フリーランスエンジニアの仲介手数料とは?エージェント利用時に発生

フリーランスが仕事探しをする上で、エージェントが役立ちます。エージェント利用には仲介手数料がかかりますが、主にエンジニア向けの会社ではどのくらいの手数料がかかるのでしょうか。会社選びのコツや比較ポイントも紹介しています。

副業で成長機会を増やしたい
エンジニア・デザイナーの方!

上場企業・スタートアップ・ベンチャーまで利用企業多数!副業するならOffers!

まずは60秒で副業を開始する!

フリーランスエンジニア向けエージェントとは

フリーランスとして働いているエンジニアは、専門のエージェントを利用して仕事探しができます。営業が苦手なフリーランスも活用できるサービスです。

専門エージェントの強みや、メリットを知っておきましょう。使いこなせば、仕事探しが楽になります。

案件の仲介をしてくれる会社

エージェントは、フリーランスと依頼者をマッチングしてくれるサービスです。エンジニア専門のエージェントは、システム関連の依頼を専門的に扱っています。

自分から仕事を探す必要がなく、エージェントが募集している案件の中から、好きなものが選べます。スキルや納期など、その人にあった仕事を斡旋してくれるところも魅力です。

利用すると営業が不要というメリットがある

通常、フリーランスは自分で仕事を獲得しなければいけません。しかし個人で仕事を探すのは、営業や宣伝などが大変でしょう。

エージェントは、そのとき募集されている仕事を数多く扱っています。依頼者側としても、多くの人を一度に集められるエージェントサービスは魅力です。個人での契約が難しい、魅力的な非公開求人も扱っています。

営業をしなくても、多くの案件から好きなものを選べるため有利です。営業に割く時間や労力を軽減したいなら、おすすめできます。

仲介手数料が発生する

エージェントは営利目的で運営されています。ほとんどのエージェント利用には仲介手数料が必要です。

自分で仕事が見つかる分には無理して使うことはありませんが、高単価の案件探しや、仕事の選択肢を増やしたいなら検討することをおすすめします。

報酬に応じた仲介手数料がかかる

エージェントの仲介手数料は、多くの場合報酬で変化します。報酬から、固定の割合で差し引かれるパターンが一般的です。報酬10万円と100万円では、大幅に手数料が変わります。

報酬が高いほど、仲介手数料を負担に感じるかもしれません。手数料を引かれても魅力的な案件なのか、差し引き後の報酬を把握しておきましょう。

手数料の相場は20%

エンジニア向けのエージェントは、主に手数料を20%程度に設定しています。100万円の仕事を請け負うと、エージェントに20万円を支払う形です。

クライアント側は、100万円を支払っています。自分の手元に残るお金が少ないからといって、手抜きはできません。

20万円かかるなら同程度の案件を自分で探したほうが得と考えるか、その分時手間が省けると感じるかは利用者次第です。

しかし、個人には依頼していないような大企業のプロジェクトが、エージェントを通せば比較的簡単に見つかります。

報酬から差し引かれる

エージェントの仲介手数料は、報酬から差し引かれます。仲介手数料抜きの報酬額だけ見ていた場合、実際に支払われる額が少なく感じて驚くかもしれません。

エージェントを使って仕事を請け負うときは、手数料を払っても利益があるかがポイントです。手数料を引いた額が、作業時間や内容に見合わないようでは受ける価値がありません。

仲介会社選びのコツ

エージェントは、1社だけではありません。案件の内容や報酬額、手数料などそれぞれ違います。

エージェントが取り扱うジャンルや案件の多さ、サポート力の比較がおすすめです。お試し登録も活用しましょう。

得意な内容と案件量

まず、エージェントの取り扱う案件が、自分の得意なジャンルかをチェックしましょう。全般的に得意な案件が多ければ、仕事の選択肢が増えます。

一度サイトを見るだけでなく、しばらく様子を見るのもおすすめです。時期や状況によって、取り扱う案件が変わることがあります。

また、案件量も重要な要素です。取り扱う案件が少ないと、フリーランス同士で争わなければなりません。そもそもの案件が少なすぎると、選択肢も狭まり、納得いく仕事が見つからない可能性も高まります。

サポートの手厚さや対応の誠実さも材料に

エージェントに仲介手数料を支払うのであれば、その分サポートにも期待しましょう。

自分に合う仕事の提案や素早い対応など、サポートが手厚いエージェントを選ぶと仕事もスムーズに進みます。仕事の紹介だけでなく、他の部分での対応など、誠実さが伝わる会社を選びましょう。

サポートや対応は、一度利用してみなければわかりません。利用前の判断材料としては、公式サイトで公開されているサポート情報などをチェックしましょう。

無料登録してみるのがオススメ

内容確認やサポートを受けるには、基本的にエージェントサイトへの登録が必要です。登録してから求めていたものとのズレに気づくと、登録費用を払った意味がありません。

トラブルを防ぐためにも、無料登録ができるエージェントサイトを活用しましょう。中身や対応を見て、有料登録を検討できます。

もし対応が悪ければ、お金をかけずに登録を解除できるため安心です。

まとめ

フリーエンジニア向けのエージェントは、豊富な案件を取り揃えています。個人で仕事が探せない人や、高単価案件を探しているなら活用しましょう。

エージェントごとに得意な分野が異なるため、自分に合う会社探しが重要です。サポート力や手数料など、納得ができるエージェントが見つかれば仕事探しもスムーズに進みます。

小西 薫 [監修]

株式会社ニコプロダクション代表取締役。IT・経営コンサルタントとして、コンサルティング事業、WEBマー ケティング事業などを行う傍ら、起業家の支援をライフワークと しており、経済産業省の後援を受けて発足した起業家支援サイト 「ドリームゲート」のアドバイザーとして法人の立ち上げやアイデアブラッシュアップ、出版のサポートなども行っている。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ