フリーランスでの事務代行を副業に。在宅ワークを始めたい人必見

副業での仕事に注目が集まる昨今では、クラウドソーシングや専門仲介サービスなど、事務代行の掲載媒体が増えています。フリーランスの事務代行とはどのような仕事なのか、どうやって仕事を見つけるかなどの基本情報を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスの事務代行とはどんな仕事?

フリーランスの事務代行とは一体どのような仕事なのでしょうか。会社員としての事務の業務とはどういった違いがあり、そしてどんな会社がそれを求めているのでしょうか。基本的な部分から確認していきましょう。

入力業務や書類作成など多岐にわたる

フリーランスによる事務代行とは、本来は社内の事務担当の社員がこなす内容のものを、社員に変わってフリーランスとして受注する仕事のことです。経理・総務・人事・広報・営業事務など多くの分野に関係します。

具体的な仕事内容も、さまざまな情報やデータの入力業務や書類を作成したり、事務上のメールを打ったりなど多岐にわたります。クリエイティブな仕事とは違って、事務系のスキルがあれば社外の人間でもできる仕事です。だからこそ、フリーランスに委託する案件が豊富なことが特徴です。

どんな会社が事務代行を求めているか

フリーランスの事務代行を使えば、専属の会社員に施すような社員教育も必要ないので、小さい会社や経費を抑えたい状況の会社には重宝されます。

また、クリエイティブな仕事は得意でも事務は苦手としている会社や、時間も人手も足りない会社からも需要があります。事務代行を求める企業は、実は数多くあるのです。

人件費を抑えつつ手を借りたい

そもそも事務代行は、依頼する側としては必要最低限の業務だけを任せればよいので、余分なコストをかけずに済みます。専属の正社員を雇うよりも、フリーランスに委託する方が効率が良いため需要が高いのです。

専門性の高い仕事を依頼したい

また、社内の事務員のレベルではかなわない、専門性の高い事務を外部に依頼するケースもあります。高いスキルを売りにするフリーランスには、まさにうってつけの業務だと言えるでしょう。報酬も通常の案件より高額になることも多く、仕事のクオリティが高ければ、継続的に仕事が任されます。

事務代行をフリーランスで行うメリット

事務仕事を業務委託する会社は多いですが、業務を受ける側のメリットはどのようなものでしょうか?どんな人に向いているのか解説していきます。

場所や時間を自分で選べる

最近の事務業は在宅でできるものもたくさんあります。契約先の事務所まで足を運ばなくても仕事ができるものが増えてきました。ネットを使ってクラウド上で処理できる案件を請け負うなら、自宅であれ外出先であれネット環境さえあれば可能です。

自分の都合のよい時間や空いているタイミングでこなしていけるので無駄がなく、1日の時間を有効に振り分けることができます。小さい子供がいる主婦や、家族の介護をしている方などでも、自分の生活に合わせて仕事ができますね。

場所だけでなく、時間的にも融通が利くため非常に魅力的でしょう。

事務代行の仕事を受ける方法は?

フリーランスとして事務代行の仕事を受注するには、どういう方法があるのでしょうか?有効なやり方をいくつか紹介します。

フリーランス向けサービスを利用する

最近はフリーランス向けの求人紹介サイトやクラウドソーシングなど、クライアントとワーカーをマッチングさせるサービスが多種多様に存在しています。仕事を探す段階では無料で利用できるところが多く、費用は報酬が発生する時点での手数料割引になります。

単価にこだわらなければ、業務委託契約を結ぶクライアントはいくらでも見つけることができます。あまり自分を安売りする必要はありませんが、最初のうちは単価にこだわらず、どんどんこなして実績をあげるのも良いでしょう。

たくさんの仕事をこなすことは、自分の自信にもつながります。さらに、プロフィールには担当した案件が表示されるものも多いため、新たな案件に繋げるための自己アピールとなるメリットにもなるのです。

知人からの紹介や営業などで見つける

自分の人脈を使って、知人友人関係から需要を見つけるのもひとつの方法です。フリーランスとして独立し、仕事を始めたばかりなら、応援を兼ねて仕事を回してくれる場合もよくあります。

待つだけではなくスキルに自信があるなら、自分から営業をかけるのも良いでしょう。仮にそこで仕事がなくても、真摯に接していくならその先に新たな仕事が待っている可能性も充分あるのです。

事務代行専用サイトを利用する

専用のサイトでも事務代行の仕事を探すことができます。クラウドソーシングのような案件の縛りがないところでは、色々な案件を見ることができるのが魅力の一つですが、事務代行の専用サイトでは、案件に縛りがある分、選びやすいという魅力があります。

クラウドソーシングでは契約した分は自分一人でこなさなくてはいけませんが、代行専門サービスでは登録している他の事務の方と仕事を分け合うことができるところもあります。チームで働くことができる分、急な用事や体調不良に対して抱える不安を小さくすることができるでしょう。

仕事を受ける際の注意点

フリーランスの事務代行業務を受注する際に、気をつけなければならないことは何でしょう。大事なことなので、慎重に確認しておきましょう。

報酬は仕事内容や質に見合っているか

フリーランスとして業務を請け負う場合、支払われる報酬額が業務に見合っているかを見定めておきましょう。これはクラウドソーシングや求人サイトの情報などで、同様の仕事の報酬を見て比較すれば分かってきます。

案件は豊富にあるので、適正ではないと感じたら固執せずに他の案件をあたりましょう。実績を上げていくことは大切ですが、水準以下の報酬のものを選ぶ必要もありません。

単価が上がっていくと、自然と高単価の業務の引き合いが出てきます。スカウトされる側になれば条件交渉もできます。フリーランスではある一定の水準以上のスキルがある人には、それに見合う報酬が支払われるものなのです。

口約束だけでなく業務委託契約を締結する

知人であってもビジネス上では口約束の契約はNGです。報酬の未払いは現実に起こり得ますから、そうならないように忘れずに業務委託契約を交わしましょう。

しっかりした会社なら必ず仕事を開始する前に、契約を締結する話になります。それを流そうとするような会社なら要注意です。たとえその時は支払いがあっても、いつ手のひらを返されるか分かりませんので気をつけないといけません。

クラウドソーシングを利用した場合、クラウド上での契約締結がしっかりなされます。クラウド上であれ、法的にれっきとした契約締結ですので、お互いに信頼して取り引きができます。

まとめ

主婦ワーカーや在宅ワーカー中心に増えている事務代行フリーランスの案件はデータ入力や書類作成をはじめ、内容は様々です。時間や場所の移動に制限がある人も、ネット環境さえあれば取り組めます。

事務系のスキルに自信があれば、子供がいる主婦にも向いている仕事です。空いている時間を有効に使え、収入を得ることができます。フリーランスの事務代行を考えている人は、この基本情報を押さえて納得のいく業務委託契約を結ぶことができるよう取り組みましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ