リモートワークを始める上で利用したいアプリ6選

リモート企業が増えていますが、どのようにツールを選んでいるでしょうか。ツールは価格・機能面でたくさんの種類があります。リモート体制を導入する担当者の方向けにリモートワークでおすすめのアプリをご紹介します。

\「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!/

優秀人材の採用業務を効率化しましょう!!

お問い合わせはこちら 資料ダウンロードはこちら

オンラインミーティングをするなら

リモートワークで避けては通れないのがオンラインミーティングです。オンラインミーティングのツールはいくつもありますが、導入のしやすさ・機能の豊富さの点でZoomが定番となりつつあります。GSuiteを使っているなら、GoogleカレンダーからアクセスすることができるGoogleHangoutsも人気です。

低価格・多機能なZoom

昨今のコロナ禍で一番よく聞くようになったWEB会議ツールが、Zoomではないでしょうか。GoolgleHangoutsやWherebyなど競合製品と比較すると、Goolgeの検索数で過去12ヶ月間で12倍以上の30万回/月に増加しており、注目度が特に高いです。

Zoomの特徴はURLを共有するだけで簡単にWeb会議できることや、背景画像を入れ替えるなどの機能の豊富さです。無料版では40分までしか利用できない点が難点ですが、

セキュリティについて欠陥があると指摘され、Googleで利用が禁止されたことがニュースになりましたが、2020年4月8日に対策がリリースされています。

  • URLを共有するだけでWEBミーティングが可能
  • 背景画像入れ替え機能や画面録画機能などの機能の豊富さ
  • 100人以上の同時接続でも安定した稼動
  • 無料版では40分まで利用可能

出典:Zoom公式HP

Gsuiteを使っているならGoogleハングアウト

GoogleハングアウトはGoogleが提供するコミュニケーションツールで、機能の一つとしてWEB会議機能があります。

Googleカレンダーから簡単にアクセスすることができるので、弊社では社内ミーティングではGoogleハングアウト、外部の方とのミーティングやウェビナー開催にはZoom、と使い分けています。

  • Googleカレンダーから個別のURLに飛ぶことができる

出典:GoogleHangouts公式HP

ナレッジを共有するなら

リモートワークを始めると対面でのコミュニケーションが減ってしまいます。そのため、常ににメンバーが同じ情報にアクセスできるようにする必要性が高まります。

ナレッジを共有するためのサービスをご紹介します。

Kibela

KibelaはWiki形式とBlog形式でナレッジを蓄積することのできるツールです。

議事録などの記録をためておくWiki形式だけではなく、ブログのような日記形式で情報を共有することができます。

  • 日本語でのサポートあり
  • Wiki形式とBlog形式の2通りの使い方
  • Markdownでサクサク書ける

出典:Kibela公式HP

Notion

NotionもKibela同様、ナレッジを保管しておくWikiツールですが、Notionの方が機能の豊富さでは優れています。

例えば以下のような点で優れています。

  • カンバン形式でのタスク管理
  • 階層性を持たせたWikiの設計
  • ショートカットキーの豊富さ

ただ、日本語でのサポートがなく、1ユーザーあたりの価格も8ドルとKilbelaよりも割高のため、豊富な機能を使いこなせるリテラシーを持つ企業におすすめです。

出典:Notion公式HP

Loom

LoomはPC画面の動画キャプチャを共有することができるクラウドツールです。

動画をダウンロード/アップロードする必要がなく、URLを共有するだけで完結するため、無駄な工数を取ることなく画面のキャプチャを共有することができます。

テキストコミュニケーション主体のリモートワークでも細かなニュアンスを伝えたいときや、WEBミーティングをするほどではないが口頭で丁寧に説明したいときなどにとても便利です。

  • 無料で利用可能
  • 動画キャプチャをURLで共有可能
  • PCのカメラを用いて話し手が話す様子も同時に録画可能

出典:Loom公式HP

ファイルを共有するなら

リモートワークに限らずですが、ファイル共有をスムーズにすることで働き方がなめらかになります。

GoogleDrive

GoogleDriveはスプレ、ドキュメント、スライドなど様々なGoogleアプリだけでなく、音声や画像、動画などあらゆるファイルを保存することができます。すでにGoogle製品を使っているのであれば、GoogleDriveを使わない手はありません。

フォルダやファイルには個別のURLが振られ、URL単位で簡単に権限設定ができる点も魅力的です。Googleアカウントを保有しているだけで、15GBの記録容量が使用可能です。

出典:GoogleDrive公式HP

まとめ

リモートワークを導入する場合、まず整備すべきなのが環境の整備やツールの用意といったハード面での準備です。リモートワークでは対面でのコミュニケーションが制限される分、使用するツールはアクセスがしやすく、操作しやすいものが良いですよね。

たいていのオンラインサービスは無料版/試用版があるので試してみましょう。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ