DevOpsに便利なAWSのサービス。内容や利点のまとめ

2006年、企業を対象にしたIT インフラストラクチャサービス『アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)』が開始されました。今回は今後の運用の参考となるよう、DevOpsとAWSの関係性や、AWSを使用するメリット、資格などについて詳しく解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

DevOpsとAWS

まずは『DevOps』の原点を紐解き、その後AWSとの関係性について解説します。二者の関係性を正しく理解し運用に用いることで、より迅速に、信頼性の高い方法で構築することが可能です。

DevOpsとは

そもそもDevOpsとは何なのでしょうか。端的に言えば、DevOpsとは『対立関係に置かれることが多い開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)が協調し合う取り組み』のことです。

開発チームと運用チームが協力体制を取って開発・運用したソフトウェアがビジネスの価値を高め、その価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーへ継続的に届けられるのです

DevOps実現にAWSを利用するメリット

DevOpsに欠かせないのが、システム開発を支援するツールです。いくつものサービスがセットで提供されているため、いくつものツールを併用するよりも便利です。

AWSは、DevOpsの運営をより早く、そして信頼性の高い方法で構築してくれるツールのひとつなのです。

AWS CodePipelineなどの主なサービス内容

AWSでは、アプリケーションとインフラストラクチャを短時間で正確にアップデートできる『AWS CodePipeline』をはじめとし、コードのビルドとテストができる『AWS CodeBuild』や、新しい機能をすばやく簡単にリリースできる『AWS CodeDeploy』などのツールを使用できます。

AWS Lambdaについて知ろう

AWS上でよく見かけるサービスが『Lambda』(ラムダ)です。具体的にどのようなサービスなのかを確認し、有効活用しましょう。

AWS Lambdaのメリット

AWS Lambdaはプログラムの実行環境を提供するサービスで、大きなメリットは、サーバーレスになることです。Lambdaプログラムを実行することで、サーバが不要になり、サーバー運用管理がいらなくなります。

料金の面でもLambdaは優れていると言えるでしょう。従来のサービスとは異なり、Lambdaは処理が動いた時間だけ課金されるので、コストも削減しやすくなりますよ。

AWS Lambdaで可能なこと

Lambdaを導入することで、ストリーム処理やファイル処理をリアルタイムで行うことが可能になるほか、テーブル内のデータの抽出、変換をし、変換されたデータを別のサーバへロードできます。

ほかにも多くのユースケースがあるので、自分たちのニーズに合わせた機能を活用できますよ。

汎用性も柔軟性も高いLambdaを活用してサーバレスにすれば、クラウドのメリットを最大限に享受できるようになるのです。

AWS認定DevOpsエンジニア–プロフェッショナルについて

AWSには『DevOpsエンジニア–プロフェッショナル』という認定資格が存在します。ここからは、AWSの認定資格についての概要や各種試験内容について紹介です。

転職の際やフリーで活動するときにエンジニアがスキルを証明するために使用できますし、雇用する側が募集条件として使うのにも役立ちます。

資格の概要

DevOpsエンジニア–プロフェッショナルとは、AWSについての知見を問う、AWS公認の資格試験です。ベーシック』『アソシエイト』『プロフェッショナル』の3種類に分けられています。

AWSの認定資格は様々な種類と難易度があるので、そこから自身が必要とする分野を選択して選択して取得を検討してくことが必要です

DevOpsエンジニア–プロフェッショナルを取得していれば、エンジニアとして高い知識を持っている証明になります。AWSの開発・運用のスムーズ化やコスト・リスクの削減に加えて、高い単価で仕事を得ることもできます。

必要なスキルや経験

DevOpsエンジニア–プロフェッショナルは、初心者向けの資格ではありません。受験には、AWS 環境のプロビジョニング、運用、および管理に関する 2年以上の経験が要されます。

高水準プログラミング言語でのコード開発・インフラストラクチャの構築・オペレーティングシステムの管理の経験も必要です。 また、知識として最新の開発手法や運用プロセスも把握しておくことを求められます。

まとめ

このように、DevOpsとは、より早くビジネスの価値を高めてくれる開発手法です。その効果をより高く発揮してくれるのが、AWSといえます。

現在でも高いパフォーマンスを発揮しているAWSですが、今後は今以上にサービスを発展させることに期待できるでしょう。これからAWSを使用する予定がある、もしくは今も使用しているが効率的な運用を知りたい人は、ぜひ一度AWS認定資格に挑戦してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ