービスがパブリッククラウドサービスになります。AWSは今後どのようになることが予測されるサービスなのか、そもそもこのパブリッククラウドを含め、クラウドサービス市場はどのように伸びているのかは副業を始めるか決める上で重要なです。ここではその2点について解説します。

    クラウドサービス市場は今後も上昇が見込まれる

    クラウド市場は今後も上昇が見込まれております。ICT専門でリサーチ・コンサルティング業務を行うMM総研の発表しているデータによればクラウド市場は2018年度で2兆円を超え、2021年度には3兆5000億円以上になると想定しています。

    これは今後20%ほどの市場成長率をクラウドサービス市場が維持するという仮定のもの算出された計算です。実際にどうなるか明言することはできませんが、多くの専門家は今後クラウドサービス市場がさらに拡大すると予想しています。

    クラウドサービス市場を牽引するAWS

    そのクラウドサービス市場を牽引しているのがAWSです。同じくMM総研の調査によれば、パブリッククラウド部門でAWSは30%以上のシェアを獲得し、国内市場におけるシェア1位となっております。

    マイクロソフトや、グーグル、富士通など様々な大企業が提供するパブリッククラウドの中で1位を獲得しておりこの状況は今後も続きます。このような状況であるため、AWSエンジニアの需要は今後とも増加するでしょう。

    インフラエンジニアとして本業以外でも活躍したい方、収入を増やしたい方は早速、当メディアを運営するOffersに登録して依頼を受け取ってみませんか?

    SNS連携で簡単に登録が完了して、インフラエンジニアとして良い案件とマッチングが可能です!

    AWSエンジニアの技術と収入

    AWSエンジニアにはどのような技術が必要とされ、どの程度の収入を手にすることができるのでしょうか。この技術に関連する点なども取り上げながら解説します。

    AWSエンジニアに必要とされる知識

    AWSエンジニアにとって必須とされる知識が、インフラ、ミドルウェア、DevOpsツール、AWSなどのサービスです。

    インフラに関する知識を幅広く理解しなければ、負荷が非常にかかる設計になることや、脆弱なセキュリティーにより今後様々な問題を引き起こすことになるでしょう。開発から運用まですべてのAWSで携わる業務をスムーズに行うためにインフラの理解は必須です。

    Appache やIISといったWebサーバーに関するミドルウェアやLinux などのOSに関する知識もAWSには必要となります。開発から運用までこなすAWSエンジニアだからこそ、連携をとりながら開発を行う上で重要なDevOpsツールに関しても知っておくべきです。高品質なシステム開発を実現するためにもCI(継続的インテグレーション)の活用も重要になるでしょう。

    そしてもちろんのことながら、AWSのサービス自体についても十分な理解をしなければなりません。AWSのサービスの種類はすでに100を超えております。AIなどの新たな分野の登場に伴いサービスも日々変化、追加していくでしょう。AWSに関する情報をキャッチアップすることに注意しましょう。

    AWSエンジニアの収入

    AWSエンジニアの年収は経験と案件の規模によって大きく異なります。数多くの案件で経験年数3年以上が必須条件となっていることを踏まえ、経験年数3年だと年収約600万円程度だと推測できます。

    数は少ないですが、必須条件が5年以上の開発経験だと、1000万円程の年収を獲得できるものが目立ちます。分野ごとに考えると、近年需要が高まっているデータ分析にかかわる案件が高単価です。

    AWSエンジニアの副業案件

    AWSエンジニアの副業案件の注意事項、業務内容はどのようになっているでしょうか。その理由に関しても詳しく取り上げながら解説します。

    未経験向けの案件はほぼない

    AWSエンジニアの案件の多くは経験者向けまた3年以上の経験を持つAWSエンジニア向けになっております。AWSを含めた、インフラ系エンジニアのフリーランス・副業向け案件では即戦力が求められています。なので、副業で案件をこなす前に本業である程度の経験を積むべきしょう。

    仕事の種類は大きく分けて4つ

    仕事の種類は開発、設計、構築、運用の4つです。このうちのいくつかの分野を跨いで行うことが基本的です。クラウド以前のインフラ系エンジニアでも同じ業務取り組んでいました。

    しかしながら、クラウドの普及に伴い構築、運用の業務は大幅に減少しました。クラウドによって、企業、個人とはずITサービスを手軽に調達でき、運用することができます。そのため、近年では、クラウドが普及する前まで上流といわれてきた開発、設計の案件が多いです。

    週3日以上の常駐を求める案件が目立つ

    多くの案件では週3日以上の常駐を求めています。AWSエンジニアなどのインフラ系エンジニアはクライアントと積極的なコミュニケーションを求められています。

    それが影響し、週2日以下、リモートでの案件はほとんどありません。ただ、AWSエンジニアの副業向け案件でも、フレックスタイム制や土日出勤など多様な働き方を導入している企業は存在します。これらの働き方を活用しあなたに合った働き方を実現してみましょう。

    今後活躍の幅を広げるには

    AWSエンジニアは今後も活躍することが予想されます。ではあなた自身がAWSエンジニアとして今後の活躍の幅を広げるにはどのようにすれば良いでしょうか。

    インフラ系の専門的なスキルの獲得

    クライアントが求める要件を満たすためにも、インフラ系の専門的なスキルを獲得することや情報のキャッチアップに日々注意すべきです。そして、そのそれらのスキル、情報ををクライアントに伝えた上で、どのように使い、どのような効果があるのかわかりやすく説明しましょう。

    クライアントと積極的なコミュニケーションをとりつつ、あなたのスキルと情報を生かし、より案件をこなしてみてください。

    やりたい分野に沿った言語の習得

    AWSを活用したインフラに関する案件でもAIや、FinTech 、ストリーミングなど生み出されるプロダクトは様々です。企業によってはAWSエンジニアとしてだけではなく、そのプロダクトの企画にかかわることを求められることもあります。

    あなたがもし、このような分野に興味を持っているのであれば、やりたい分野に必要とされるスキルを習得すると良いでしょう。

    AWSの今後にも注目

    AWSので提供されるサービスは増加しつつあります。そして、同じように、AWSエンジニアに求められる知識も増加しています。

    例えば、分析ツールとの連携を軽減させるAWS Lake Formationや機械学習において手動の解析による時間を大幅に短縮することを可能にしたAmazon QuickSightなど分析に関してのみでも多くのサービスが追加されています。AWSの今後の動向に注目しましょう。

    まとめ

    クラウドサービスは今後もさらなる拡大が予想される言語です。その中でも最もシェアの高いAWSの需要も増加するでしょう。AWSで副業に挑戦して是非、充実した生活を送ってください。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織