• HOME
  • 採用・組織
  • テレワークの通信費は会社負担?手当給付の実例も紹介

テレワークの通信費は会社負担?手当給付の実例も紹介

近年テレワークが注目を集めていますが、テレワークで発生する通信費をどこまで会社で負担すべきか迷っている担当者もいるのではないでしょうか? 今回は、テレワークで発生する費用に関する対応を解説します。

Offers」は、優秀な人材を獲得したい、でも採用になるべく工数をかけたくない、そんな企業・担当者の皆さまにぴったりのサービスです。いくつもの転職媒体を使って、人材を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!

→「Offers」をもっと詳しくみる! 「まずは無料で資料ダウンロード!」

テレワークでかかる費用は誰が負担するのか?

テレワークでは、通信費や光熱費など在宅作業だからこそ発生する費用があります。これらの費用は誰が負担すればいいのでしょうか?

労働法規はどうなっているのか?

労働基準法には、「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項を就業規則に定めなければならない。」と規定されています。必要に応じて、就業規則を変更しなければなりません。

通信費を含む様々な費用の負担については、テレワーク導入にあたって明確なるルールを作り、社員に確実に共有するようにしましょう。しっかり話し合いをしておくことで、トラブルを回避することができます。

出典:知って役立つ労働法

費用の一部を会社が負担する

テレワークにより発生する費用には、以下のようなものがあります。

  • 情報通信機器の費用
  • 水道・光熱費
  • 通信費
  • 文具・備品等の費用

このうち情報通信機器や文具手・備品等の費用については明確な額が分かるため、会社負担としているケースが多くみられます。しかし、水道・光熱・通信費はプライベートでの使用との切り分けが難しく、一定額手当を支給するといった対応が見られます。

「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現!「1分でわかる0ffers」はこちら

「まずは無料で資料ダウンロード!」

なぜテレワークの費用を会社が負担すべきなのか?

これまで説明した通り、テレワークで発生する費用は企業がある程度負担をするべきです。会社が費用を負担することで、会社や従業員にどのような影響をもたらすのか説明します。

効率アップにインターネット環境の整備は欠かせない

テレワークでは、インターネット環境が整っていなければ、仕事になりません。インターネット環境が悪いと一つ一つの作業に時間がかかる上に、オンライン会議がスムーズに進行しないといった、コミュケーションでの不具合が生じます。

インターネット環境の整備には、固定回線やモバイルルーターなどいくつかの種類がありますが、無制限の格安wi-fiルーターでも月額3000円かかります。節約のために公衆無線を使い効率が悪くなる、ということがないように、モバイルルーターの支給や一定額の手当を出すなどの支援を実施するべきです。

従業員の健康を守ることに繋がる

テレワークでは、在宅での作業が基本になります。そのため、自宅でのワークスペース環境は重要です。ディスプレイや作業用のいすなど用意すべきものはいくつもあり、高価な製品をそろえると費用も膨らんでしまいます。従業員の負担ということにすると、十分な環境構築ができないという人も出てくるでしょう。

また、光熱費を節約しようとして、体に負荷のかかる環境で作業することにもなりかねません。そこで、企業が手当を支給することで、従業員が十分に環境を整えることができ、健康的に業務を行うことができるのです。

テレワークの手当支給の事例

テレワークでは、企業が通信費といった費用を負担するべきですが、実際テレワークを取り入れている企業は、どのように費用を負担しているのでしょうか? 二つの企業の事例を紹介します。

ドワンゴ

ドワンゴは、多彩なデジタルコンテンツやサービスを展開しているインターネットの総合エンターテインメント企業です。現在、同社は約1000人を対象とした在宅勤務を実施しています。しかし、従業員からは電気代に対する不安の声が寄せられたことをきかっけに、電気代・通信費等手当を支給することを取り決めました。

電気代・通信費等手当として、全社員に3306円を一律給付し、さらに小中高生の子供がいる社員には、休校手当2204円をを追加で支給しています。支給額の計算は総務省統計局のデータを基に、会社独自に計算しています。

出典:ドワンゴ、全社員に在宅勤務手当を支給 「電気代に不安の声が寄せられた」

スペクティー

スペクティーは、ニュースの素材となるUGC動画をSNSで収集し、必要な権利処理を行った上で、世界中のテレビ局・新聞社などの報道機関に提供している企業です。同社は、テレワークに必要なPCやモニター、モバイルwi-fiを貸与している上に、上限5万円の備品購入補助金を支給しています。購入する備品は本人が必要と判断したものであれば、原則どんなものでも対象となっています。

また、在宅でかかる通信費や光熱費を支援するため、毎月1万5千円のリモートワーク支援手当を支給しています。

出典:スペクティ、『リモートワーク支援手当』制度を拡充 ~ 毎月1万5千円の手当支給と上限5万円の備品購入補助 ~

まとめ

今回は、テレワークにおける通信を始めとする費用を、どのように負担すればいいか説明しました。OffersMagazineを運営する株式会社overflowでも必要な社員にはWi-Fiルーターを支給してリモートワークの環境を整えています。

テレワークで発生する費用を会社が負担することで、作業環境が充実し、生産性の向上や社員の健康増進が期待されます。支給する金額については、企業がそれぞれ適切に判断し、社員としっかり話し合いをしてトラブルが起こらないようにしましょう。

Offers」は、優秀な人材を獲得したい、でも採用になるべく工数をかけたくない、そんな企業・担当者の皆さまにぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、人材を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!

転職サイトには出てこない、あのCTO、VPoEも絶賛登録中!

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ