ECサイトデザインの相場は?発注時の注意点も含めて徹底解説

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

ECサイトは企業収益の重要な役割を担っています。特に、ユーザーが最初に目にするトップページは、サイトの第一印象を左右します。デザイン発注の相場を知って、業者を見極めながら、慎重に発注できるようになりましょう。

ECサイトを構築するための基礎知識

ECサイトとは『Electronic Commerce(電子商取引)』の略で、自社の商品やサービスをオンライン上で販売するサイトを指します。

現代では『オンラインショッピング』と同意義で使われる言葉で、クリック一つで簡単に商品を自宅や自宅以外の指定場所に届けてくれる、便利なサービスです。

実際にECサイトを構築するための『デザインを決めてコーディングする』流れを見ていきましょう。

構築までの大まかな流れ

インターネットが普及した現代において、ECサイトでビジネス展開をするのは、個人法人問わず、一般的な商法となりました。

ECサイトを構築したい場合、構築の流れや、費用の相場など、まずは全体のイメージを掴みましょう。その中で、もっともお客様の目に触れる『トップページデザイン』の構築が、作業や費用の大きな割合をしめると覚えておきましょう。

デザインの重要性

ECサイトにおける『デザイン』とは、まずトップページを構築する工程を指します。作成されたデザインは、サイトの下層ページにも利用されるため、『デザイン』はサイト全体の印象を決定づける重要な作業です。

トップページは『ECサイトの使いやすさ・会社や商品の印象がよいか・購入したくなるか』など、一目で判断されるため、金額もかかりますが、デザインなしでサイト構築は不可能と理解しておきましょう。

ECサイトデザインの相場は?

一般的にECサイトを作るためには、さまざまな費用が発生しますが、デザインだけなら20万円以上、カメラマンを使って写真撮影をした場合には、数百万円のデザイン費用がかかるケースも珍しくありません。

ページの量や長さ・使用する写真やイラストの枚数・ページの作り込み程度が、デザイン費用に大きく影響する場合が多いといえます。

WEBデザインの相場

WEBサイトでは、デザイン費用が独立していることは少なく、機能やコンテンツの費用が含まれることがほとんどです。

当然、ページ数によっても変わってきますが、ランディングページなら10万円以下で請け負ってくれる業者もあります。トップページは5万円程度から、下層ページはトップページより安いのが相場です。

コーディングの相場

コーディングとは、HTMLCSSの仕様に沿ってサイトを形成する作業工程を指します。

ECサイトのみならず、コーディングでよくある問題点が「海外オフショア(海外の安価な労働力による制作)」へ外注し、デザインイメージが再現されず、結局日本で再度やりなおしが発生するパターンです。

できれば海外オフショアではなく、日本でコーディングを完了させている会社へ発注したほうが、納期や仕上がりも安心できるでしょう。

コーディングの相場は、トップページが2〜3万円程度、下層ページはページごとに1万円程度が相場です。

フリーランスへ依頼する相場

ECサイト制作は、制作会社だけでなく、フリーランスのWEBデザイナーに制作を依頼する方法もあります。しかし、フリーランスは企業以上に明確な相場がなく、スキルも一定ではないため、料金に大きなばらつきがあるのが特徴です。

クライアントの希望をきちんとヒアリングした上で、納期や金額をきちんと提示してくれるフリーランスを選びましょう。金額は制作会社より2〜5割安いのが相場です。

出典:ECサイト構築の費用と料金相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

デザインを発注する際の注意点

ECサイトのデザイン費用は、項目によっては金額に倍以上の開きがあります。そのように開きがあるのなら、できるだけ安い制作会社へ依頼したいと思うところですが、金額だけでデザインを発注するのは非常に危険です。

ホームページのデザインを発注する際、金額以外のどのような点に注意すべきか見ていきましょう。

業界の知識や技術力

ファッションと同じように、ECサイトのデザインにも『はやりすたり』があります。さらにデザインだけでなく、コーディングやオプションにもトレンドがあるため、そのような知識や、対応できる技術力をもったWEBデザイナーを探しましょう。

探し方は、自分がオンラインショッピングをしていて『買いたい』と思ったサイトに問い合わせするのも一つの方法です。

ECサイトを運営する側も、サイトや商品がほめられれば悪い気はしませんので、礼節を守って問い合わせてみてはいかがでしょうか?

対応範囲も確認しておこう

ECサイト制作には、デザインやコーディングだけが必要ではなく、ディレクションやシステム面の管理も重要な作業です。

CMSの実装やSEM対応、公開後のメンテナンスや運用改善など、対応範囲が広ければ広いほど発注金額は高額になります。しかし、実施内容を分散して依頼するより1社で完結したほうが、複数社に依頼するよりも情報の連動がしやすく、費用もおさえられます。

サイトを制作するためには、発注側にもそれなりの知識が求められるため、知識に自信のない人は、コンサル対応もしている会社を選ぶとよいでしょう。

コミュニケーション能力も重要

サイトが完成した後も、運営上の相談などで、制作会社とは長くつきあうことになるでしょう。話しにくい人・話の通じない人・態度の悪い人・センスの悪い人は、それだけで『コスト』になるかもしれません。

こちらの意図をヒアリングし、的確な提案をしてくれるなど、コミュニケーション能力の高い制作会社を選ぶことも、ECデザイン発注の大切なポイントです。

芸術家タイプより、顧客の視点や認識性を最優先してくれる、柔軟性のある人を選んだほうが、サイトの発展も望めるでしょう。

まとめ

ECサイトのデザインは非常に重要ですが、非常に高額になる可能性が高いため、相場を知ってから発注しましょう。

デザインはページ数で価格が大きく変わるため、予算が豊富でない場合は、トップページの構築に予算を割いたほうが、人の目にとまりやすいサイトを制作できる可能性が高いです。

ぜひデザインの相場を知り、会社やユーザーにとって価値あるECサイトのデザインを構築してみてはいかがでしょうか?

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ