• HOME
  • 採用・組織
  • リモートワークに必要な環境づくりとは?おすすめグッズを紹介

リモートワークに必要な環境づくりとは?おすすめグッズを紹介

近年リモートワークが注目を集めていますが、どのように環境を整備すればいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?今回は、リモートワークにおける環境づくりの重要性とやるべきことを紹介します。

Offers」は、優秀な人材を獲得したい、でも採用になるべく工数をかけたくない、そんな企業・担当者の皆さまにぴったりのサービスです。いくつもの転職媒体を使って、人材を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!

→「Offers」をもっと詳しくみる! 「まずは無料で資料ダウンロード!」

リモートワークにおいて環境整備がなぜ重要なのか

リモートワークの導入において、環境整備は欠かせません。なぜ、環境整備をすることが大切なのでしょうか?

リモートワークのメリット

リモートワークのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 生産性が上がる
  • 全国から優秀な人材を確保できる
  • 企業・従業員コストを削減できる

リモートワークを導入すると、通勤の移動時間や無駄な会議、雑談を削ることができるため作業効率が上がります。また、ストレスの軽減により体調が整い、休むことが少なくなることが期待されます。

就活生・転職希望者の中には、地理的な理由で応募を諦めてしまう人もいます。リモートワークであれば、どこで仕事ををするか自由であるため、そのような人が応募することができ母集団の拡大に繋がります。

また、通勤がなくなるために交通費を支給する必要がなくなります。さらに、オフィスの光熱費を削減することができるため、大きなコストカットが見込めます。

「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現!「1分でわかる0ffers」はこちら

「まずは無料で資料ダウンロード!」

リモートワークのデメリット

リモートワークのデメリットには、以下のようなものがあります。

  • コミュニケーションが減少する
  • セキュリティの強化が必要

リモートワークでは、従業員同士が関わることが減ってしまうため、コミュニケーションが少なくなりチームの一体感が損なわれてしまう恐れがあります。

さらに、企業のデータを持ち出したり、社外からシステムにアクセスする必要があるため、情報漏洩のリスクが高まります。これを防ぐために、キュリティの強化は欠かせません。

環境整備でメリットを伸ばし、デメリットを最小限に抑える

リモートワークには、以上のようなメリットやデメリットがあります。しかし、いくつかのデメリットは環境整備を整えることで解消することができ、メリットを最大限引き出すことに繋がります。

リモートワークの大きなメリットに、生産性の向上がありますが、集中力の持続性やネットワークの接続が悪いということがあると、むしろ効率が下がることになりかねません。そこで、ネットワーク環境や社員のワークスペース環境を整えることによって、生産性の向上と社員の健康管理を実現することができるのです。

会社として取り組むべき環境づくりとは?

リモートワークでは環境整備をすることによって、生産性を向上させることができますが、具体的にどのような環境整備を施せばいいのでしょうか?

ネットワーク環境を整える

リモートワークでは、ネットワーク環境が整っていないと仕事になりません。それでは、どのように環境整備すればいいのでしょうか? ネットワーク回線の種類と特徴をまとめました。

ネットワーク回線の種類 特徴
固定回線 光ファイバーであれば、回線速度も高速で安定しています。しかし、導入には工事が必要で時間がかかってしまう点がデメリットです。
スマートフォンのデザリング スマートフォンの通信回線でインターネットに接続し、そのスマートフォンをアクセスポイントとして使う方法です。回線速度は問題ありませんが、通信料に制限があることがネックです。
公衆無線LAN カフェやホテルなどの無線LANに接続する方法です。無料で使えるため手軽ですが、セキュリティ面で問題があるため、使用を禁止している会社もあります。
モバイルルーター 自宅だけでなく、外出先でも使え、工事も必要ありません。定額無制限のモバイルルーターもあり、長い時間の作業でも問題ありません。

以上のように、インターネット回線にはいくつかの種類があります。それぞれの特徴を鑑みた上で、企業にあったものを取り入れましょう。

社員のワークスペース環境を整える

マシンやネットワーク環境さえあれば仕事ができる点がリモートワークの魅力ですが、デスク周りのワークスペースを構築することが重要です。社員が集中し、健康的に仕事ができる環境を整えることで、生産性が向上します。

気の散るものが少ない、体への負担が少ない、必要な道具を取り出しやすいなど、人によって生産性を上げるためにやるべきことは様々です。社員一人一人に適した作業環境を提供できるように企業として取り組むべきです。

会社はどこまで費用を負担するべきか

リモートワークの導入にあたり、自宅の作業環境を整備するための費用は会社が支給する必要があります。作業環境構築に必要なパソコンやディスプレイ、椅子といった機器は会社が支給または、一定額の手当を出すといったケースがあります。

しかし、ネットワーク環境の構築については、プライベートとの切り分けが難しいため、手当を出さないといった企業もあります。事前に従業員と話し合って取り決めを行い、トラブルがないようにしましょう。

社員のワークスペース環境を整えるのに必要なもの

ワークスペース環境を整えるためには、どのようなことを意識して道具を選べばいいでしょうか?

モニターとアーム

リモートワークでは、1日中パソコンの画面を見ているということもあります。そのため、モニターとアームは重要なアイテムと言えます。表示領域が広ければ、同時に複数のウィンドウを見ることができるため、生産性が格段に上がります。

また、モニターアームがあれば、画面の高さや向きを微調整できて便利です。

作業用の椅子

在宅でもオフィスでも、多くの人が椅子に長い時間座って仕事をしています。そのため、椅子への投資は惜しむべきではありません。疲れにくく腰痛を軽減する椅子を使えば、確実に生産性は向上します。

いいものは高価ですが、何年も使えるものなので、1日あたりに換算すれば大きな出費ではありません。自分に合ったものを慎重に選ぶようにしましょう。

ヘッドセット

リモートワークでは、オンライン会議や通話などでイヤホンやヘッドホンを使う頻度が増えます。その際、周りの騒音で聞こえないといったトラブルを避けるために、高性能なものを用意することをおすすめします。ノイズキャンセリング機能がついているものを用いるといいでしょう。

まとめ

今回は、リモートワークでの環境整備の必要性と方法を紹介しました。

リモートワークのメリットを活かし、デメリットを解消するために環境整備は欠かせません。何を用意するか、手当はどうするかは企業の裁量であるため、社員とコミュニケーションを取りつつ、適切な取り決めをするようにしましょう。

Offers」は、優秀な人材を獲得したい、でも採用になるべく工数をかけたくない、そんな企業・担当者の皆さまにぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、人材を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!

転職サイトには出てこない、あのCTO、VPoEも絶賛登録中!

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ