副業でPhotoshopを使うなら。働き方や仕事内容を紹介

Photoshop はイラストレーターやデザイナーだけでなく、さまざまな方に活用されているデザイナーツールです。副業でPhotoshopを使った場合、どのような働き方ができるのか、どんな仕事をこなすことができるのかについて解説します。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

副業でPhotoshopを使う案件はあるのか

そもそも、Photoshop で副業をやることは可能なのでしょうか。実際に、需要がどのように変化しているのか、また必要とされるスキルについて解説します。

ネットの普及によって需要は増加

ネットビジネスの拡大に伴い、Web コンテンツは増加しております。そのような背景において必要になるのがイラストレーターやデザイナーのスキルです。

より多くの意図にコンテンツを見ていただくためには、一目で分かる、インパクトのある絵や写真が重要になります。これらを実現可能にするのがPhotoshopやillstratorといったデザイナーツールやデザイナーやクリエイターのスキルです。今後もこれらの需要はネットビジネスの拡大に伴い増加するでしょう。

求められるスキルは7つ

Photoshopの案件を申し込む際、必須条件で実務レベルのPhotoshopに関するスキルを持っていることを多くの案件で求められます。

レイヤー、トリミング、レベル補正、コントラスト、スポット修復、コピースタンプ、テキストツールは実務レベルのスキルとして必要です。

案件の中で最も使われることの多いスキルが上記のレイヤー、トリミング、レベル補正、コントラストです。その他のスキルに関しては、上記ほど、使用頻度は高くありませんが、副業をするのであれば、抑えておきたいスキルです。

Photoshop の副業の内容

副業向けのPhotoshopの案件はプログラミングの知識を持っているかで仕事内容に大きな差があります。ここでは両者の違いに加えて、働き方について知りましょう。

Photoshop のスキルが必須の案件

Photoshopに関する多くの案件は、Webサイトに関連したものがほとんどであるため、HTMLに関するスキルが求められます。ただ、クライアントの指示のもと忠実にコーディングを案件も多く存在するためプログラミングに関して初心者の方でも応募可能です。

Photoshop とプログラミング言語が必須の案件

Photoshop 関連でも案件数が多く、プログラミング言語に関するスキルを求められるのがWordPress でのWebデザインの作成です。

このタイプの案件ではHTMLCSSJavaScriptに関する知識があり、WordPress をカスタマイズできる程度のPHPのスキルを持っていることが求められます。

サイト全体のデザインの作成をしばしば求められるため、Photoshopのスキルのみが必須条件となっている案件と比べて作業をこなす期間が長くなってしまいます。

在宅の案件も数多く存在する

副業向けのPhotoshopの案件では在宅ワークなどの多様な働き方が多いです。報酬も案件ごとの単価となっているため、決められた時間に働く必要はありません。副業のやりやすい仕事だと言えます。

ただ、サイト全体のリニューアルに伴う、デザインの作成などでプログラミング言語が求められる場合チームで仕事をこなす場合があるでしょう。こういった、チームでの仕事は常駐になってしまいます。どのように働けるかについては案件ごとに異なりますので十分注意しましょう。

Photoshopを使った稼ぎ方

実際に案件を獲得するにはいくつかの方法があります。具体的に2つの案件を獲得する手段を紹介します。

クラウドソーシングでの案件獲得

1つ目がクラウドソーシングでの案件獲得です。クラウドソーシングに掲載されている求人は多く、副業を未経験の方であっても案件を見つけることが容易です。

案件ごとの相場を知ることもできます。収入ではなくまずは、経験し仕事に慣れたい方にはおすすめです。

タスクやプロジェクトなどの仕事のこなし方

クラウドソーシングを含め、案件はタスク型とプロジェクト型で大きく分かれています。タスク型は任せられている業務が1つに定まっている案件、プロジェクト型は長期間、いくつかの業務をこなすことが求められる案件です。

どのようなタイプを選ぶかは本業や私生活を踏まえて考えるべきでしょう。本業で大きなプロジェクトを任されているときにプロジェクト型の案件をこなせば本業に支障が出てきてしまいます。

副業で、タスク型の業務をこなすのみだと、高収入を期待できない恐れもあります。

ポートフォリオサイト経由での案件獲得

2つ目がポートフォリオサイト経由での案件獲得です。案件を獲得する上で自分から情報を発信することはきわめて重要です。自分でサイトを作成し、今までの実績などを掲載すれば、あなたのデザイナーとしてのスキルだけでなく、実績を知ってももらうことが可能です。

収入アップを目指す上で習得すべきスキル

副業をこなす中で収入のアップを実現するにはどのようなスキルが必要でしょうか。より広い分野の案件を獲得するための方法、多くの案件を獲得するための方法を解説します。

HTMLやCSS、JavaScript の習得

HTMLCSSJavaScriptPHPなどのフロントエンドの言語を使えるかどうかで収入が大幅に変化します。より高収入を目指すのであれば、これらのプログラミング言語を習得すべきでしょう。

JavaScriptPHPに関しては特に学習コストが高くスキルを身に着けるまで時間がかかるでしょう。ですが、JavaScriptによる動的処理やPHPによるWordPressのカスタマイズはデザイナーとしての表現の幅を広げます。Photoshopを通じたデザイナーとしての仕事だけでなく、プログラマ―としての可能性も広がるので是非挑戦してみてください。

相手のニーズを理解するコミュニケーション

デザインの企画、ワイヤーフレームワークの作成などサイトを作成する上で重要な役割を果たす2つの業務で最も重要になるのが相手のニーズを理解しているかどうかです。

デザイン作成の際ターゲットとして想定している人がクライアントとあなたの中で一致しているか、それを実現するためのデザインを描けているかはニーズを理解しながらコミュニケーションを取れてるかに影響します。そして、ニーズを理解したのであればあなた自身のデザインの意図を明確に伝えた上で進めることを心掛けましょう。

まとめ

副業でPhotoshopを使う場合、どのような働き方ができるのか、仕事を行えるのかについて解説しました。Photoshop の案件は本業でデザイナーをやっていない方でも行うことができます。あなたらしい働き方を実現するために副業でPhotoshopの案件に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ