フリーランスエンジニアの土日案件について。探し方や案件獲得のコツ・注意点を紹介

フリーランスエンジニアの案件には土日可能なものもあり、本業と両立しながら副業から始められる案件も少なくありません。

この記事では、これからフリーランスエンジニアとしての活躍を目指す方や、土日のみの案件を探している方のために、フリーランス土日案件の注意点や案件獲得のコツをご紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→かんたんプロフィール入力でアマギフ5,000円分が当たる! かんたん60秒でキャンペーンに参加する

フリーランスエンジニアの土日案件の特徴

フリーランスエンジニアの土日案件数はどのくらいあるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

土日だけの副業は増加傾向にある

副業で第二の収入源を築くエンジニアは、一定数存在します。TECH Streetが2020年8月に行ったアンケートによると、ITエンジニア全体の40%が何らかの副業を経験しています。

最近では、土日のみフリーランスのエンジニアとして働く人が増加しています。土日だけの副業でエンジニアをしている人の中には、エンジニア以外の本職を持ちながらプログラミングを学び、土日のみフリーランスのエンジニアとして活躍している人もいます。

出典:ITエンジニアの「副業のリアル」調査レポート - TECH Street (テックストリート)|TECH Street

自身の市場価値の確認

土日のみフリーランスのエンジニアとして案件をこなしていると、段々と自分の市場価値が見えてくるでしょう。フリーランスのエンジニアの収入は、時給ではなく単価で決まるからです。

エンジニアの市場価値は、技術力の高さや持っているスキルなどの要素に左右されます。技術力やスキルに秀でた、市場価値の高い人材であれば、より好条件の案件、つまり単価の高い案件を受注しやすくなるでしょう。

フリーランスとして受注を繰り返す中で、自分の技術にはどれくらいの単価が設定されるのか分かれば、自分の市場価値も自ずと見えてきます。

フリーランスエンジニアは副業に向いている?

フリーランスのエンジニアは、土日だけ行う副業に適した職種です。なぜ土日だけのフリーランスエンジニアが副業に適しているのか、その理由を解説します。

PC1台でどこでもできる

エンジニアは他の職種と比べ、副業に向いている職種と言えます。インターネットに接続されたPCが1台あれば、いつでもどこでも仕事ができるからです。

家族と過ごす時間を少しでも多く確保したい人は、自宅を作業場所にして仕事に打ち込むと良いでしょう。反対に、家族が生活する空間だと仕事に集中できない人には、コワーキングスペースでの作業がおすすめです。

PC1台あればどこででも働ける自由度の高さが、エンジニアが副業に向いた職種とされる所以です。

需要が高く案件も豊富

エンジニアが副業に向いていると言われる一因に、エンジニアに対する需要の高さがあります。エンジニアは売り手市場が続いているため、多くの案件から受注したい仕事を選べるのです。

当メディアを運用するエンジニアのための求人マッチングサイト『Offers』の求人倍率を元に、エンジニアの需要の高さを見てみましょう。

これはエンジニアが様々な場面で利用するプログラミング言語別の求人倍率をグラフにまとめたものです。

エンジニアの売り手市場は今後も続くと予測されます。そのため、エンジニア向けの案件数も高止まりが続くでしょう。

出典:IT 人材需給に関する調査|経済産業省

フリーランスエンジニアの土日副業案件の探し方

土日副業案件を獲得する方法をご紹介します。複数の方法を並行して実践すると、自分に合った案件に出会える確率が高まります。

副業マッチングサービスの活用

副業マッチングサービスとは、仕事を依頼したい企業や個人と、副業で仕事を探している人を結び付けるサービスです。

副業マッチングサービスには、週1~2日でできる小さな案件が豊富にあります。そのため副業マッチングサービスは、土日のみ働きたい人や土日にも働きたい人など、土日案件を探している人にぴったりのサービスと言えるでしょう。

そこでおすすめなのがエンジニアのための求人マッチングサービス『Offers』です。

【平均時給4000円】Offersなら副収入で月収20万円アップ

業績や昇進による給与アップは時間がかかり、安定しないことが多いです。今までの経験やスキルを他社で活用しつつ、効率的に収入を増やす事ができる方法があります。それは、転職せずに収入を増やしたいと考えている人にピッタリの副業マッチングサービス「Offers」の活用です。

エンジニア・デザイナーのためのマッチングサービスであるため、エンジニア・デザイナー副業案件を探している方にちょうどよい案件が見つかります。Offersマッチング案件の半数は時給4000円以上と高単価で、良質な案件が揃っています。

登録すると、①経歴やスキルを見た企業からオファーが届く、②自分で案件を探して応募する、の2種類の方法で案件と出会うことができます。

まずはカンタン3ステップでOffersに登録

OffersJobsで案件を見る

企業サイトに自分で営業する

マッチングサービスを利用せず、自力で企業に営業をかける方法もあります。企業サイトにある問い合わせページから、営業メールを送るのです。

企業サイトに営業メールを送る以外にも、エンジニアの営業には、SNSのエンジニア募集のアカウントにDMを送る方法もあります。営業用にSNSを運用していれば、SNSのアカウントがそのまま名刺代わりになります。

どちらの方法で営業をかけるにしても、自分のスキルや経験が応募先の企業にどのような貢献をもたらすか、分かりやすく説明する努力が必要です。

友人・知人からの紹介

フリーランスのエンジニアを始めて間もないときは、友人や知人からの紹介で案件を得る方法もおすすめです。

フリーランスのエンジニアとして仕事を受けていると日頃からアピールしておけば、エンジニアを探している友人・知人から声を掛けてもらえる可能性があります。

友人・知人からの受注を視野に入れて活動するときは、作成したサイトやアプリなどのポートフォリオを事前に用意しておきます。いざ仕事を頼みたいと言われたとき、すぐに自分の実力をアピールできる状態を作りましょう。

フリーランスエンジニアの土日副業案件のメリット

フリーランスエンジニアの土日副業案件について、メリットを紹介します。

効率的に収入がアップする

土日副業を始める事で、本来休日である土日も仕事をするため、必然的に収入がアップします。

しかしフリーランスエンジニアで収入が増える理由は、仕事量が増えるからだけではありません。エンジニアの関わるプログラミング案件は、他の案件と比べ高単価な傾向があるため、効率的に収入が得られるのです。

プログラミングは習得までに一定以上の期間を要すため、プログラミング案件は誰にでもできる仕事ではありません。そのため他の案件と比べ、高単価になりやすいと言えます。

高単価の案件が多いエンジニアは、土日という限られた時間でも高い収入を得られるポテンシャルを持つ職種です。

人脈を広げられる

フリーランスエンジニアとして案件を受注していると、仕事を依頼してくれるクライアントとの結び付きが生まれます。クライアントとの人脈ができるメリットは、案件の獲得や情報交換が可能になることです。

またフリーランスの活動の中で形成される人脈は、フリーランスを始めなければ、なかなか得られるものではありません。

普段関わることないの人との出会いは、新しい視点や考え方に触れるチャンスです。新しく築かれる人脈は、人生をより豊かにしてくれるでしょう。

スキルアップに繋がる

土日案件に限らず、実践を繰り返す中で、本当に使えるスキルが身に付きます。

スキルアップには勉強会に参加したり、本を読んだりするなどさまざまな方法があります。中でも特に実用的な力が身に付くのが実践です。自分の実力と比べ高すぎず低すぎないレベルの案件を受注すれば、効率的にスキルが磨けるでしょう。

またフリーランスのエンジニアは、依頼を受けるところから納品までを自分1人で行う職種です。

そのためフリーランスのエンジニアとして活動を始めると、プログラミングスキルだけではなく、自己管理能力やコミュニケーション能力などの力が養われます。

将来的には副業を本職にすることも

これからフリーランスエンジニアを目指そうとしている方は土日副業によって、本格的なフリーランスの働き方を体験できる機会でもあります。副業として案件をこなす中で、どんなことに困り、どんなスキルを求められるのか分かれば、フリーランスへの転身に向けて準備が可能です。

クライアントとなる取引先企業を開拓しておけば、いざ独立しても『仕事がない』と焦ることはないでしょう。

また案件をこなすスピードを副業の段階で把握しておけば、完全にフリーランスとなったとき、受注できる案件数の適量が予測できます。案件を受注しすぎて手に負えなくなる心配が少なくなるでしょう。

フリーランスエンジニアの土日副業案件のデメリット

もし、土日だけフリーランスエンジニアとして副業をする働き方を選択するのであれば、いくつかのデメリットも考えられます。土日だけの副業を検討中の人は、デメリットと併せて対処法も確認しておきましょう。

本業に差し障る恐れがある

フルタイムで働く人にとっての土日は、趣味を楽しんだり、家族と過ごしたりする時間であると同時に、平日で蓄積した疲れを癒す時間でもあります。土日に仕事を入れてしまうと、心身を休める時間が減り、健康に悪影響が出る恐れがあります。

本業に支障が出ないレベルで土日のみの副業を行うには、仕事を入れすぎないのが重要です。控えめな数の案件を受注するところから始め、本業に差し支えない案件数を徐々に探っていくと良いでしょう。

確定申告が必要になる

副業で得た所得が年間20万円を超えると、所得税の確定申告を行う必要が生じます。確定申告とは、支払う所得税の金額を確定させる手続きです。会社員として働く人は、基本的に確定申告を行う必要はありません。

しかし副業の所得が年間20万円を超えていたり、給与所得が2000万円を超えていたりするなど一定の条件を満たす人は、会社員であっても確定申告が必要です。

確定申告をスムーズに行うには、会計ソフトを利用するのがおすすめです。会計ソフトを使えば、面倒な計算や申請書作りを簡略化できます。

フリーランスエンジニアの効率的な時間の使い方

限られた時間で案件をこなし、収入を得ていくには、集中して案件をさばいていく工夫が必要です。集中力を上げて時間の密度を高めれば、土日という短時間でも十分な成果が出せるでしょう。

1日のスケジュールを可視化する

案件をこなす時間がなかなか捻出できない人は、1日のスケジュールを書き出すことから始めましょう。スケジュールを可視化すると、副業に充てられる時間が見つけられます。

『副業をする時間を作る』との意識がないときは、目的もなくSNSを眺めたりテレビを観たり、なんとなく過ごしてしまうこともあるでしょう。しかし一度、土日の時間の使い方を可視化すれば、副業のために使えるであろう時間が把握できます。

スケジュールの可視化で稼働できる時間が明確になると、案件を探しやすくなるメリットもあります。

エンジニアの仕事は、目安となる稼働時間が記載されているものが多いです。案件ごとの稼働時間と自分の働ける時間を比べれば、どの案件なら無理なく取り組めるかが分かります。

最初は小さな案件から

土日の副業を始めるときは、まず小さな案件から受注するのがおすすめです。小さな案件なら負担を最小限に抑えつつ、大きな案件を受注するための基礎を固められます。

例えば、フルタイムで働きながら土日もフリーランスとして活動するのであれば、並大抵の努力では達成できない働き方です。そのため始めから大きな案件を受注すると、負担が大きすぎて手に負えなくなる可能性があります。

小さな案件をこなす中で実績を積み重ねていけば、将来的に大きな案件を受注できるようになるでしょう。

仕組み・習慣化することが重要

土日の副業を生活の中に仕組み化・習慣化すると、案件をこなす負担が軽減されます。仕組み化や習慣化を行うと、意志の強さに頼らずとも目的の行動が達成できるようになるからです。

特に、フリーランスは自己管理が必要不可欠です。どのように案件をこなしていくか、どのようにスケジュールを組むかは自分次第です。自己管理や自身のマネジメントを苦なく行えるようになる為にも、仕組み化・習慣化する事で比較的楽に管理する事ができるでしょう。

フリーランスエンジニアの土日案件における注意点

フリーランスエンジニアとして、土日のみ活動する際に注意しておきたいポイントをご紹介します。フリーランスとしてキャリアをスタートさせたばかりの方であれば、最初からつまずかないよう、十分に注意しましょう。

案件の単価を確認する

案件を受けるときは、仕事内容と単価のバランスが取れているかチェックするようにしましょう。これを怠ると、自分を安売りしてしまう危険性があるからです。

フリーランスのエンジニアとして経験が浅いときは、低単価の案件を受注するのも有効です。低単価の案件をこなして経験を積めば、高単価の案件を獲得できるスキルと実績が身に付くでしょう。

しかし、スキルと実績が十分積み重なったなら、低単価の案件からは卒業したいものです。いつまでも低単価のままでは仕事内容に見合った収入が得られず、やる気も体力も消耗してしまう懸念があるからです。

ある程度実績を積んだら、単価と労力を天秤にかけ、スキルのあるエンジニアとして満足できる案件を探しましょう。

副業だからと軽視しない

たとえ副業という名目で案件を受けていても、与えられた案件には本業と同程度の情熱を持って臨むようにしましょう。副業だからと軽く見ていると、責任感に乏しい仕事をしてしまう可能性があるからです。

副業という言葉には『お小遣い稼ぎ』のニュアンスが漂います。そのため『副業だから』を言い訳に成果物のクオリティを落としたり、納期を勝手に破ったりしてしまう副業ワーカーもいるようです。

このような働き方をしていると、契約不適合責任を問われ、何らかのペナルティを受ける可能性があります。

仕事を依頼してくれる企業や個人にとって、副業のフリーランスに発注する案件も立派な仕事です。受けたからには責任感を持って、クオリティの高い仕事を目指しましょう。

体調管理をしっかりと

フリーランスエンジニアには繊細な体調管理が求められます。体調を崩してしまえば、副業のクライアントに迷惑を掛けてしまうからです。

フリーランスエンジニアであれば、収入を増やしたいとか関わりたい案件があるなどの理由で、睡眠時間や休憩時間を犠牲にしたスケジュールを組んでしまうケースもあるでしょう。

しかし、このような働き方を続ければ、遅かれ早かれ体調を崩してしまいます。無理な受注は、クライアントとの信頼関係を損ねかねない危険な働き方です。土日のみの副業であっても、健康的な生活が送れるスケジューリングを心掛けましょう。

まとめ

土日副業は、エンジニアとして収入を増やしたい人に適した働き方です。収入アップだけでなく、スキルアップや人脈を獲得することもできます。

しかし、土日副業にはメリットと同時に、家族との時間を削られたり、キャパオーバーで本業に支障が出たりする可能性もあります。

土日稼働するフリーランスのエンジニアは、デメリットを解消する手立てを講じてから始めるのが肝心です。しっかりと準備した上で副業をスタートすれば、もう1本の収入の柱を形成できるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

かんたんプロフィール入力でアマギフ5,000円分が当たる!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ