フリーランスとしてJavaScriptを使いたい。求められるスキルとは

自分の持っているスキルや経験を活かして、フリーランスになることを検討している方もいるのではないでしょうか。今回はフリーランスとしてJavaScriptを使うときに求められるスキルや報酬などを詳しく説明していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→かんたんプロフィール入力でアマギフ5,000円分が当たる! かんたん60秒でキャンペーンに参加する

JavaScriptのフリーランスの案件の特徴

まずフリーランスとしてJavaScriptの案件を探す前に、どのような案件があるのか特徴を把握しておく必要があります。特徴を把握することで、経験やスキルから案件が自分に合うかどうか正確な判断をすることが可能です。

単価だけで選んだりすると、あとで失敗に繋がる可能性があります。ここではJavaScriptのフリーランスの案件の特徴を紹介します。

\ エンジニア/デザイナーのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで副業を始めませんか?

Javaの案件一覧

JavaScriptの案件一覧

動きを付けるものからウェブアプリ開発まで様々

JavaScriptの案件はウェブサイトに動きをつける程度のものから本格的なウェブアプリ開発まで様々です。またNode.jsの登場により、サーバーサイドの開発もできるためウェブ開発全般で使用されています。他にも高度なユーザーインタフェースやユーザーエクスペリエンスを実現するための案件ではJavaScriptは必要となります。

周辺領域との組み合わせ需要が強い

JavaScriptの案件は、フロントエンドの周辺領域の知識や経験があると案件の選択肢が増える傾向があります。例えばHTMLCSSなどの知識や、サーバー環境を整えるインフラ領域への経験があるといいでしょう。JavaScriptは汎用性が高く、組み合わせ需要が強いです。そのため「JavaScriptのスキルや経験を活かして応用できる案件はあるか?」という視点を持って案件を探してみるといいでしょう。

JavaScriptのフリーランスの単価はどのくらいか

フリーランスとして働くときは、どのくらいの報酬を得られるのか単価をしっかり把握しておく必要があります。自分のスキルや経験に見合っていない低い単価の案件を選んでしまうと、仕事のモチベーションも下がってしまうので大切なポイントです。ここではJavaScriptのフリーランスの単価はどのくらいかについて詳しく説明していきます。

単価の相場は70万円

案件掲載サイトによると、JavaScriptの月単価の相場は平均で70万円になります。相場に関してはあくまで目安であり、個人の経験やスキル、働く日数によって変動します。JavaScriptは人気のプログラミング言語で習得する人が多く、少し単価が低い傾向があります。高い単価を希望するならJavaScript単体で案件を探すのではなく、JavaScriptを含めて幅広く案件を見てみるといいでしょう。

出典:JavaScriptの求人・案件募集|レバテック フリーランス

JavaScriptのフリーランスに求められるスキル・経験

フリーランスとして仕事を探すときに、案件の詳細には求めるスキルや経験が記載されています。その条件を満たすことで案件に参画することが可能です。JavaScriptのフリーランスに求められるスキル・経験について具体的に見ていきましょう。

必須要件の例

旅行予約サイトのようなユーザーインタフェースを実装する案件の場合は、JavaScriptのライブラリ利用経験やCSS、レスポンシブウェブデザインの経験など幅広いスキルや経験が必須となります。またJavaScriptを使ってフリーランスとして活動する場合は「技術」「コミュニケーション能力」の2つの能力が必要です。

技術に関しては、ITの技術は進化のスピードが早く、新しい技術が次々と生まれます。そのため常に向上心を持って、日々勉強する姿勢が求められるでしょう。最新の情報や知識を仕入れるためにも周りとのコミュニケーションは重要になります。また案件に参画するときには、企業が求めていることを正確に把握して仕事をする必要があります。その際にもコミュニケーション能力は必要となるでしょう。

歓迎要件の例

JavaScriptを使ってフリーランスとして活動する場合は、サーバー関連の知識があると歓迎されることが多い傾向にあります。例えば、SQLのパフォーマンスチューニングの経験やGo言語の実務経験などが挙げられます。

他にも案件と似たサービスを過去に開発した経験があるかどうかも大切です。例えばECサイトをつくる案件であれば、過去に似たようなサービスを開発した経験がある場合はそのスキルや経験は歓迎されるでしょう。

JavaScriptのフリーランスの報酬を引き上げるには

JavaScriptのフリーランスの報酬はRubySwiftといった言語とは比べると、案件の単価は低い傾向があります。そのためJavaScriptのフリーランスとして報酬を上げていくためには、自ら積極的に学んだり、経験を積んだりする必要があります。ここでは報酬を上げるためにすべきことを3つ紹介します。

デザインの経験を積む

JavaScriptはフロントエンドの領域でも使われることが多いです。そのためデザインの経験を積んでおくとそのスキルや経験が活かされて報酬が高い案件に参加できる可能性が高まります。デザインの経験を積む方法は、一度企業で数年働いて実務経験を積むことや、独学で学んでフリーランスのデザイナーとして経験を積むことがいいでしょう。

Railsも学んでフルスタックに

3つ目のJavaScriptのフリーランスとして報酬を上げる方法はフルスタックを目指すことです。フルスタックとは1つのスキルではなく、複数のスキルを持っていることを言います。フルスタックになるためのスキルとしておすすめなのがRuby on Railsです。

Railsは主にベンチャー企業に人気のスキルで、需要が高まっています。RailsはオンラインゲームやSNSなどのマッチングサービスなど幅広い場面で利用されています。開発にかかるコストをできる限り削減したい企業は、Railsを学んでいてフルスタックに活動できる人材を求めるでしょう。またRailsを学んでおくと、案件の幅も広がり、仕事が見つからないというリスクも回避することができます。

まとめ

JavaScriptの求人の案件数は今後も上昇していくとの見方が強めです。単純なウェブサイトからECサイト、複雑なWebサービスなど活躍の場は多岐に渡ります。多くの現場で経験を積むことで、アピールできるポイントを増やしていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

かんたんプロフィール入力でアマギフ5,000円分が当たる!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ