フリーランスエンジニアの確定申告のやり方

確定申告と聞くとなんだか難しそうと身構えてしまいますよね。フリーランスとして独立して初めて確定申告をするという人も多いでしょう。今回は、フリーランスエンジニアの方が確定申告で損をしないためにお役立ち情報をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスの確定申告

会社員の場合は会社で年末調整が行われており、個人での確定申告の必要はありません。しかし、フリーランスは多くの場合、例外を除き確定申告の必要があります。正しい知識を身に着けて正確に申告しましょう。

確定申告って絶対必要?

確定申告は、年間で38万円以上の所得がある場合に、必要になります。しかし、始めて1年目で所得がなかったり、大きな損失が出てしまったりして決算が赤字になる場合でも確定申告をするメリットは多いです。では、どうして赤字であっても申告したほうが良いのでしょうか。

所得の証明

個人事業主にとって、確定申告をしなければ所得を証明する手段がありません。このことがどう影響するか説明します。

例えば、業務上必要になった車を購入したいとき、一括払いで買うことができれば特に影響はありません。しかし、多くの場合ローンを組みます。そして、その契約をするためには収入を証明する必要がありますが、確定申告をしていない場合、どこからも所得が証明されていない状態になるため、そういった契約が難しくなってしまいます。

繰り越しができる

赤字でも、青色申告であれば確定申告をしておくことによって、その赤字の状態を3年分まで翌年以降に繰り越すことができます。

例えば、1年目に100万円の赤字を申告し、2年目に300万円の黒字になった場合、2年目に支払うべき課税対象額は200万円になります。

出典:青色申告制度|国税庁

エンジニアが気をつけるべき節税

確定申告のメリットがわかったところで、次に節税について見てみましょう。以下に、2種類の節税の基礎知識をご紹介するので、参考にしてみてください。

経費を最大限申請しよう

経費といえば節税、節税といえば経費、というように税金とうまく付き合うためにはどのラインまで経費に含めるかの判断がとても重要です。ここでは、エンジニアとして仕事をしていく上で悩みそうな2項目について、経費に含めることができるかどうか検討していきます。

ハイスペックPCの購入費

まず、エンジニアとして活動する中で必要となるであろう、ハイスペックなパソコンの購入を検討してみましょう。これは価格によって処理が異なります。10万円未満の場合は、全額その年度の経費として処理することができ、それ以上の場合は、減価償却費という項目で経費として一部計上することができます。

パソコンであれば、3年間で均等に減価償却されることになっており、15万円のパソコンを購入した場合、3年にわたって5万円ずつ申請することになります。

パソコン以外にも、車やカメラを業務のために購入する際など同様に適用されます。

出典:減価償却資産の償却限度額の計算方法(平成19年4月1日以後取得分)|国税庁

ポートフォリオサイトの運営費

では設備や消耗品以外の出費はどうなのでしょうか。フリーランスで稼ぐためには、仕事をもらえるようクライアントへのアピールが大切です。そのために必要になるポートフォリオサイトについて考えてみましょう。

サイトを運営するためには、サーバー代、ドメイン代、管理費などがかかります。これも、業務上必要なことな出費であるためすべて経費として申請することができます。この場合、広告宣伝費という項目に当てはまります。広告宣伝費にはほかにも、外部へ広告を出したり、紹介サイトの掲載料なども含まれます。

控除を適用しよう

控除とは、様々な条件に応じて、自分に当てはまるものを申請して課税対象額を減らしてもらう、というものです。控除には例えば、配偶者控除や医療費控除などがあり、当てはまる場合は申請をしないと損をしてしまうことになります。

控除には以下の14種類があります。

  • 基礎控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫)控除
  • 勤労学生控除
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除

今まで控除に気づかず過払いしていた、という可能性もあるため、注意してチェックしてみるとよいでしょう。

確定申告はソフトで簡単に

新しくフリーランスエンジニアとして活動する人にとって確定申告は1年目の壁とも言えます。いくら節税で支払うお金が減るとはいっても、やはり複雑な確定申告を自力で行うことは面倒ですよね。

そんなときは、惜しまずソフトを使って確定申告を簡単にしましょう。

確定申告freeeを利用する

freeeを利用すれば、クレジットカードや口座と連携して決済を自動で入力してくれたり、スマホでとったレシートの写真から必要な情報を読み取り保存してくれるため、領収書保管の手間が省けて便利ですよね。

また、青色申告と白色申告の両方に対応し、複雑な帳簿も自動で変換してくれます。

他の会計ソフトと比較しても、会計簿記の知識をはじめから必要とせず、初心者にお勧めのソフトです。

出典:確定申告ソフト | クラウド会計ソフト freee

まとめ

会社員からフリーランスに転向するエンジニアにとって初めて自力で行わなければならない確定申告は複雑で面倒な作業ではありますが、確定申告をしておくことで、証明書として使えたり、節税によって払うべき額を減らすこともできるため、自動化して上手に付き合いましょう。どうしても面倒という場合には税理士にお任せしてもよいでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ