副業でAngularJSをやるなら必読。仕事内容や収入を説明

JavaScript のフレームワークであるAngularJSは様々な案件をこなすことができ、他のエンジニアと比べて高収入を期待できる副業です。AngularJSの今後の展望、仕事内容、仕事の獲得方法、収入などを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

AngularJSの需要は今後どうなる

そもそもAngularJSの需要は今後どのようになりそうなのでしょうか。今までどのような評価を受けていたのでしょうか。AngularJSの特徴も説明しながら、将来性、今までの評価について説明します。

Java Script のフレームワークであるAngularJS

AngularJSJavaScript のフレームワークです。JavaScriptはプログラミング言語の中でも非常に人気が高いと言えます。 そして、このJavaScriptの人気は今後も続くと予想されます。

これは、Webサイトを使ったビジネスが今後も予想されること、また動的表現を実現するJavaScriptの能力を十分に生かす余裕が現代のパソコンやスマホにはあるためです。JavaScriptは今後さらにさまざまな分野で活躍することが予想されます。JavaScriptのフレームであるAngularJSもその影響を受けるでしょう。

Webサービスの変化とともに評価を変えたJavascript

Javascriptは1995年に開発された言語です。この当初、LiveScriptと呼ばれていたJavaScriptは簡単に記述はできましたが、クラッシュしやすい言語でした。それゆえ、ユーザーからの評価も芳しくなかったです。しかし、2005年にgoogle がリリースしたgoogle map を契機にJavaScriptは高い評価を受け始め今に至ります。

今後も需要の増加が見込まれるAngularJS

AngularJSはgoogleによって生み出されたJavaScriptのフレームワークです。google によって作りだされたフレームワークであることも影響しAngularJSの信頼性は高いです。

それに加えフルスタックフレームワークであるというAngularJSの魅力が存在します。フルスタックフレームワークとはJavaScriptのような、動的なウェブサイトやアプリなどの開発をサポートするためのフレームワークです。

このフレームワークを活用することで共通の作業を行い生じる労力を削減することができるのです。信頼性も高く、できることも多いフレームワークであるAngularJSは今後さらなる需要が見込まれています。

さまざまな技術の積極的採用

AngularJSでは新しいJavaScriptの技術を積極的に採用しています。その技術の一例として、モジュールを動的にロードするためのライブラリであるSystemJSやJavaScriptで非同期処理を実装するためのライブラリであるRxJSが存在します。

AngularJSは新しいJavaScriptの技術を積極的に採用しているのです。このように、新たな技術を積極的に採用するのはAngularJSの魅力の一つです。

副業でAngularJSをやるならこんな案件

副業の場合、AngularJSを使ってできる主な案件はどのようなものでしょうか。どんな案件ができるのかまたどのようなポイントを案件の委託主は重視するのかについて言及します。

フロントエンド開発

フロントエンド開発はAngularJSを使う案件の中でも最も多いでしょう。現在のホームページの多くは、JavaScriptなどを使い動的な表現を備えたものが多いからです。フロントエンドは大小問わずどのような企業にとっても必須だと言えます。

そのため委託主は多種多様です。類似した案件でも、各企業のスタイルにより、働き方は大きく変化します。どのようなスキルを求めているかももちろん重要ですが、どんな働き方ができるかにもぜひこだわってください。

SPAの開発が多い

AngularJSの副業向け案件の場合、SPAの開発も多いです。SPAとは「Single Page Application」のことを指しています。SPAによってURLを遷移する必要なくなり、動作の高速化などを実現できます。

SPAによって開発の並列分業、テストダブルなど可能となるため受ける恩恵は大きいです。AngularJSでもSPAを開発することは可能であり、これらの恩恵を受けるため、副業向け案件でも受注しているクライアントは多いと言えます。

経験よりもスキル重視の案件が多い

AngularJSに関連する案件は経験年数が必須項目に含まれてないことが多いです。これは、委託主が多いにも関わらずその案件をこなせる人材が少ないことが大きな原因の一つでしょう。実務経験に乏しくても、好条件の案件を獲得することは可能です。

副業のAngularJSの単価は?

では、副業の場合AngularJSの単価はどの程度になるのでしょうか。ほかのフロントエンジニアと比較しながら紹介します。

職種によって異なるものの比較的高収入

AngularJSに関する副業の案件は、ほかの言語の案件に比べて高いです。AngularJSは1案件あたり70万が相場です。HTMLPHPなどを扱う他のフロントエンジニアと比べると50万程ですのでかなり高額な報酬であることが分かります。

AngularJSの案件の報酬が高い理由には、学習コストの高さがあります。AngularJSはほかのフレームワークや言語に比べて、学習コストが高いです。

それゆえ、企業の条件に沿ったAngularJSのエンジニアを見つけることは難しく高単価報酬の案件もあります。また同様の理由で、AngularJSを使った大規模なプロジェクトを行う企業も多くありません。それゆえ、他のJavaScript のフレームワークや似た案件を行える言語と比べて、案件数が少ないです。

今後の案件獲得増加、収入増加を狙うには

では、今後より案件を獲得するにはまた収入の増加を狙うにはどのようにすればよいのでしょうか。2つの例を出してここでは説明します。

自分が働きたい職種に応じた他のフレームの習得

自分が働きたい職種に応じてJavaScriptの他のフレームを取得することは大切です。JavaScriptには多くの開発フレームワークが存在します。

同じJavaScriptを使っていても、フレームごとに異なる特色をもっております。

その一例がNode.jsです。Node.jsは「サーバーサイドのJavaScript」とも評されるフレームワークです。JavaScriptはウェブブラウザで実行されるクライアントサイドのものです。

しかしながら、このNode.jsを使うことによってJavaScriptの新たな可能性を引き出すことができるのです。より多くの案件の獲得を狙うなら、このように異なるフレームワークを習得するのもよいでしょう。

フロントエンド開発者として経験を積む

副業でできるAngularJSの案件の中で多いのはフロントエンドの開発です。今後より多くのフロントエンド開発の経験を積むことでより付加価値のあるフロントエンド開発者になることは収入の増加につながるでしょう。

まとめ

副業でAngularJSを使おうと考えている方に知って頂きたいいくつかのポイントを紹介しました。AngularJSを習得するのは難しいため、その価値は高いです。ぜひ、AngularJSを使い副業に挑戦してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ