エンジニアが副業する時に請求したい時給目安。単価のポイント

エンジニアとして副業を検討する場合、時給の目安がどのくらいになるのかを知っておくことで、月給のめどを立てやすくなるでしょう。業務内容ごとの時給単価相場や、エンジニアが副業を始める場合に注意すべきポイントなどを解説します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】GCP、TypeScript、ReactによるSaaSソフトウェアエンジニア
    週10~40時間、業務委託からスタートもOK!ITサービスの導入支援を効率化!
  • 【2位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいフロントエンジニア
    AWS、Amplify、React、Next.jsなどを利用したシステム開発、週5時間~リモートOK!
  • 【3位】 DX関連の新規事業立ち上げに参画したいWebフロントエンジニア
    数万店以上の飲食店の受発注データを管理、展開するためのB向けSaaSに携わる!
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    エンジニアの時給目安

    プログラミングなどエンジニア向けの副業案件では、成果報酬型と時間単価型の2タイプで報酬に関する条件提示が行われています。

    成果報酬型の場合は、固定報酬を作業時間で割れば時給が算出でき、時間単価型の場合は時給がそのまま提示されます。内容やスキルレベルが同等であれば、どちらも同じような時給になるでしょう。

    スタート時の時給

    ビギナーのエンジニアなら、スタート時の時給相場は1,300円前後です。決して高単価ではありませんが、一般的なアルバイトなどに比べれば高めだといえるでしょう。

    エンジニアとして駆け出しの時期は、作業に時間が掛かる上、自分だけで問題の解決を図ることも困難な場合が多いため、どうしても時給は低くなってしまいます。

    また、クライアントとの信頼関係も十分に築けていないことから、高いスキルを身に付けている状態であったとしても、スタート時の時給は低めであることがほとんどです。

    経験を積めば単価アップ

    経験を重ねていけば、徐々に単価は上がっていきます。時給2,500円前後で仕事ができるようになって来ます。

    フロントエンド・バックエンドの業務経験が3-5年を超えた頃には、3,500~5,000円程度の時給まで単価をアップできる可能性があります。人手不足の現状を考えれば、エンジニアとして適正な時給単価です。

    昨今のIT業界は、慢性的な人材不足にあるといわれており、新規で受注する案件でも、自分のスキルを資格や実績などで証明できれば、最初から3,500~5,000円程度の時給でスタートすることも可能です。

    時給が3,000円を超えてくれば、副業でもまとまった収入が期待できます。やりがいを感じられる仕事として、さらに業務の励みとなるでしょう。

    主な業務内容別の単価目安

    エンジニアが副業で行える案件の内容には、スキルや得意な開発言語、クライアントの業務形態により複数の種類があります。主な業務内容ごとに、時給単価の目安を確認しておきましょう。

    ネットプログラムの作成

    エンジニア向けの案件には、データを販売ページへアップロードするなど、ネットビジネスにおいて必要なプログラムを作成する業務があります。

    プログラミング言語を使用し、バッチファイルを作成して納品するといったようなケースが多いでしょう。

    1案件当たり2~5万円が相場ですが、完成したプログラムだけでなく、設計からテストまでドキュメントファイルとしてまとめ、併せて納品を求められることがほとんどです。

    報酬額はあらかじめ決まっているので、作業時間が掛かるほど時給が下がり、数百円程度になってしまうことも考えられます。作業内容をしっかりと確認した上で応募するようにしましょう。

    単独プログラムの作成

    募集されている案件の中には、クライアントが進めているプロジェクトと切り離された、画像判別処理システムなど、単独のプログラミング案件もあります。

    クライアントや作業内容などにより異なりますが、成果物の単価相場は1本あたり2~10万円となっています。

    単独プログラム案件の場合は、依頼時に完成形の仕様がはっきりと提示されないことがほとんどです。仮で仕上げたものに対して、クライアント側からの指示で変更を加えていくことになるでしょう。

    クライアントに納得してもらえなければ、より時間を割くことになり、自給が1,000円を割り込む可能性もあります。募集内容をしっかりとチェックし、クライアント側と事前に打ち合わせておくことが重要です。

    ランディングページ作成

    HTMLコーディングなどを求められるランディングページの作成業務も、エンジニア向けの仕事として多く見られる案件です。

    大半はページごとの報酬単価が提示されます。時給換算で1,000~2,000円程度となる案件が多いでしょう。

    場合によっては仕様書を併せて提出する必要があります。ページ作成以外の作業に時間を取られてしまうと、その分時給は下がることになります。

    募集時に提示された作業内容を確認し、工数に見合った報酬が得られる案件を選ぶようにしましょう。

    副業を始める際のポイント

    案件を探す際に気を付けたいことを解説します。好条件の仕事を効率良くこなせるよう、以下二つの点に注意してみましょう。

    スキルや経験がマッチしているか

    エンジニアとして副業を始める場合は、自分のスキルや経験が、求められているレベルに達しているか確認しましょう。

    ほとんどのクライアントは、副業で仕事をしてくれるエンジニアに、即戦力として結果を出してもらうことを期待しています。

    また、スキルや経験以外に、クオリティーや作業スピードといった、クライアントが望む価値を提供できるかということもチェックしましょう。

    特に、副業で仕事をする場合は、時間の制約がネックになることが多いです。エンジニア向けの副業案件はスピードを求められることが多いため、注意する必要があります。

    時給換算での本業との比較

    副業として仕事をする場合は、できるだけ本業と比べて時給が低くなりすぎないような案件を選ぶようにしましょう。

    時給換算してあまりにも本業と差のある仕事に取り組んでしまうと、モチベーションを維持できなくなる恐れがあります。本業で残業した方がよい場合もあるでしょう。

    ただし、スキルアップを図りたい場合や、初めて副業をする場合などにおいては、時給を二の次として実績の積み上げを最優先して取り組むことにも意味があるといえます。

    まとめ

    エンジニアの時給は、スタート時の相場が1,300円前後、5年ほどキャリアを積んだベテランなら3,500~5,000円が目安です。業務内容により、単価の目安は異なります。

    案件を探す際は、クライアントが求めるスキルや実績を提示できるか、しっかりと確認しましょう。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織