システム開発の相場は?費用の内訳と依頼時に知っておきたい知識

システム開発の重要性に注目が集まりつつある昨今、開発を担当する業者の需要が高まっています。システム開発を依頼するときには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?費用の内訳や依頼時に知っておきたい知識を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

システム開発の相場

インターネットの普及により、Webシステムという言葉が一般的に使用されるようになりました。Webシステムにはいろいろな意味が含まれていて、Webアプリやサービスと同じ意味合いで使われたり、インターネットを利用するシステムの総称を指したりします。

近年注目を集め始めているWebシステムについて、システム開発にかかる相場についてチェックしていきましょう。

システム開発とは?

システム開発とは、上記で触れたようなWebシステムを開発することを指しています。以前は、Webサイト側と閲覧者でのコミュニケーションは取れませんでしたが、現在は、掲示板やSNSなど、さまざまな媒体でやりとりができるようになっています。

掲示板やSNSなどが誕生したのもWeb開発によるものです。今後必要な機能やシステムも、Web開発により発明されていくのでしょう。

平均相場は233万円

新規で独自のシステムを開発するときの平均相場は『233万円』といわれています。しかし、この費用はあくまで相場であるため、もっと安く済むケースもあれば、逆に高くなってしまうこともあります。

Webに取り入れたいシステムによって費用は変動するのですが、以下で詳しくシステム開発費用の内訳についてまとめていきます。

システム開発費用の内訳

システム開発にかかる費用の平均相場は233万円といわれていますが、その内訳はどのようになっているのでしょうか?主な費用の決まり方や、開発内容ごとの相場について見ていきましょう。

主な費用はひと月単価で決まる

システム開発の費用のほとんどは『人件費』です。システム開発には、システムエンジニアやプログラマーと呼ばれる職種の人材が関わってくるのですが、そこにかかる人件費がシステム開発にかかる費用になります。

人件費は『人数×月数』で計算されるため、開発に携わる人数が多かったり、期間が長かったりすると、それだけ費用もかかります。

開発内容ごとの相場

サイトに組み込みたいシステムによっても値段が変動します。たとえば、CMSやECサイトのシステムを搭載したいときは『50万円〜』、SNSを開発する際は『100万円〜』、検索機能を組み込む場合は『80万円〜』と高額になっています。

メールフォームを作りたい場合は『3万円〜』、顧客管理を行いたい場合は『20万円〜』と、システムごとにかかる費用の差も大きいのが特徴です。

そのほかにも設備費用が必要

システム開発にかかる費用の大枠は紹介してきたようなものですが、開発後にかかる『メンテナンス機能』や『維持費』などの『設備費用』も必須です。

開発したらそれ以上お金がかからないというわけではないので注意しましょう。

依頼するときに知っておきたい知識

システム開発を業者に依頼するときには、知っておきたいいくつかの知識があります。見積もり方法や大まかな作業工程など、押さえておくとスムーズに依頼できる内容について見ていきましょう。

見積もり方法は2種類

システム開発を依頼するときに知っておきたい知識の一つ目が『見積もり方法』です。システム開発の見積もり方法には2種類あります。

そのうちの一つが『FP法(ファンクション・ポイント法)』と呼ばれる方式です。この方式では、システムの機能にポイントをつけて、そのぶんの費用を請求する見積もりを出します。

二つ目が『工数試算係数』を使った見積もりです。この見積もり方法ではまず、システム開発をいくつかの工程に分け、それぞれの作業単価と作業時間から作業費用を算出します。さらにこの作業費用に固定費用を足し合わせて、工程ごとにかかる費用を明確化していきます。

大まかな作業工程

システム開発に必要な大まかな作業工程に関しても知っておくとよいでしょう。システム開発は『要件定義→設計→プログラミング→システムテスト→運用テスト→納品』という流れで行われるのが一般的です。

要件定義とは、クライアントと制作サイドが打ち合わせを重ね、システムに対するイメージを合わせていく作業のことをいいます。プロジェクトの基盤となる工程なので、とても重要な工程だとされています。

費用を安く抑えるポイント

システム開発は費用のかかるものですが、できるだけ安く抑えるポイントもあります。たとえば、『システムの使用年数を明確化する』ことも費用削減につながります。

使用期間があまり長くないものに対しては、そこまで高額な費用をかける必要はないでしょう。できるだけ長く使う想定のシステムにお金をかけ、短い期間のシステムにはお金をかけないことが費用を削減するポイントです。

まとめ

システム開発にかかる費用は、どのような機能を組み込みたいかによって大きく変わります。そのため、まずはどのようなシステムを構築していきたいのかを明確にして、無駄な機能を省くことがとても大切です。

はるうさぎ

大阪のIT専門学校を卒業。現在は名古屋の中小企業にてWEBエンジニアとして働いており、色々な勉強会へ参加し、人脈を常に広げている。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ