SEが副業するなら。おすすめのジャンルや初心者に向くものは?

昨今は、SEの副業を認める企業も増えてきました。副業を認める背景には国の政策などがあります。本記事では、副業を推進する企業が増加した背景を紹介しつつ、SEとして働く会社員が副業をするメリット、そしておすすめのジャンルなどを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業を推進する会社が増加

現在は副業OKにする企業も、少しずつ増えてきました。企業が副業を認める理由はさまざまです。

『本業に活かしてほしい』『給料が少ない分、副業で稼いでほしい』など、企業によって副業を認める理由は異なります。全社員に副業を認めているケースもあれば、一部社員のみに副業を認めているケースもあります。

社員の副業に否定的な考えを持つ企業も存在しますが、今後も副業を推進する企業が増える可能性は高いです。

働き方改革の影響

副業を認める企業が増えている背景には、政府が進めている『働き方改革』の影響があります。副業や兼業で働くことを推進する国の方針に沿って、本業以外の仕事を認める企業も現われました。

『DeNA(ディー・エヌ・エー)』や『ロート製薬』など、大手企業でも副業を認めている事例はあります。

フリーランスになる前に副業をするのもあり

フリーランスへの転身を考えている会社員の人は、まず副業をしつつ様子を見ながらフリーランスになるか決めるのも一つの手です。副業をするとフリーランスになった時の自分をイメージしやすくなったり、自身の社会的価値を上げたりできます。

副業を試さずにフリーランスになって稼げなくなると生活を送るのも難しくなります。そのため会社員の収入を得ながら副業を試してみて、フリーランスになるべきか決めた方が良いといえるでしょう。

SEが副業をするメリット

会社員であるSEが副業をするメリットを2つ紹介します。

収入増を見込める

残念ながら、会社員の給料がこの先大幅に上がる可能性は低いと思われます。しかし、副業を行えば働いた分だけ収入が増えるため、副業で本業以上の収入額を稼ぐことも可能です。

ただし、副業で発生した収入額によっては確定申告が必要になるケースもあるので注意が必要です。確定申告についての相談をする場合は、最寄りの税務署に問い合わせましょう。

スキルアップにもつながる

副業をして、スキルアップできるケースもあります。新しいシステムを学んだり、本業とは違うパターンの業務を行ったりして、新たな知識を身に着けることも可能です。

そうして得た知見や経験を本業にフィードバックすることを目的に副業をしている人もいます。

SEにおすすめの副業

ここでは、SEの知識や経験を活かせる副業を紹介しますのでご参考ください。

アプリ開発

スマートフォンやタブレットの中などに入っている、アプリの開発です。副業先のオフィスに出勤するケースもありますが、パソコンとインターネット環境があればアプリを開発できるため、在宅での副業も可能です。

現在はアプリ開発を独学で学ぶ人も増えているため、自身で開発したアプリをヒットさせることはなかなか難しいのが現状です。

しかし、SEの知識が豊富な人の中には、自身で1からアプリを作ることができる人もいます。SEの経験が少ない人であれば、アプリ開発の一部分に携わる業務を行うのもアリです。

なお、アプリを自由に開発したい場合は開発時のルールが細かく決まっている受託のアプリ開発ではなく、自作でアプリを開発するパターンの副業を選ぶと良いでしょう。

Webサイトの設計や運営

Webサイトの設計や運営の副業では、高度な知識が求められる業務もあります。しかし、その一方でSEの基本知識さえあれば行える副業があるのも事実です。

『Webサイト上にアフィリエイト広告を貼る作業』や『記事の更新作業』など、SEに関する知識が少ない人でも行える業務は存在します。

仮に、高度な知識を要求される副業だとしても、地道に勉強をすればできる業務もあります。なおWebサイトの設計や運営業務は1人で行うパターンだけではなく、チーム内で分担して作業を行う場合もあります。

初心者でもできるライター業も

SEに関すること以外の副業をしてみたい人は、初心者でも可能なライター業はいかがでしょうか?未経験者向けの案件もあるため、これから執筆スキルを磨きたい人にもおすすめです。

SE関連の記事を売りにするメディアでの執筆であれば、SEの体験や知識を活かした記事を書けるチャンスもあります。

仕事の受注者と発注者をマッチングサイト(クラウドソーシング)を活用すると、仕事を見つけやすくなるでしょう。

なお、業務内容はクライアントによって異なります。執筆のみのケースもあれば、構成作り・執筆・編集作業の全てを1人で行わなければならない場合もあるため、作業工程を確認してから案件を選びましょう。

まとめ

国内で副業への関心が高まった今、ここで紹介した中からチャレンジしやすい仕事を見つけて取り組んでみるのも一つの手です。独学で楽しく学びながら、副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ