フリーランス機械学習エンジニアの将来性。必要なスキルとは?

最近、仕事の時間や場所が自由なフリーランスに転向する人が増えています。そんな中、特に注目されている分野が『機械学習エンジニア』です。こちらでは将来益々注目されるであろう機械学習エンジニアについて詳しく解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

機械学習エンジニアの仕事の探し方

ここからは、実際に機械学習エンジニアとして活躍したい方のために、仕事の探し方を紹介します。

クラウドソーシングを利用する

最近はフリーランスで働く人が増えたことで、仕事を斡旋するクラウドソーシングでも、機械学習エンジニアの募集が増加しています。特にIT業界の職業に特化したクラウドソーシングがあるので、そこを利用するのがおすすめです。

以前までフリーランスが仕事を探すときは、営業などを行って自分を売り込んだり、顧客から仕事を紹介してもらったりなどの方法で仕事を得ることがほとんどでした。ですが現在はクラウドソーシングサイトに登録し、持っているスキルや資格などを登録するだけで求人に応募が出来るので、挑戦しやすいですね。

フリーランスエージェントに登録

フリーランスエージェントに登録するのもおすすめです。ここに登録すると自分のスキルに合った職種を紹介してくれる上に、交渉や契約の代行もしてくれます。営業はフリーランスにとってかなりの負担になるので、信頼できるエージェントがいるかいないかでフリーランスとしてのキャリアは大きく変わるでしょう。

エージェントを使うメリットとデメリット

フリーランスエージェントは、フリーランスで働いたことがない人の強い味方です。一気に多くの案件を閲覧できるため、自分に合った職場を見つけやすいことも魅力です。

ですがデメリットが全くないわけではありません。最大のデメリットは収入から仲介料が引かれるということでしょう。当然と言えば当然かもしれませんが、エージェントによってはかなりの高額が差し引かれ、手取りの金額がかなり目減りすることもあるので、注意が必要です。

また仲介者を通して契約などを行うため、実際の実力が理解されにくいのも特徴です。

機械学習エンジニアの気になる収入と将来性

最後に、最も気になる機械学習エンジニアの収入や将来性についてお話しします。

機械学習エンジニアの収入は?

2018年にビズリーチが運営する求人検索エンジンにてIT関連求人の動向調査を実施し、5月に公開されたデータによると、機械学習エンジニアで提示された最高年収は4600万円だったとのことです。

この年収は最高金額ですので、未経験者など新人の場合はここまでの年収よりもかなり少ないですが、それでもPythonを使ったエンジニアで平均収600万円ほどとのことです。

現在機械学習エンジニアは、全体的に不足しており、たくさんのIT企業が機械エンジニアを募集しています。今後人工知能を取り入れた経営戦略なども増加することを考えると、これからも機械学習エンジニアの収入は増加すると見られています。

出典:ビズリーチの求人動向調査でIT技術者不足が明らかに - @IT

機械学習エンジニアに将来性はある?

機械学習エンジニアは、2017年にウェブメディア『ZD NET JAPAN』が掲載した『2020年に需要が高まるIT職種トップ10』にて2位にランクインするなど、かなり注目された職種となっており、多くのIT企業では機械学習エンジニアの取り合いも起こっている状況ですので、将来性はかなりあると言えるでしょう。     

未経験でも機械学習エンジニアになれる?

まずは、そもそも機械学習とは一体どんな分野であるのか解説します。その上で、未経験者でも機械学習エンジニアになれるのか考察していきます。

機械学習とは

機械学習とは、人工知能に於ける研究の1つで、人間がプログラムで指示をしなくても自動的に学習をさせる技術のことです。ネット上には、毎日のように膨大なデータが蓄積されています。そのデータをただ蓄積させておくのではなく、機械に学習させて有効に活用するため、日々研究がされているのです。

データを用意して機械にそれを学習させ、基本的な知識を覚えさせたら、後は機械にデータの分類や分析などを行わせます。この機械学習は、将来の人工知能の発達に欠かすことが出来ない技術であり、海外のみならず日本でも需要が急速に高まっています。

未経験でも機械学習エンジニアになれる?

この分野は現在非常に注目度が高くなっているため、キャリアアップなどを目的に機械エンジニアを目指す人は多いかもしれません。

常に新しい情報に目を向け続け、熾烈な企業間の競争に勝ち続けなければならない機械学習エンジニアは、たゆまぬ努力と、諦めない精神が必要な仕事です。

未経験で挑戦するにはかなり厳しい業界と言えるでしょう。ですが機械学習エンジニアを必要としている企業は多いので、挑戦してみる価値はあります。

機械学習エンジニアに必要なスキル

機械学習エンジニアには幅広い知識が求められています。そこで、ここからは機械学習エンジニアになるために必要なスキルをご紹介しましょう。

プログラミングとITの知識

まず最低限必要な知識は、プログラミングとITの知識です。特にプログラミングに関しては、PythonC/C++のスキルは必須となっています。また機械学習では大量のデータを扱うため、SQLなどのデータベース知識も必要です。

プログラミングの知識に加えて、インフラ関係の知識も必要になります。機械学習エンジニアはアルゴリズムの構築からインフラまで幅広い知識が必要とされる職業と言えるでしょう。

統計、解析など数学の知識

機械学習エンジニアを目指すうえで、最も難関と言えるのが、この数学の知識でしょう。機械学習では、微分積分、線形代数、行列暗算、統計など、高校から大学で習うレベルの数学知識が必要になります。特に文系の大学を卒業した人にとってはかなり厳しい内容です。

機械学習アルゴリズムとライブラリの知識

ほかに必要な知識と言えば、機械学習アルゴリズムと、ライブラリの知識です。機械学習アルゴリズムは大きく分けて、『2クラス分類』、『マルチ分類』、『回帰』、『クラスタ分析』、『次元削減』、『異常検出』があり、さらに細分化されています。

機械学習とは機械に学習をさせること、ということを何度かお話ししましたが、このアルゴリズムは『機械にどのように学習をさせるのか』を決めるための指標なのです。ライブラリを活用することが出来ます。主なライブラリには『TnesorFlow』、『scikit-learn』、『Theano』、『Chainer』、『Pytorch』などがあり、現役のエンジニアに人気となっています。

データモデリング作成の知識

機械学習では、膨大なデータをどのように構築するか、という知識も必要になってきます。さきほどもご紹介しましたデータベース『SQL』などに蓄積された企業データなどを、一定の規則にそって構築することによって、データをより効率的に活用できるようになるのです。

まとめ

機械学習エンジニアは、ITに関する高レベルな知識が必要な職種であり、決して簡単になれるものではありませんが、収入の多さや将来性の高さなどを見る限り、目指す価値が大いにあると言えるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ