副業でJavaScript を生かすなら。仕事内容や注意点を紹介

JavaScript はフロントエンドに欠かせないプログラミング言語です。スマホの登場、Webサービスの増加により、需要は拡大しています。副業でJavaScriptを使う際、できる仕事内容や報酬また何に注意すべきかについて解説します。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

JavaScript の将来性

JavaScriptは1995年にリリースされている歴史の長い言語です。JavaScriptの需要は今後どうなることが予測されるか、その理由について解説します。

右肩上がりのJavaScript の需要

JavaScript は歴史の長い言語ですが、今もその需要は増加しています。これはWeb サイトだけでなく、アプリでもJavaScriptが採用されていることが影響しているでしょう。

Facebook によって開発されたフレームワークである「React Native」によってJavaScriptiOSAndroid 両方のアプリケーションで活用可能になりました。Web サービスだけではなく、アプリにも採用されるようになり需要を拡大したと考えられます。どのフリーランス・副業向けのサイトでも案件数で上位に食い込んでおり、本業だけでなく副業も始めやすい言語です。

JavaScript の高い汎用性

ほかの言語の比べてJavaScriptは汎用性が高い言語です。元々、HTMLCSSのようにフロントエンドにのみ関わる言語でしたが、Node.js の登場によってサーバーサイドでも利用することが可能になりました。

YahooやLinkedInなどの企業もこのNode.js を採用し、サーバーサイドでJavaScriptを実行しています。サーバーサイドからフロントエンドまで幅広く利用することができるのはJavaScriptの魅力の1つです。

フロントエンドエンジニアとして本業以外でも活躍したい方、収入を増やしたい方は早速、当メディアを運営するOffersに登録して依頼を受け取ってみませんか?

既に多くのフロントエンドエンジニアの方がマッチングしています!

JavaScriptでできる副業の仕事内容とは?

JavaScriptはウェブサイトやアプリなど多岐にわたる分野で採用されています。副業の場合はJavaScriptでどのような案件ができるのでしょうか。

\ エンジニア/デザイナーのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで副業を始めませんか?

Javaの案件一覧

JavaScriptの案件一覧

JavaScript とプラスαのスキルが必要

JavaScript の案件では、JavaScriptだけでなくプラスαのスキルが必要になります。例えば、フロントエンドの開発に関わる場合であればJavaScriptだけでなくCSSHTML、サーバーサイドであればフレームワークのNode.jsやLAMPに関する知識が必要となります。

JavaScriptでできる案件の種類が幅広い分、その中でもどんな案件を獲得したいのか明確にした上で関連するスキルを身に着ける必要があるでしょう。本業がエンジニアでない方の場合は特にこの点に気を付けるべきです。

Webサイトのフロントエンド開発

最も案件として多いのはWebサイトのフロントエンド開発です。Webサイトにおいて、HTMLCSSだけではできない動的コンテンツを生み出す上でJavaScriptは活用されています。

週2日~3日稼働などの条件で副業も可能な案件が多いです。しかし、業務上、必要となるスキルに加え、JavaScriptでの3年以上の開発経験を求められる案件が目立ちます。なので、本業などである程度経験を積んだ方が案件を獲得しやすいでしょう。

スマホアプリの開発

次に多い案件がスマホアプリの開発です。JavaScriptiOSAndroid どちらのOSでもフレームワークを利用することで関係なく実行できる言語です。フロントエンドで動的コンテンツの魅力を発揮しつつ使うことが可能でしょう。サーバーサイドでもNode.js を使い活用することが可能です。処理速度が早いためゲームアプリなどに向いています。

経験・スキルで大きく異なる報酬

JavaScriptの案件であっても、求められるスキルや経験によって報酬は大きくことなります。具体的に経験年数、スキルに仮定を立ててどの程度の報酬が予想されるか解説します。

フリーランスの案件単価の相場は70万円/月

参考までにフリーランスの案件単価についてご紹介します。案件掲載サイトによると、JavaScriptの月単価の相場は平均で70万円になります。相場に関してはあくまで目安であり、個人の経験やスキル、働く日数によって変動します。

出典:JavaScriptの求人・案件募集

マネジメントスキル経験も報酬を左右する

リーダーシップを持って作業を行えるかどうかは報酬にも深く関わっています。フロントエンドのスキル、サーバーサイドのスキルなど、案件に関する様々なスキルを獲得することは重要です。

しかし、フロントやサ―バーサイドに関する豊富なスキルを持っているのであれば、副業でもプロジェクトマネージャーとしての参加を求められる高報酬の案件はあります。小規模でもプロジェクトリーダーを本業で経験すれば、副業の幅を広げることも可能でしょう。

JavaScript を使うならここに注意

JavaScriptを実際に使い案件を獲得する上では何をすべきでしょうか。ここでは、副業だからこそ問題になりやすい、アップデートの注意点について解説します。

アップデートへの十分な対応

JavaScriptはほかの言語に比べてアップデートの多い傾向にあります。最新の機能を積極的に取り入れているのはJavaScriptの魅力です。

しかし、頻繁に行われるアップデートの理解、それに対応するテストの実施は案件をこなす上で負担になるでしょう。JavaScriptの学習コストはさほどかからず他の言語と類似している点も多いです。

しかし、これらに加え、頻繁に行われるアップデートが不安となるかもしれません。受注先によっては、開発経験で条件を満たしていたとしても、ブランクがあるため採用されないこともあります。アップデートへの十分な対応に気を付けましょう。

まとめ

副業でJavaScriptを活かす際、どんな仕事をできるのか、何を注意すべきなのかについて解説しました。JavaScriptは案件数も多くできる分野も幅広いため様々な働き方のしやすいプログラミング言語です。ぜひ、あなたに合った案件を見つけてチャレンジしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ