Pythonを使って開発するメリットは?支持される理由と習得方法

エンジニアは、システム設計やWebアプリの開発など、仕事に応じたプログラミング言語を活用しなければなりません。プログラミング言語の一つであるPythonとは、どのような開発で用いられる言語なのでしょうか?特徴や習得方法を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Pythonとは

エンジニアにとって『Python』は、馴染み深い単語の一つではないでしょうか?Pythonの意味や特徴について、まずは見ていきましょう。

プログラミング言語の一つ

Python』はプログラミング言語の一つです。プログラミング言語とは、コンピュータに命令するための人工言語のことで、200種類以上の言語があります。

C言語やJavaなどがその代表です。一口にプログラムと言っても、開発用途や媒体によっては使いやすさが変わってきます。ホームページ作成のフロント部分にはHTMLCSSJavaScript、WebシステムやモバイルアプリにはJavaRubyPHPGolangScalaなどが利用されます。

その中で、Pythonはプログラミング言語としてどのような特徴を持っているのでしょうか?

Pythonの特徴

Pythonのはプログラミング言語としてさまざまな特徴があります。

第1には、文法がシンプルで読みやすいことです。そのため、初心者がはじめてプログラミングを学ぶのにもおすすめの言語の一つです。

加えて、Pythonはウェブ開発やフレームワーク、データベース、数式計算や統計処理などの豊富なライブラリが公開されていて、幅広い用途で用いられる言語です。

Pythonが支持される理由

Pythonがどうして多くのエンジニアから支持されているのか、その理由を解説します。

シンプルで生産性が高い

プログラミング言語にはRubyのように自由度が高く色々なアプローチができるコードと、Pythonのようにコーディングのルールがしっかりしているコードがあります。

そのためPythonでは他の言語で使われる回りくどい言い回しや記号が極力排除されて、シンプルなコード作成が可能となっているのです。コードが短くなるので、書く時間が減ります。

加えて、きちんとルール化されていることから他のプログラマーから見ても理解しやすく、コードを共有しやすいので生産性の向上に期待がもてるのです。

先端分野と相性がいい

近年はIT技術が急激に加速していることもあって、エンジニアの仕事でも次々と新しい分野が開拓されています。

Pythonは、そういった新規の分野と非常に相性がいいことで知られている言語です。エンジニアの学校で教えるプログラミング言語として、まずPythonを学ばせるほどに、初心者がわかりやすく、かつ汎用性の高い言語です。

AI

AIは最先端のテクノロジー分野の一つです。データの分析やセキュリティといった企業システムに使われる場合もあれば、自動車のブレーキやゲーム、SNSのチャットボットなどの幅広い分野でも導入されています。

多様性のあるAIの分野で活躍するために、同じく汎用性の高いPythonが利用されることが多いのです。Pythonの豊富なライブラリを用いることで、AIやビッグデータなどの分野でPythonが必要とされています。

仮想通貨

仮想通貨は、インターネット上でやりとりされる電子貨幣のことです。仮想通貨を作る上で利用されているブロックチェーン技術の開発には、Pythonが適しています。

仮想通貨や株式などの金融関連のシステムには、リアルで変動する貨幣価値に対応するためにスピーディさが求められます。その点、シンプルなコードで生産性の高いPythonは相性が良いのです。

ブロックチェーン技術は今後も発展していく可能性が大きく、Pythonの利用率もあがるでしょう。

Pythonの習得方法

Pythonを実際に学ぶとして、どのような方法があるのかを紹介します。自分に適した習得方法を知り、学習してみましょう。

講座などで知識を得る

講座を通じて、Pythonの知識を学ぶという方法もあります。特に有効なのが学習サイトの活用です。

動画などでわかりやすく解説してくれるものもありますし、問題集を用意しているサイトやテスト形式で問題をこなし、自分がどの程度の技術を持っているか評価してくれる学習サイトなど、自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。

専門書の活用についても検討してみると良いでしょう。

プログラマーが実際に書いたコードを公開しているサイトもあります。そういった実例からコーディングについて学ぶという方法も有効です。

実際に作ってみる

Pythonは無料で利用できるので、簡単なプログラムなど実際に何かを作ってみても良いでしょう。実際に作ることで作成の流れを確認できますし、動作確認やテストなど、実際に動かさなければできない技術を身につけることができます。

実際に作ったコードを公開したりプロに見てもらうことで、的確な助言や指導をもらえます。

プログラマーとして求職活動をする上で、制作物の提出を求められることもよくあるので、出来の良いものは保存しておくと、後々役立つ可能性があります。

Python開発の始め方

実際にPythonで開発をするにあたって、どのような下準備が必要かを解説します。おすすめの開発環境についても紹介しますので、参考にしてください。

Pythonをインストール

Pythonの開発環境を作るにあたっては、まず必要になるのがPythonのインストールです。下に記載したPythonの公式サイトから、インストーラーをダウンロードしてください。

「Download Python (ヴァージョン)」というボタンをクリックすると、インストーラーのダウンロードが始まります。

また、Pythonでは豊富なライブラリが魅力であることを紹介しましたが、ライブラリが入っているパッケージと一緒に Python をインストールするという方法もあるので、覚えておきましょう。

「Anaconda」をはじめさまざまなパッケージがあるので、各パッケージサイトからダウンロードしてみてください。

『Python』ダウンロードサイト

おすすめの開発環境

おすすめの開発環境をいくつか紹介します。まずは『Atom』です。GitHubの創業者が立ち上げたオープンソースのエディタで、無料利用が可能です。タブ型で使いやすく、無料公開しているパッケージによって機能追加などのカスタマイズをすることもできます。

IDE(総合開発環境)の『PyCharm』もおすすめです。コードの予測入力に加え、コードスタイルのチェックをおこなってくれる他に、フレームワークにも対応しています。無料版もありますが、すべての機能を使う婆は有料版の申込みが必要です。

同じくIDEである『Sublime Text』は動作環境が軽く、コードがカラフルでビジュアル的に見やすいので、初心者にもおすすめできる開発環境となっています。

さまざまな開発環境の中から、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

まとめ

Pythonはシンプルさと豊富なライブラリが魅力のプログラミング言語です。AIブロックチェーンなどの最先端技術にも用いられ、世界中で初心者から上級者まで多くのエンジニアが利用しています。

『Atom』や『PyCharm』など、開発環境も豊富に揃っているので、自身に合った環境を整えて実際にプログラムを組んでみることが、スキルアップへの近道でしょう。

PyCharmは今後も多くの企業やアプリで用いられる可能性が高く、初心者が最初に覚えるプログラミング言語としてもおすすめです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ