Pythonを使う仕事3選。将来性や転職のポイントを解説

Webアプリケーションの開発や、AIの設計に活用されているPythonの特徴と、Pythonエンジニアの仕事内容、将来性を解説します。今後さらに市場ニーズが拡大することが予想されるので、この機会に転職のポイントを押さえておきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Pythonとはどんな言語?

Python(パイソン)とは、1990年代にオランダで開発されたオープンソースのプログラミング言語です。限られたコードで簡単にプログラムを書くことが可能で、万単位で存在しているライブラリを駆使することで、プログラムを効率的に書けるようになっています。さまざまな開発に利用できる言語ですが、特に近年はAI人工知能)の機械学習分野で活用される機会が増えています。

Pythonの特徴

初心者でも理解しやすく、書きやすいのがPythonの特徴で、初めてプログラミングを学ぶ人にもおすすめです。コードの行数が少な目で、分かりやすいソースコードを書けるので、熟練のプログラマーのコードを参考にすることで、効率的に上達できるのもメリットです。

プログラミング言語としての汎用性も高く、Webアプリケーションやゲーム開発、データの分析ツールの開発など、さまざまな領域で活用されています。さらに上述のように、多方面で注目されているAI機械学習分野で主に利用されているので、近年特にユーザー数を伸ばしています。

出典:プログラミング言語の人気ランキング|ITmedia

Pythonでできること

Pythonは次の分野の開発が可能です。

特に注目を浴びているAI機械学習ディープラーニングの分野を筆頭に、WebサイトやWebアプリケーション、ゲーム制作、ブロックチェーンの開発なども可能です。

さらに、数値計算能力に優れているので、大量のデータの処理や分析にも活用されています。顧客の行動データの分析など、マーケティング分野でも、Pythonが使用されることは珍しくありません。

Pythonを使う仕事

では、具体的にPythonを使う仕事を紹介していきます。非常に汎用性の高い言語なので、さまざまな分野のシステムやアプリケーションの開発に利用可能です。

Webアプリケーションの開発者

Pythonを用いてWebアプリケーションの開発を行っているエンジニアは多くいます。企業の業務用アプリケーションから、顧客にサービスとして提供するパソコンやスマホのアプリまで、幅広く開発が可能です。

例えば、世界中に多くのユーザーを抱えるFacebookやInstagramなども、開発にPythonが利用されていることで有名です。ライブラリやDjango、Bottleといったフレームワークも充実しており、ゼロからシステムを開発するよりも効率的にアプリ開発ができます。

AI関連の開発者

Pythonは、AIそのものの開発・研究はもちろん、AIを応用したシステムやサービスの開発に利用されているため、さまざまな業界に浸透し始めています。

特に、機械学習ディープラーニングをサポートするライブラリが豊富です。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、膨大なデータを収集・分析して、それをビジネス上の課題の解決や新商品の開発につなげるための提案を行う職種です。単にデータの分析を行うだけでなく、分析環境そのものの構築・運用を担当するのが特徴で、業務データを保存するデータベースの構築も行うのが特徴です。

従来、データ分析に係る言語はR言語が用いられる機会が多かったのですが、近年はデータ分析に関するライブラリが豊富なPythonが使われるケースが増えてきています。Pythonを用いて構築した分析基盤を利用し、収集したデータを多角的に分析、企業に対して有益な提言を行います。

Pythonエンジニアの仕事内容

それでは、Pythonエンジニアの具体的な仕事内容を具体的に解説していきます。将来、Pythonエンジニアとして活躍したい人は参考にしてください。

サーバーサイドの開発・運用

各種Webサービスにおいて、サーバーサイドの開発や運用を担っているPythonエンジニアは多くいます。

Pythonは世界中で利用されているYouTubeやDropboxなどのサービスにも利用されており、処理速度の速さや可読性の良さから、他の言語よりも優先的に使用するエンジニアも多いです。

AI分野の開発・実装

これまで説明してきたように、PythonAI分野の開発に用いられる事が少なくありません。機械学習ディープラーニング、ビッグデータの解析などは、民間企業はもちろん行政機関や学術機関でもニーズが高まっており、Pythonエンジニアの活躍できるフィールドは広がりをみせています。。

Python機械学習に関するライブラリやフレームワークが豊富なので、今後もAI分野で活躍するPythonエンジニアは増える事が予想されます。日本はもちろん、世界中でニーズが高まっています。

データの分析

企業のデータ分析を通じて、マーケティング施策の提案をしたり業務改善のアドバイスを行ったりしているPythonエンジニアも多いです。Pythonデータ分析に有用な計算用ライブラリが充実しているため、ビッグデータの収集・分析に役立ちます。

具体的には、PandasNumPyといった計算処理用のライブラリを用いて統計処理を行います。

分析ツールの開発・実装

上記のように、Pythonはデータの統計解析に利用しやすいプログラミング言語であり、企業の業務活動に必要不可欠なデータ処理をするのに有用です。単にデータ分析を行うだけでなく、Pythonエンジニアは、データを分析するためのツールや環境の開発・実装を担当するケースも珍しくありません。

データの分析環境の構築はデータサイエンティストの領域ですが、Pythonエンジニアとしてシステム開発を行う傍ら、マーケティングデータの分析を担当している人もいます。膨大なデータを効率的に解析できるツールは、さまざまな市場でニーズが高まっているため、AIの開発と並んで、Pythonエンジニアにとって重要な業務になる可能性が高いでしょう。

Pythonエンジニアの将来性

次に、Pythonエンジニアの将来性を考えてみましょう。Pythonを使ったシステム開発の領域は広がっており、特にAIの発展に伴ってニーズが急拡大している状況です。

機械学習分野で注目されている

機械学習分野において、Pythonは最も重要な言語として知られており、Pythonを使いこなせる人材は他のエンジニアに比べて高い報酬を得られる場合が多いです。

少なくともAI機械学習の分野では、現状は代替の利きづらい言語であり、今後もその傾向は続くと予想されます。

別の言語のエンジニアとして活躍していた人でも、新しくPythonを学んで転職している人も珍しくありません。エンジニアとしての素養があれば、Pythonを学ぶことで活躍の場を大きく広げることができるでしょう。

平均年収も高め

Pythonエンジニアの平均年収は、他の言語のエンジニアに比べても高い傾向にあります。

その背景としては、AI関連分野のみならず、さまざまな業界でニーズが広がっていることが挙げられます。求人数も安定しているため、エンジニアの中でも注目度が高まっており、初心者がまず学ぶべきプログラミング言語として推奨している人も多く見られます。

Pythonエンジニアへのキャリアパス

最後に、Pythonエンジニアになるための方法を解説しておきます。人によって、さまざまなキャリアパスが考えられますが、他の言語のエンジニアと同様、重要なのは技術者としての経験と実績を積むことです。

エンジニアとして経験と実績を積む

Pythonエンジニアに限らず、まずエンジニアとしての経験と実績を積むことが、就職あるいは転職活動を有利に進めるポイントとなります。

他業種から転職を目指す場合、まずはPythonの基礎を身に付けなければいけません。他のプログラミング言語に比べて学びやすいと言われているため、すでに他言語を習得している人であれば、独学でも問題なく使いこなせるようになるでしょう。

プログラミング言語自体を学ぶのが初めての人は、書籍などを購入して独学で勉強する方法もありますが、現場のプログラマーから直接学べるオンライン講座やプログラミングスクールもおすすめです。自分の環境やレベルに合わせて言語の習得を目指すと良いでしょう。

\ エンジニア/デザイナーのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで転職先を探しませんか?

Pythonの案件一覧

未経験から転職できる?

未経験からPythonエンジニアとして転職するのはハードルが高いです。未経験可の求人案件もありますが、開発経験のあるライバルがいた場合、採用される可能性はどうしても低くなってしまう事が考えられます。上記のように、まずはPythonの習得を目指し、自分の適正にあった勉強法で知識・技術をつける事をおすすめします。

たとえ仕事として開発をした経験はなくても、自分自身で有用なサービスを開発できるようになれば、それをポートフォリオとして提出できます。

重要なのは応募先の企業に即戦力として認められることなので、自分なりに開発したサービスを面接官に確認してもらい、強みや特性をアピールしましょう。

まとめ

Pythonの特徴と開発できるサービス、そしてPythonエンジニアとして転職するためのポイントを解説しました。PythonはWebアプリケーションの開発や、AIの開発・実装、データ分析ツールの開発などに利用されている汎用性の高い言語です。

特に、AI分野をはじめとして多くの業界で需要が高く、Pythonを使いこなせるエンジニアは安定した収入を得られます。ただし、未経験からの転職は難しいため、まずはエンジニアとして実績と経験を積む必要があるでしょう。もともとエンジニアとしての素養があれば、Pythonの学習自体は他の言語に比べてそれほど難しくはありません。

将来、Pythonエンジニアとして活躍したい人は、できるだけ早く言語を習得して、転職活動に臨みましょう。転職エージェントなどを利用すれば、自分の市場価値や不足しているスキルなどを専任のアドバイザーが教えてくれます。積極的に利用すると良いでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ