情報処理安全確保支援士対策の参考書を紹介。おすすめ本と勉強のコツ

情報処理安全確保支援士試験の対策は、インプットとアウトプットを繰り返すことが重要です。そのためには参考書の活用が必須ですが、どのような参考書を使うと学習効果が上がるのでしょうか。試験対策に効果的な参考書や、勉強のコツについて紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

情報処理安全確保支援士対策の参考書

情報処理安全確保支援士試験の対策には、評価の高い参考書を積極的に活用することをおすすめします。ここでは、おすすめの参考書の中から厳選し、4冊を紹介します。

情報処理教科書 情報処理安全確保支援士

過去の試験問題を綿密に分析し、試験に合格するために必要な知識を幅広く網羅したとても分かりやすいテキストです。

決して知識の解説だけでなく、過去問を中心とした問題演習もたくさん掲載されており、本番試験を意識した実践的な対策をすることができる良質な参考書です。

  • タイトル:情報処理教科書 情報処理安全確保支援士
  • 価格:3110円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ポケットスタディ情報処理安全確保支援士

ポケットスタディシリーズはプロの講師たちが執筆する、人気の高い参考書です。大切な知識を『鉄則』や『要暗記』などのレベルに分けていて、メリハリのある学習ができます。

書籍自体がコンパクトにまとまっているので持ち運びしやすく、移動時間などのスキマ時間に活用するには最適な参考書といえます。

  • タイトル:ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

情報処理安全確保支援士 合格テキスト

情報処理安全確保支援士の過去問を鋭く分析し、習得すべき重要なジャンルが分かりやすく書かれています。

大切なポイントが上手にまとめて書かれているので、短時間で効率的に要点がわかる構成になっています。メリハリのある学習の手助けとなるおすすめの一冊です。

  • タイトル:情報処理安全確保支援士 合格テキスト
  • 価格:3014円(税込)
  • Amazon:商品ページ

「専門知識+午後問題」の重点対策

こちらは、情報処理安全確保支援士試験や、その前身でもある情報セキュリティスペシャリスト試験をきちんと分析してその対策を書いているおすすめ参考書です。

過去問の分析は、いかなる資格試験でも重要とされる大切な作業です。本番試験は過去問を参考にして問題が作られているので、過去問分析がそのまま効果的な試験対策につながるのです。

  • タイトル:2019 情報処理安全確保支援士「専門知識+午後問題」の重点対策
  • 価格:3996円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おすすめの過去問集

情報処理安全確保支援士試験の対策には、試験の過去問を使うと効果的です。過去問対策の参考書は、専門家によって重要な問題を厳選して作られていることから、良質な問題が多く掲載されています。

過去問集も色々なタイプがあり、どれにも長所や弱点あがることからなかなか決めきれないのも現実です。

ここからは、おすすめの過去問集に焦点を絞って紹介します。

パーフェクトラーニング過去問題集

過去出題された問題を年度別に掲載しており、PDFも用意されています。過去問は情報処理安全確保支援士試験だけでなく、前身である情報セキュリティスペシャリスト試験も収録しています。

この1冊で多くの過去問に触れることができるので、過去問対策に最適です。

  • タイトル:情報処理安全確保支援士 パーフェクトラーニング過去問題集
  • 価格:3996円(税込)
  • Amazon:商品ページ

情報処理安全確保支援士 本試験問題

2017年に始まったこの試験には、まだ多くの過去問は存在しません。しかし数年の本番試験で出題された問題の特徴や形式は、次の試験対策の参考になるのです。

この本には、直近の3期分の過去問が厳選して掲載されていて、わかりやすい解説も載っています。過去問の問題集として人気の一冊です。

  • タイトル:2019春 徹底解説 情報処理安全確保支援士 本試験問題
  • 価格:3996円(税込)
  • Amazon:商品ページ
\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

参考書の持ち歩きが面倒な場合

情報処理安全確保支援士をはじめとした情報処理関連の試験を受ける人は、普段は現場で働いている現役の開発者も多くいます。

忙しい時間の合間に重い参考書を持って移動すると、面倒な気持ちが先行してしまい勉強のモチベーションが下がりやすいものです。ここでは参考書の持ち運びは面倒と感じる人におすすめのツールを紹介します。

スキマ時間には電子書籍を活用

多くの参考書は、紙媒体だけでなく電子書籍としても発売されています。軽くてかさばらない電子書籍は持ち運びしやすく、スキマ時間を効果的に活用して勉強するのにぴったりです。

過去問はWEBサイトで取得

情報処理安全確保支援士試験を主催する情報処理推進機構のWEBサイトでは、過去問が無料でダウンロードできるように公開されています。わざわざ分厚い過去問集を持ち歩かなくても、必要な年数分をその都度インターネットから取得できるのです。

パソコンやスマホ、タブレットなどのあらゆる端末機能を駆使して、できる限り無駄なく身軽に勉強を進めてみましょう。

情報処理安全確保支援士試験 過去問

まとめ

ネット上に潜む多くの危険から大切な情報を守るために、情報処理安全確保支援士には高い知識やスキルが求められています。

したがって難易度は高く、決して容易に合格できる試験ではありません。合格するためにはきちんとした参考書選びはとても重要です。逆に間違った書籍で学習してしまうと、合格から遠のいてしまうこともあるのです。

この記事で紹介している参考書はいずれも、多くの合格者が活用してきた定評のある書籍です。ぜひこれらの参考書を活用して、合格を手にしてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ