フリーランス向けおすすめサービス。面倒な作業を軽減し仕事を効率化

最近は会社員でも副業を持つ人や、完全にフリーランスで働く人も増え、働き方も多様になりました。それに伴い、フリーランスの為の様々なツールやサービスが開発されています。今回はそんな中でも特におすすめのサービスを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

知っておきたいフリーランスの苦労

フリーランスときくと、好きな時に休み、好きな時に働くという自由な印象を抱く人が多いでしょう。言葉だけだと非常に魅力的ですが、フリーランスにはフリーランスなりの苦労があります。

そこでまずはフリーランスになるということはどういうことなのか、その現実を見ていきましょう。

仕事を見つけ出す苦労

会社に勤めていた時には、仕事があるのが当たり前だった人も多いのではないでしょうか。ですがフリーランスになったらそうはいきません。仕事はすべて自分で探し獲得していくものなのです。

同業者のライバルもいる中で、仕事を見つけるというのは並大抵のことではないと認識する必要があります。

全ての事務作業を自分でこなす苦労

会社員は、税務処理などの事務作業は自分で行う必要がなく、会社の経理担当の人に任せていたと思います。

フリーランスになれば、収入から税金の管理まで、すべて自分で行う必要があります。そのため会社員時代にはあまり意識することがなかった、確定申告などの知識が必要になるのです。

これら以外にも、クレジットの審査に落ちてしまう場合があることや、絶えずスキルアップし続けなければならない点などもフリーランスが苦労するところと言えるでしょう。

会社員時代と比べて緊張を強いられる場面が増える可能性があります。

フリーランス初心者におすすめのサービス

ここからは、これからフリーランスを始めようとしている人のために、おすすめのサービスを紹介します。

最適な案件を紹介してくれるエージェント

昔はフリーランスが仕事を探す方法と言えば自ら営業をかけることだったのですが、最近ではネットでフリーランスエージェントなどに登録し、エージェントの仲介で仕事の契約をする方法が一般的になっています。

フリーランスエージェントは、エンジニアやデザイナーなどの高いスキルを持った人を対象としていることが多く、条件の良い案件を見つけやすいのが特徴です。

エージェントを介して仕事を紹介された場合は、仲介料を収入から差し引かれます。様々な企業が存在しているので、どこに登録するか慎重に考えて決めましょう。

仕事を見つけやすいクラウドソーシングサイト

フリーランスが仕事を探す方法は、エージェントだけではなく、クラウドソーシングサイトで探す方法もあります。クラウドソーシングサイトの場合は、特別なスキルを必要としない案件や、初心者でもできる案件もあるため、主婦などにも人気となっています。

ただクラウドソーシングの場合は、エージェントと違い、単価の低い案件が多く、生計を立てるほどの収入を得ることは難しいかもしれません。

海外の案件を探せるサイトもある

実は最近では、海外の企業を紹介してくれるサイトもあります。英語に自信がある人は挑戦してみる価値があるかもしれません。

海外の案件には、プログラマーなどのエンジニアの仕事を紹介や、ロゴ制作やマーケティングなど、多岐に渡っています。

パートナー探しにビジネスマッチングサイト

ビジネスマッチングサイトでも、仕事を依頼する人と仕事を受注する人が登録し、盛んに取引がされています。これだけを聞くとクラウドソーシングサイトに似ていますが、決定的に違うのは、クラウドソーシングサイトよりももっと限定的に、特定の事業をしている人を探すことが出来るということです。

このサイトでは、仕事を探すというよりは、一緒に働くパートナー、取引先を探す、という性質が強いのが特徴となっています。

仕事の効率アップにつながるサービス

先ほどまでは、仕事を探すためのサイトを見てきましたが、ここからは契約した仕事を効率よく進めるために登録しておくと便利なサービスを紹介します。

面倒な事務作業を軽減

事務作業は、フリーランスにとって絶対に必要な業務ですが、中にはこの作業に苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?

そんな方には、クラウド会計ソフトをおすすめします。クラウド会計ソフトは、見積書、領収書、請求書などの文書類の作成から、確定申告や契約書の作成と言った、正式な書類の作成もスムーズに行えます。

クラウドシステム上で動くソフトですので、請求書を作ったらメールですぐに取引先に送ったり、電子決済を使った支払いにも対応している優れものです。

ちなみにクラウド会計ソフトと言えば、『freee』や『MFクラウド確定申告』などが有名です。

特に『MFクラウド確定申告』では、クレジットカード決済に対応している請求書を発行することも出来るので、取引先との金銭取引はクレジットで行いたい、という方におすすめです。

出典:Fincy |【2019年最新版】おすすめの人気クラウド会計ソフト3選を徹底比較!

コワーキングスペースを利用するメリット

フリーランスは、仕事の場所を選ばず、好きなところで好きなタイミングで仕事を行えるという魅力がありますが、その反面プライベートと仕事の区別をうまくつけることが出来ず、仕事のモチベーションを保つのが難しいという側面もあります。

そこでおすすめするのが、コワーキングスペースです。最近首都圏を中心に増加しているコワーキングスペースですが、ここに登録することによって、仕事に集中できる環境を整えることが出来ます。また同業者も多く利用しているので、仲間を見つけることもできるかもしれません。

コワーキングスペースは有料ですが、場所によってはコーヒーや軽食を自由に食べたりすることも出来るので、まる1日そこで過ごしながら、仕事に勤しむことができるでしょう。

また定期的に、フリーランスの為のセミナーなどを開催しているコワーキングスペースもあり、仕事を続けるための知識を得るという意味では理想的な環境と言えるでしょう。

フリーランスで働く際に活用したいサービス

フリーランスでの仕事効率アップに役立つサービスを紹介しましたが、その他にも便利なサービスがあります。状況に応じて、利用しましょう。

ビジネス口座はネットバンクが便利

もしビジネス専用の口座を開設したいと考えているなら、ネットバンクがおすすめです。

ネットバンクをおすすめする理由は、やはり振込手数料の安さでしょう。振込手数料の金額は、銀行によって違いがありますが、一般的にネットバンクの方が安い傾向にあります。

何かと金銭の取引が多くなるフリーランスの場合は、振込手数料は安く抑えるに越したことはありません。ネットバンクの場合は、24時間利用できるというメリットもあります。

メリットが多いモバイル決済サービス

モバイル決済サービスとは、スマホなどの端末にカードリーダーを差し込むだけで決済ができるサービスです。

このサービスをフリーランスにおすすめする理由は、『支払いの選択肢が増える』ということです。報酬の支払い方法が現金のみである場合と、クレジットでも支払えるようにしている場合では、クライアントが支払い方法を選ぶ際に選択肢が広がることで、契約が取りやすくなる可能性があるということです。

また『不渡りを防ぐ』という効果もあります。初めてのクライアントの場合は、本当に報酬が支払われるのか、不安になることもあると思います。そんな時にクレジット決済にしておくと、クレジットで支払われるので、安心です。

コミュニケーションツール

フリーランスにとって、取引先との円滑なコミュニケーションは非常に重要です。そんなコミュニケーションをサポートしてくれるツールも現在は多く存在しています。

国産のチャットツールで有名なのは、『Chatwork』です。このサービスは気軽なメッセージからファイルまで送れるので、便利なツールです。また完全に日本語で対応しているというのも魅力です。

また最近使う人が増えているツールと言えば『Slack』です。このツールの場合は、まず『チーム』を作るのが特徴で、慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、様々なアプリとの連携もあり、利用の幅も広いのが特徴です。

まとめ

フリーランスで生計を立てるには、いろいろな困難が立ちはだかりますが、今回紹介したサービスを上手に活用すれば、困難な道も拓けることでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ