プロジェクトマネージャー(PM)の転職について。仕事は厳しく難易度は高い

プロジェクトマネージャー(PM)はプロジェクト全体の進捗管理を業務とし、どの業界でも必要とされる仕事です。とはいえ、名前を聞いたことはあるものの、具体的な役割を知らない人も多いのではないでしょうか?PMの役割と転職のポイントを解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事とは?

プロジェクトマネージャー(PM)はさまざまな業界で活躍していますが、特にIT業界ではよく耳にする職種です。まずは具体的な仕事内容からから確認していきましょう。

\ プロジェクトマネージャー / エンジニアのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで転職先を探しませんか?

プロジェクトマネージャーの案件一覧

企業のさまざまなプロジェクト進行を統括する

プロジェクトマネージャーは、企業の推進するプロジェクトの進捗や予算などを管理し、プロジェクト全体に責任を持つ重要な仕事です。スタッフを統括する立場であり、指定された期日までに一定の商品や成果物を完成させるように、必要な人材をアサインしたり、コスト配分を考えたりする役割を持っています。

プロジェクトの発足時に必要な物や人材、予算を確保し、発足後は進行管理と問題が起こった際の対応を担います。プロジェクトマネージャーの采配によって、プロジェクトの成否が決まってしまうため、最も責任の大きい立場といえるでしょう。

需要は高く慢性的な人材不足

企業の推進するプロジェクトは、その企業の将来を左右する重要な取り組みです。そのため、優秀なプロジェクトマネージャーの需要は高く、難易度の高い仕事のためIT業界を中心に慢性的な人手不足になっています。特に、ソフトウェア開発の業界では、プロジェクトの推進にさまざまな要因が絡んで来るため、他の業界に比べて当初の予定通りにプロジェクトを完遂することが難しい傾向があります。全体の開発状況を確認しながら、スタッフの業務分掌を把握し、適切な調整ができるプロジェクトマネージャーの必要性が増しているのです。

プロジェクトマネージャーの具体的な仕事内容

次に、プロジェクトマネージャーの仕事内容を、もう少し具体的に解説していきます。

プロジェクトの企画・計画立案

プロジェクトマネージャーの仕事は、担当するプロジェクトの企画や計画の立案から始まります。企業のマネジメント層やクライアントから提示された目的を達成するために、プロジェクトの企画を立案し、必要な人材や物、費用を試算して具体的な開発スケジュールを組まなければいけません。その計画に基づいて実際にプロジェクトチームを発足し、本格稼働に向けて準備を進めていきます。

仕事の進捗管理やトラブル対応

プロジェクトがスタートしたら、参加スタッフの仕事の進捗管理や、トラブルが起こった際の対応を担います。ただし、実際に問題が起こってから対応したのでは、全体の進捗に遅れが出る可能性が高いため、トラブルの予兆を感じたら迅速に対策を取らなければいけません。それでも現場では解決できない問題が発生した場合は、現場のスタッフに代わって企業の上層部やクライアントと交渉を行います。

逆に、クライアント側から新たな要望や計画の変更があった場合には、素早く現場チームに連絡し、できるだけ計画に支障が出ないように調整を施します。クライアントと現場との折衷を図るのもプロジェクトマネージャーの役割です。

課題の報告や共有

プロジェクトが完遂したらフィードバックを行い、進行中に起こった問題点や課題を整理して、改善点をまとめてチームで共有します。

プロジェクト全体の評価と、そこで浮き彫りになった課題を報告書として提出するのも、プロジェクトマネージャーの重要な仕事です。プロジェクトの発足から総括まで、一貫して中心的な役割を担うわけです。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

次に、プロジェクトマネージャーに求められるスキルを挙げてみます。プロジェクトマネージャーは企業のプロジェクトの成否に関わる難易度の高い仕事であるため、さまざまなスキルが必要とされます。特に以下のスキルは、プロジェクトを統括する立場として必須です。

マネジメントスキル

全体の予算配分や開発環境、人員のスケジュールなど、さまざまな面を勘案してバランスを取りながらプロジェクトを進めるマネジメントスキルは欠かせません。

全体を俯瞰する能力に秀でており、状況に合わせて臨機応変に対応する能力も必要です。さらにチーム全体をまとめ上げるリーダシップや、情報を円滑に共有するためのプレゼンテーションスキルなども求められます。

社内外のコミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーは現場チームとクライアントの間に入り、双方の意見や要望などを調整する必要があります。プロジェクトの進行上、どちらかの要望が受け入れられないことも多いため、相手の立場に配慮しつつも、統括者としての判断を優先しなければならない場

少なくありません。利害関係者の気分を害さずに、バランスの良い運営をするためには、高いコミュニケーションスキルと交渉力を有している必要があります。

問題解決のスキル

プロジェクトの進行中に発生した問題は、プロジェクトマネージャーが率先して解決しなければいけません。できるだけ早く問題の原因を特定し、迅速に解決策を提示する必要があるため、論理的な思考力や調整力が求められ、解決策を素早く実行に移す行動力も必要です。

また、的外れな解決策では状況を悪化させてしまう可能性があるため、深い洞察力と分析力、そしてトラブルを未然に防ぐための洞察力や観察力も磨かなければいけません。

プロジェクトマネージャーになるためのキャリアパス

このように、プロジェクトマネージャーは、さまざまなスキルや能力が要求される難度の高い仕事です。ビジネスパーソンとして経験豊富で、その業界に精通していなければ勤まらない役割ですが、転職でプロジェクトマネージャーを目指す場合、具体的にどうすれば良いのでしょうか? ここでは、IT業界においてプロジェクトマネージャーとして活躍するためのキャリアを考えてみましょう。

プログラマーやSEからのステップアップ

まず考えられるのは、プログラマーやSE(システムエンジニア)として経験を積み、そこからエンジニアをまとめるプロジェクトリーダーなどを経験することです。そこで培った経験とスキルを活かして、プロジェクトマネージャーに就任する方法があります。

特にIT分野はプロジェクトの専門性が多いため、現場の開発者の事情に精通していなければ、プロジェクトをまとめ上げるのは非常に困難です。プログラマーと開発の進捗に関して話し合い、クライアントとコミュニケーションを取りながら確実に開発を進める必要があるため、開発現場で一定の経験を積んで、必要な知識を身に付けなければいけません。

実際、新卒採用からプロジェクトマネージャーを目指す場合でも、まずは入社後にSEとして経験を積み、そこから開発現場のリーダーを経験してから、プロジェクト全体を監督する立場になるケースが多いです。

ITスペシャリストからPMへ

ITスペシャリストやシステムの設計を担当するアーキテクトなどから、プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスも考えられます。あるいは、現場のSEからプロジェクトマネージャーまで昇進し、マネジメントスキルを高めてから、開発プロジェクトの土台を作るスペシャリストとして現場に戻る人も少なくありません。プロジェクトマネージャーからITコンサルタントに転職する人もいます。

異業種からPMに転職するのは難しい

全くの異業種から、いきなりIT業界のプロジェクトマネージャーに転職するのはほとんど不可能です。プログラマーやSEとしての経験と知識があって、別の業種からIT業界に出戻りする場合ならば可能性はありますが、開発現場の未経験者がプロジェクトマネージャーになることはできません。

実際のシステム開発の手順や時間などが分からなければ、プロジェクトのタスク管理表を作成できないため、マネージャーとしての職務を果たせないからです。未経験者がプロジェクトマネージャーを目指す場合は、まずはプログラマーやSEとして転職し、現場で開発経験を積む必要があります。

プロジェクトマネージャーが抱えるストレスや悩みはどんなもの?

これまで説明してきたように、プロジェクトマネージャーの業務は難度が高く責任も大きい仕事です。そのため、さまざまな悩みやストレスを抱えがちで、ストレス耐性がないとキツい仕事だと感じてしまうでしょう。プロジェクトマネージャーが抱える悩みには、どういうものがあるでしょうか?

仕事の重圧や責任の大きさ

多くのプロジェクトマネージャーは、仕事の重圧や責任の大きさをストレスに感じることが多いです。クライアントから無理な要望をされる場合もあれば、開発現場からクレームを言われることもあります。

プロジェクトメンバー同士の人間関係に悩む場面も少なくありません。また、自分の判断がプロジェクトの成否に大きく影響するため、精神的な重圧を感じながら仕事をしている人は多くいます。

トラブル発生時の対応が大変

トラブル発生時の対応の難しさをストレスに感じるプロジェクトマネージャーも多いです。特に、プロジェクトの規模が大きくなると利害関係者も増えるため、さまざまな問題やトラブルが発生します。それを率先して解決しなければならないため、責任者としてクライアントから叱られたり、上司からプレッシャーを掛けられたりして、精神的に疲弊してしまう人も珍しくありません。

プロジェクトの運営に欠かせない存在でやりがいもある仕事ですが、ストレスやプレッシャーを感じやすい職種であることは間違いないでしょう。

プロジェクトマネージャーの転職に有利な資格

プロジェクトマネージャーは厳しい仕事ではありますが、報酬が高く、達成感を味わえる職種です。未経験から転職するのは難しいですが、資格を取得して現場で経験を積むことで、将来的にプロジェクトマネージャーとして活躍できる可能性があります。そこで、転職の際に有利になる資格も押さえておきましょう。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は情報処理推進機構(IPA)が運営している試験で、その名の通り、プロジェクトマネージャーとしてシステム開発などの進捗を管理する人向けの資格です。

システム開発やチーム運営に必要な知識が求められ、IPAが実施している試験の中でも最高難易度に区分されています。開発現場の経験に加えて、この資格を取得しておけば、好待遇でプロジェクトマネージャーに就任できる可能性が高まるでしょう。実際、資格取得後に年収が変化した人は少なくありません。

プロジェクトマネージャ試験

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験もIPAが実施している国家試験で、こちらもプロジェクトマネージャ試験と並んで最高難易度に区分されています。ITストラテジストは企業の経営戦略に基づいた施策を提案し、開発現場の上流から戦略の実行を主導する役割です。

技術開発の専門家向けの資格で、プロジェクトマネージャーが取得すれば、ITの視点から企業の戦略をアドバイスできるコンサルタントとして、転職も視野に入るでしょう。

ITストラテジスト試験

PMP資格試験

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)資格試験は、プロジェクトマネジメントに必要なスケジュール管理や品質管理、コスト管理などに関する知識・スキルを有していることを証明する資格です。

プロジェクトマネージャーとしての経験がなければ受験資格を得られず、資格取得後も3年おきに更新が必要な難易度の高い資格ですが、プロジェクトマネージャーとしての能力を証明できる評価の高い資格です。今現在、プロジェクト管理を担っている人は、キャリアアップのために取得を目指しても良いでしょう。

PMP資格試験

まとめ

プロジェクトマネージャーの仕事内容やキャリアプラン、責任者として抱えがちなストレスや悩みなどを解説してきました。

プロジェクトマネージャーは責任が大きく大変な仕事ではありますが、収入の安定したやりがいのある仕事です。人気の職業ではありますが、未経験から転職するのは難しいため、まずはプログラマーやSEとして開発経験を積んでキャリアアップを目指すと良いでしょう。スキルを証明できる資格もあるので、現場を経験しながら資格取得を目指すのもおすすめです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ