副業でAndroidアプリ開発・案件の取り方。スキルアップで本業も有利に

Androidアプリ開発は副業にぴったりです。月数万円ほどの収入を安定的に稼ぐことや、多くの企業が求めるアプリ開発の知識や技術を習得できます。本業以外の収入源を作るのはもちろん、スキルアップして好条件の会社への転職も目指せるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Androidアプリ開発で稼げるのか?

副業としてAndroidアプリ開発を始めた場合、実際に稼げるのでしょうか。

月数万円なら現実的

Androidアプリ開発は、月数万円ほどの副業を目指すのであれば、現実的です。大きく稼ぐアプリを1本開発するのを目標にしてしまうと、開発費はもちろん、ランキングの上位に表示させるための費用や広告費など、膨大な初期投資が必要になってしまいます。

初期投資が回収できればそれでもいいでしょう。しかし、個人が副業として取り組むレベルでは、なかなか回収しきれないのが現実です。アプリ開発で大きく稼ぐのを狙うのは、資金力のある企業のやり方といえます。

個人が現実的に到達可能なのは、副業として数万円稼ぎたい、という程度です。月数万円の収入であれば、ニーズに合わせたアプリの開発を心がけることで十分に達成できます。

その際目指すのは、少額ずつ数本のアプリで稼ぐということです。例えば、毎月3500円稼げるアプリを10本開発できれば、月々の収入は3万5000円になります。

アプリ開発を通してスキルアップにもなる

Androidアプリの開発は副業に役立つだけでなく、スキルアップにもつながります。なぜなら、アプリ開発に必要なプログラミングの知識や能力は、多くの企業で必要とされているものだからです。

スマートフォンやパソコンが普及し、スマホアプリの開発を必要としている企業や個人が増加しています。しかし、需要に対してエンジニアの数は慢性的に不足しています。アプリ開発の副業でプログラミングを習得すれば、転職の際に役立つスキルとなるのです。

本業で給料が上がらなかった人でも、プログラミングを習得しているスペシャリストとして、好条件の企業へ転職できる可能性があります。また、個人で開発からリリースまでできる実力が身につけば、正社員はもちろん、フリーランスとして活躍する道を進むこともできるのです。

収入アップを目指したい方、アプリ開発の経験を本業以外でも積みたい方は早速、当メディアを運営するOffersに登録して依頼を受け取ってみませんか?アプリ開発でも優良企業とマッチング可能です!

Androidアプリ開発の収益モデルを知ろう

Androidアプリ開発は副業として個人でも稼げることが分かりましたが、実際にはどのように収益をあげるのでしょうか。Androidアプリ開発の収益モデルについて解説します。

有料アプリの収益

Androidアプリ開発の収益モデルとしてまず分かりやすいのは、有料アプリの収益です。アプリを有料でリリースし、その収益をあげることを目指します。

ただし、アプリの売上がそのまま全て開発者の収入になるわけではありません。アプリを販売するプラットフォームへの手数料を支払わなければいけないからです。手数料は売上の30%ですので『アプリの売上×(100%-30%)』で求められた金額が、開発者の収益になります。

アプリ内課金による収益

アプリ内課金で収益をあげるというのも、アプリに多くみられる収益モデルです。代表的なものに、ゲームアプリのアイテムを手に入れるしくみがあります。アプリ自体は無料で使用でき、アイテムを購入してもらうのです。

ただし、こうした大掛かりなしくみは、資金のある大きな企業でとられることが多い収益モデルです。ゲーム内のアイテムを全員が購入するわけではないので、売上を見越してたくさんのユーザーを集めなければいけません。

そのためには、開発にも広告にもたくさんの資金が必要になります。個人の副業レベルでは、初期投資に費用がかかり過ぎてしまうでしょう。

アプリで配信する広告収益

アプリ内で広告を配信し、広告収益を得るという収益モデルもあります。無料アプリを使用しているときに、画面端に出ている広告がそうです。

例えば、1クリックで1円の収益になる広告を配信したとします。1日に300クリックが期待できる場合、1日の収益は300円となり、月に9000円の収益です。こうしたアプリを10本開発していれば、月に9万円の収益が得られることになります。

広告配信は固定収入につながりやすいというメリットがあります。しかし、想定しているほどダウンロード数が伸びなかったり、広告配信の審査に手間取ったりしてしまうこともあります。そのため、気長に取り組む収益モデルといえるでしょう。

Google AdMob - モバイルアプリの収益化、分析、メディエーション

アプリ開発を受注する

Androidアプリ開発は、企業や個人から受注することで、収益をあげることもできます。アプリ開発をして欲しいクライアントの依頼を受け、希望通りのアプリを作りあげるのです。

アプリ開発の受注は、副業として取り組むのに最適の収益モデルといえます。なぜなら、アプリ開発をすることで、確実に収入を得られるからです。そのため、プログラミングを学び、知識と技術を身につければ、誰でもAndroidアプリ開発で収益をあげられます。

プログラミング初心者でもアプリは作れる?

プログラミングは専門知識ですが、ツールを使うと、初心者でもアプリを作れるようになります。

知識も経験も不要のアプリ開発ツールがある

プログラミングについて知らなくても、アプリ開発を1度もしたことがなくても、アプリ開発ができるのが、アプリ開発ツールです。アプリ開発ツールとして代表的な『Monaca』『Yappli』について、解説します。

クラウド上で開発できるMonaca

『Monaca』には、アプリ開発のためのテンプレートが用意されています。そのため、テンプレートにアレンジを加えることで、オリジナルアプリの開発ができるのです。

しかも全ての機能をクラウド上で使える、という特徴があります。そのため、専用ソフトをパソコンにダウンロードする必要がありませんし、どこにあるパソコンからでもアプリ開発ができるのです。

Androidアプリだけでなく、iPhoneアプリの作成にも対応しているツールなので、ハイブリッドアプリの開発ができます。

企業も活用しているYappli

『Yappli』は有名企業のキャンペーンアプリでも使われている、アプリ開発ツールです。月額9800円と、個人の副業用として使うには高額な利用料がかかります。しかしその分、本格的なアプリ開発を簡単にできる仕様になっているのです。

操作はドラッグ&ドロップでできますので、直感的にアプリの構築ができます。また、プッシュ通知など、アプリに盛り込みたい便利機能が充実しているのも嬉しいポイントです。

個人で使う場合には、10日間無料で使えるトライアル版で、使用感を試してみるといいでしょう。

まとめ

Androidアプリ開発は、副業で月に数万円稼ぐ方法として現実的です。専用ソフトや開発ツールの使えるパソコンとインターネット環境さえあれば、誰でも挑戦できます。

また、プログラミングについての知識を学べば、単にアプリ開発で副業するだけでなく、スキルアップして転職することも目指せるのです。

そのためアプリ開発は、副業はもちろん、本業のレベルアップのためにも役立ちます。ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ