フリーランスでPythonを使いたい人へ。案件の特徴や相場を紹介

とてもパワフルでダイナミックなシステム言語であるPython。Pythonを使ったフリーランス案件の特徴や相場を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Pythonのフリーランスの案件の特徴

フリーランスのPythonエンジニアを目指すに当たって、もっとも気になることの一つが案件の特徴ですよね。いったいどのような内容の案件があるのでしょうか。

新規事業案件が多い

Pythonを使ったシステム開発に関する案件の特徴の一つとして、新規事業案件が多いということが挙げられます。これは、スタートアップ企業が製品を成るだけ早くリリースするために、Pythonの使用を好むためです。

新規事業案件には今までに全く例のないものの開発も多いのですが、その分、やり甲斐や達成感も大きいのが特徴です。

データ解析系の案件が多い

Pythonエンジニア向けの案件としては、システム開発だけでなくデータ解析系の案件が多いことも特徴です。データ解析と言えばR (アール)のイメージが強いのですがPythonも広く用いられています。データサイエンスのプログラム言語は”R”から“Python”へと置き換わるという見方もあるほどです。 このような理由もあり、データ解析系の案件も相当数見られます。

案件はまだ少ない

Pythonは需要が増加している言語で、先にも述べましたがスタートアップ企業が好んで選択する傾向があります。また、既存のインターネットサービス運営企業などがPythonに乗り換える動きも見られており、熟練のPythonエンジニアにとっては良い流れです。

しかしながら、総合的に見て他の言語を用いる案件と比較して、Pythonを必要とする案件の数は圧倒的に少ないのです。フリーランスのPythonを目指すにあたり、このことは十分に理解しておかなければ食いっぱぐれる可能性があるので注意が必要です。

Pythonのフリーランスの単価はどのくらいか

さて、フリーランスへの転向に際して最も重要なのがどれくらい稼げるかですよね。いったいPythonのフリーランスの単価はいったいどれくらいなのでしょうか? ここでは、その相場と今後の動向についてご紹介します。

単価の相場は77万円/月

Pythonを用いた案件の平均的な単価の相場は77万円です。

出典:Pythonの求人・案件募集

Pythonのフリーランスとして報酬アップを狙うには

同じ案件でも誰が請け負うのかによって、その案件の単価は変動するものです。どうせ同じ案件をこなすなら、少しでも多くのお金をもらえるようになりたいですよね。では、Pythonのフリーランスとして報酬アップを狙うためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

データの分析能力

報酬アップを狙うために必要な能力の一つがデータの分析能力です。同じデータの母集団と解析結果でも、その見方、すなわち分析の仕方によって得られる情報は大きく変わるものです。そのため、データの分析能力が高いことが保障されている場合、クライアントからの報酬がアップする傾向があります。もちろん、分析能力への信頼は一朝一夕で築き上げられるものではありません。しっかりと案件を高いレベルでこなしていくことが信頼向上への最短ルートです。

Pythonのフリーランスに求められるスキル・経験

これまでに、Pythonのフリーランスの単価相場や報酬アップに必要となる事柄について述べてきました。では、そもそもにPythonのフリーランスとして求められるスキルや経験にはどのようなものがあるのでしょうか?

歓迎要件の例

Pythonのフリーランスにとって、クライアントから歓迎される要件はいくつかあります。まず、大切なのはフリーランスとしての経験です。これはどの職種のフリーランスにも言えることですが、経験を積めば積むほど基本的に歓迎される傾向にあります。

なぜならばフリーランスというのは、組織に所属せずに自由に仕事ができることと引き替えに、自分の仕事のレベルや信頼性を証明してくれるものを失っています。これまでの経験というのがクライアントに対する唯一の実力の証明書となるのです。そのため、クライアントとしても経験豊富なフリーランスのPythonエンジニアに案件を依頼することが多いのです。

また、歓迎される事項として、その他のコンピュータ言語が使えるということが挙げられます。案件の中には、Pythonだけではなく他の言語も使用できるエンジニアが好ましい場合も多々あります。そのため、案件に関連するPython以外の言語も使用できる人材が歓迎されることがあります。

まとめ

Pythonの案件の求人数や単価は今後も上昇していくとの見方が強めです。データ解析系の知識を習得したり、Python以外の言語の学習もしながら、市場価値を高めていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ