ECサイト制作の相場は?価格ごとに対応可能な目安を解説

ECサイトにはさまざまな種類があり、種類ごとに制作の相場価格が違います。当然10万円と100万円では、制作できる内容は異なるため、制作費用の相場を知って、費用をおさえながら、理想に近いECサイトを作りましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ECサイトの制作方法と特徴

インターネット時代において、オンラインショッピングができる『ECサイト』は、非常に身近な存在になりました。しかし、ECサイト導入を考える会社や個人が多い反面、制作費用の相場や制作方法がわかりづらいのが現状です。

ホームページ制作の中でも、見積もり金額が安定せず、相場がわかりづらいのがECサイトといわれています。そんなECサイトには、どのような制作方法と特徴があるのか見ていきましょう。

ECサイトの種類

ECサイトの構築方法は、大きく分類すると『ASP(Application Service Provider)・オープンソース・パッケージ・フルスクラッチ』の4種類が一般的です。構築方法の選び方は、そのECサイトが「何を重視するのか」によって決まります。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあり、価格や納期の相場も違うため、目的に最適な構築方法を選ぶことが重要なポイントです。

それぞれのメリットデメリット

『ASP』は、ECサイト構築に必要なソフトをネットワークを通じて利用・構築する手法で、手軽に作れる反面、機能追加やカスタマイズに制限があるのが特徴です。

『オープンソース』は、ネット上で無料公開しているソフトを使う方法で、ECサイトを無料で制作することも可能ですが、トラブルが発生した場合は自分たちで対処しなければなりません。

『パッケージ』は、デザインやカスタマイズなどが柔軟で、中〜大規模のECサイトでよく見られる構築方法です。ASPやオープンソースと比較して、時間的にも金額的にもコストがかかるため、注意が必要でしょう。

『フルスクラッチ』は、ゼロから立ち上げるECサイト構築方式であり、あらゆるデザインや要件に対応できる反面、資金が豊富でないと難しい方法です。

ECサイト制作の相場と規模

ECサイトの制作方法を理解し、実際に制作会社に依頼してサイトを構築する場合、適正価格を知っていると、費用面をおさえられるだけでなく、納得したサイト作りが可能になります。

それぞれの金額範囲でできることや、納期などを紹介していきます。

無料~10万円

「とにかくECサイトを作ってみたい」「低コストでECサイトを始めたい」という人は、モール型や、ASPを用いて自分で作成してみましょう。

あらかじめ用意されているテンプレートに、写真やテキストを挿入するだけなので、制作期間は1週間〜1カ月が目安です。

ただし、『ASP』は、ECサイト構築に必要なソフトをネットワークを通じて利用・構築する手法ため、完全に無料での運営は不可能であり、あくまで『初期費用』をおさえる方法と認識しておきましょう。

10~100万円

費用をおさえつつ、独自のECサイトを構築したい場合は、ASPやオープンソースを試してみましょう。デザインにさほどこだわらなければ10万円程度から可能で、制作期間は1〜2カ月が相場です。

中小規模の制作会社に依頼するときの相場で、モール型ではない独自のECサイト運営を始めたい場合の価格帯といえるでしょう。

100~500万円

独自のデザイン性を発揮しながら、ECサイトを構築するための相場です。テンプレートデザインなどを活用しつつ、プロに写真やテキストの依頼が可能な価格帯です。

高度すぎるカスタマイズは望めないため、すべてを思い通りに構築するのは難しく、こだわりを表現しつつ、ECサイトの運用をしたい場合の相場と考えておきましょう。

500万円以上

オリジナルデザインやコンテンツをしっかり表現し、ほかに真似できないECサイトを構築したい場合の相場です。

構築方法には、オープンソース型・パッケージ型・フルスクラッチが採用されることが多く、4〜8カ月の制作期間を想定しておきましょう。

商品写真や原稿の用意だけでなく、オリジナルデザインや、業務内容に適した機能追加(カスタマイズ)をはじめ、自社システムとの連携や運営サポートが充実している場合も多い価格帯です。

しかし、フルスクラッチで開発すると、費用は数千万円と天井知らずになるため、注意が必要です。

出典:ECサイト制作の平均費用と料金相場|おすすめの制作会社もご紹介【2019年度最新版】

ECサイト制作で注意するポイント

ECサイト構築には、金額や納期の相場こそあれ、それぞれの制作会社ごとに料金体系やプランが異なるため、正確な相場を把握するのは困難です。

ECサイト構築は、『撮影・採寸・原稿作成』が必須であり、それらの作業が金額の一つの目安になります。

『撮影・採寸・原稿作成』はクライアント側か、それとも制作会社側か、どちらが準備するかによって、見積もり金額は大きく変わるため、おさえておきたいポイントといえるでしょう。

決済機能やサイトの耐用年数

会社の利益を創造する『決済機能』は、ECサイトの最も重要な機能です。パッケージ型のECサイトなどでは、豊富な決済メニューが用意されていますが、決済手段を増やせば、比例して制作金額は高額になります。

ECサイトには流行や技術進化が伴うため、3〜5年でリニューアルする企業も多く、費用は別途発生します。リニューアルの可能性も想定し、最初から予算をかけすぎないのも一つの方法といえるでしょう。

集客までやってもらうかどうか

モール型以外でECサイトを公開した場合、もっとも必要なのが『集客活動』です。

テレビ全盛の時代なら『テレビCM』が一般的でしたが、ECサイトの集客には『リスティング広告・SEO実施・SNS広告・インフルエンサーマーケティング』など、多彩な方法があります。

集客は制作会社が行ってくれるのか、まったくの別物なのか、ECサイト構築だけでなく、サイトを公開した後の運営に関しても、事前に書面を交わしておきましょう。

まとめ

ECサイトの制作は、その制作する手段や手法に、よって大きく金額が左右されます。制作会社に見積もりを依頼する際、『どのような目的・どれくらいの規模・どの程度の予算・費用対効果』を決めてから依頼すると、スムーズに話が進むでしょう。

非常に大きな金額が必要になるため、おさえるポイントを確認し、失敗しないECサイト構築を、目指しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ