フリーランスPHPエンジニアになる方法。将来性や注意点を解説

エンジニアはさまざまな職種が存在しています。Webやクラウドなど、種別ごとに役割があるからです。副業や独立を考えているのであればPHPエンジニアも選択肢です。この記事では、PHPエンジニアの働き方や将来性について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フリーランスPHPエンジニアは成り立つのか

近年フリーランスをはじめとして、個人として働く人材や副業エンジニアは増加しています。背景には働き方の変化やウェブサービスの多様化、新型コロナウィルス流行に伴う社会構造の変化などがあり、PHPのエンジニアも少なからず影響を受けています。まずはPHPエンジニアがフリーランスとして仕事があるか、稼げるのか確認していきましょう。

自分次第で企業勤めよりも稼げる

フリーランスのメリットは、実力次第で収入アップが期待できることです。企業勤めと比べると、税金や保険料など自己処理しなければなりません。しかし、年収は努力次第で向上すると言えます。

これは企業の業績次第で、年収に変化がないことも考えられるためです。稼ぐことを目的にしている場合は、フリーランスのPHPエンジニアになることで、目標に近づくことができるでしょう。

ただし、一定度の収入や身分が約束されている会社員と比べると、フリーランスは個人で全て解決しなければならない分、自己責任のウェイトが多くなる覚悟は必要になります。

案件数は安定している

PHPエンジニアを必要としている案件は豊富にあります。これはWordPressやWebサイトなど、PHPを利用している環境が多いためです。

PHPは単純な構文であることに加え、1995年の登場以来、20年以上にわたって一線で利用されてきた言語のため、安定した動作を実現することができます。これらのことから、単純なWebサイトだけではなく大企業などのプロジェクトに利用されることが多いのが特徴です。

フリーランス案件を紹介する複数の求人サイトによると、常時1000を超える案件が提示されています。プログラミング言語には流行があるのでPHP案件が今後も延々と増えていくとは限りませんが、案件が即ゼロになる懸念も低いと言えるでしょう。

フリーランスPHPエンジニアの働き方

フリーランスPHPエンジニアとしての仕事内容や働き方、案件などについて理解することは、今後の副業や独立を確立するための要素になります。

まずは主に取り組むことになる仕事内容について理解していきましょう。

主な仕事内容

フリーランスPHPエンジニアに要求される仕事は、以下の3種類に区分できます。

  • Webサービス開発
  • WordPressなどによるWebサイトの制作
  • 業務システム開発

PHPは古くから利用されている技術のため、Webサービス開発や既存システムの修正、改修などが主な内容となります。またCMSであるWordPressは、ブログやオウンドメディアなど幅広く利用されているため、需要が高いのが実情です。

他にも企業では、業務システム開発をJavaで行っていましたが、新しいフレームワークの登場などによりPHPでの開発案件も増加しています。

時間や場所に縛られない働き方も可能

近年、働き方も多様になってきています。特にテレワークが可能かどうか、常駐が必要な就業形態かどうかは、ポイントの一つです。

プログラミング言語によって差はありますが、PHPは豊富な案件数と企業のタイプなどから、より自由な働き方ができるでしょう。セキュリティに関してセンシティブな環境においては、テレワークが難しい場合があります。

しかし、WordPressの環境構築や簡易な修正などは、現地に赴かなくても可能な案件に近いことから、時間や場所に縛られない働き方が可能と言えるでしょう。PHPはベンチャー企業などでの利用率も高いため、自由な風土の企業によって働き方の自由度も後押しされています。

PHP案件の探し方

フリーランスにとって大切なことは、案件の探し方です。これはPHPエンジニアでもJavaエンジニアでも通ずるところでしょう。案件を探す方法は大きく3種類に分かれます。

  • クラウドソーシングの利用
  • フリーランスエージェントを利用
  • Web上の募集に応募する

自己の力量が分かっている場合は、クラウドソーシングを利用して好みの案件に応募することができます。条件なども設定できるため、お試しの副業という感覚で利用が可能です。

フリーランスエージェントは、長期間の案件などをエージェントが紹介するサービスとなっています。待遇条件が良かったり、高額案件もあったりするため登録しておいて損はありません。

そして、Web上の案件に応募ですが、自己紹介やポートフォリオなどには、客観的に実力が測れる内容や経歴、実績を詳細に記しておきましょう。スカウトが届くこともあるため、SNSの利用もおすすめです。

【平均時給4000円】Offersなら副収入で月収20万円アップ

業績や昇進による給与アップは時間がかかり、安定しないことが多いです。今までの経験やスキルを他社で活用しつつ、効率的に収入を増やす事ができる方法があります。それは、転職せずに収入を増やしたいと考えている人にピッタリの副業マッチングサービス「Offers」の活用です。

エンジニア・デザイナーのためのマッチングサービスであるため、エンジニア・デザイナー副業案件を探している方にちょうどよい案件が見つかります。Offersマッチング案件の半数は時給4000円以上と高単価で、良質な案件が揃っています。

登録すると、①経歴やスキルを見た企業からオファーが届く、②自分で案件を探して応募する、の2種類の方法で案件と出会うことができます。

まずはカンタン3ステップでOffersに登録

OffersJobsで案件を見る

フリーランスPHPエンジニアになる方法

「フリーランスになる」という決意をしていても、フリーランスとして活動するだけの力量があるかどうか不安は残るでしょう。

会社勤めの傍らで副業として行う分には安定した収入があるため不安はそれほどではないでしょうが、フリーランスともなれば、実力を客観的に把握しておくことが重要になってきます。

必要とされるPHPの知識

フリーランスPHPエンジニアに求められている知識は、まずは言語の構文が理解できることです。最低限の理解ではなく、ある程度の実務経験があることが望ましいでしょう。

Webに関連する業務が多いPHPでは、セキュリティを理解した上での記述ができるかどうかは大きなポイントです。そのため、単純にPHPで開発ができるだけではなく、セキュアなプログラムが書けることも必要になってきます。

その他にも、プログラミングのスタンダードである『オブジェクト指向』を理解しているかどうか、PHPのフレームワークに対しての利用経験があるかどうか、などの要素も押さえておく必要があるでしょう。

実践を積み重ねておこう

フリーランスエンジニアは、技術者の競争の世界です。同じ案件を選択しても実践経験の有無で選考から外されることやレベルの低い案件しかアサインされないことがあります。

そのため、フリーランスPHPエンジニアとして活躍していきたいと考えているならば、実践を積み上げていくのが近道となります。例えば、Webサービスを作る場合にPHPの多彩なフレームワークを理解することや、未経験を許容する案件に積極的に飛び込むことです。

またPHPだけではなく、関連する言語とのつながりを理解しておくことも必要でしょう。HTMLJavaScriptなど、PHPに触れる案件には付きものです。広い知識を持っている人材になることが仕事につながると言えます。

フリーランスPHPエンジニアとして周囲と差を付けるには

フリーランスエンジニアとして活躍していく上では周囲と差を付けていくことも大切になってきます。必要な人材として代わりが効かないことは大きなアドバンテージになり、依頼者との信頼関係強化ともなります。では、どのように差を作っていくのが良いのでしょうか。

資格は自信やアピール材料になる

エンジニアの採用では、実務や結果など成果によって判断されます。しかし同じレベルのエンジニアが存在した時に、資格の有無は大きなアピールポイントになります。

また、資格は客観的な能力の証明であると同時に、言語への理解があると自信が持てるというメリットも併せ持ちます。

PHPに関連する資格としては『PHP技術者認定試験』があります。PHP技術者認定機構が主催するこの試験は独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)が定めているスキル指標『ITスキル標準』にも記載がある資格です。

レベルも段階的に分かれていることから、実力を客観的に示すという意味でもチャレンジしておくのが良いでしょう。

PHP技術者認定試験

他の言語も経験する

専門性が高く、多くの知識を持っていることは非常に良いことです。しかし、エンジニア業界の技術は常に進化しており、PHPが将来も継続して案件があるとは限りません。

JavaScriptだけで作る技術が拡大していることや、人工知能に関わる高度なことが要求されるPythonが人気となるなど、テクノロジーは刻々と変化しており、エンジニアは常に学習をしていかねばなりません。

10年後もPHPの案件が続くとは限らないため、C系言語や流行の言語も経験しておきましょう。幅広い知見はそのままエンジニアとしての守備範囲の広さにつながります。PHPを極めるのも一つの手段ですが、将来性も考えて行動することがおすすめです。

Webデザインを学んでおくとなお良い

近年、Webデザイナーがプログラミングもできることが増えてきています。これはデザインだけではなく、そのままコーディングまで可能な人材になることで、市場価値が高まるからです。

つまりフリーランスPHPエンジニアとして活動する場合は、エンジニア同士の競争だけではなく、Webデザイナーとも競争があると言えるでしょう。

市場価値の向上や広く業務を受けるためにも、Webデザインを学習することも視野に入れておくことが大切です。

まとめ

これからフリーランスエンジニアを目指す上で、どのような知識が必要なのか悩む人も多いのではないでしょうか。まずは副業として、クラウドソーシングを利用して感覚をつかむことから始めることで自信を付けましょう。

フリーランスになることは、企業という後ろ盾がない状態のため、しっかりと考える必要があります。業界で求められていることを理解して、フリーランスPHPエンジニアの道を進んでいきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ